2006年08月31日

単語チェック

○Islamic women's groups test Syrian secularism
secularism、英和だといまいちよくわかりません。the belief that religion should not be involved in the organization of society, education, etc. 宗教は日常生活の隅々まで規定すべきではない、といった考え方でしょうか?

○Bush stresses progress, and seeks redemption, in Gulf Coast visit
redemptionは the act of saving or state of being saved from the power of evil 「save」のイメージですね。redeemの名詞。

○with the aim of promoting fraternity and frugality in equal measure.
fraternity も frugalityもわかんないと、もう降参。fraternityは同胞、倶楽部、同業者仲間など。frugalは質素、倹約。私はa frugal manかな?で、文章の意味としては、質素な寄り合いを目的に、てな感じでいいのかしら?

○Chen received a mockery of a trial; his lawyers were arrested not long before it began.
mockeryは「馬鹿にした言葉、行為」。これ、こないだ調べたような気が。

○The only person without one of those Pacific Northwest Indian tribal graphics scrawed across his shoulder will be a lone 13-year-old skater scoffing at all the bourgeois tatoo fogies.
scoff atは「〜を明らかに馬鹿にしたように話す」 bourgeoisはブルジョアなんですね〜 発音はブァジョアという感じ。アクセントは前でも後ろでもいいみたい。fogey(fogy)はいわゆる「古い考えの人」a person with old-fashioned ideas that he or she is unwilling to change 関係ありませんが、fogey論については、科学哲学の方法論的反証主義などと照らし合わせるとまた面白い思考ができそうな気がします。

○In a forthcoming essay,
forthcomingは「そのうち出る」、comingから想像しないとだめかな。

○or a fraternity, brigade or company logo.
brigadeは正式には軍隊の大きな部隊。ここから、仲間といったイメージも。fraternityはさっきも出ましたね。

○What you get is a culture of trompe l'oeil degeneracy. People adopt socially acceptable transgressions- like tattoos- to show they are edgy,....
trompe l'oeilはフランス語ですね。「だまし絵、精巧な描写で実物と見間違うような効果を出すもの」の意。発音はトロンプ ロイ。degeneracyは「道徳的に堕ちてしまうこと」。文意は、「悪い意味でのまねっこ文化」みたいな? transgressionは犯罪、(道徳・宗教上の)罪。socially acceptable transgressionって、いわゆる「チョイワル」では? ちなみに、個人的には「チョイワル」って、海外では通用しないような気がします。一瞬で底の浅さが割れてしまうというか。それをもてはやす方もまた底の浅さが割れてしまうことに。ただ、商売の観点からすると面白さはありますが。

○A cadre of fashion-forward types thought they were doing....
cadreはカドレイかカドリ、中核というイメージ。a cadre of fashion-forward typesの集合をイノベータ・アーリーアダプタとすると、cadreはイノベータを指す、みたいな。

○Women arrested under the ordinances can be held without bail, often languishing for lengthy periods without being tried.
ordinancesは広義で「政府のルール」、実際はケースバイケースですね。languishは「放置プレイされる」なんていうとあれですか、to be forced to stay somewhere or suffer sth unpleasant for a long time。 She continues to languish in a foreign prison.みたいな。左遷された状態にも使えるかな。広い意味では「悪くなる」にも。Share prices languished at 102p.

○Too many traditional societies see efforts to promote human rights as meddlesome at best or a form of cultural imperialism at worst.
meddlesomeは「余計なお世話」。中国の人権侵害避難への態度を思い浮かべるといいかな。

○Honor killings, genital mutilation, stoning and flogging- these barbaric practices are "traditions" the world can do without.
genital mutilationは拷問の一種、ここでは表記不能。floggingは鞭打ち。the world can do withoutって良いですね。

○The safer cigarette dilusion
delusionは「思い違い、間違った信念、誤った妄想」。この記事、低タールタバコは安全だよってのは思い違いだ!というものです。うーむ。

○All weapons kill and maim.
maimはメイム、「傷つける」

○Islael needs to augment its own supplies.
augmentはto increase the amount, value, size, etc of sth

○"Foiled plots" and Thai politics
foilは「(違法なことを)くいとめる、挫折させる」なので、未遂に終わった陰謀ってな感じでしょうか?別の意味で、アルミホイルもfoil。この場合は金箔の箔のことみたい。

○Thailand's harried leader,
harryは「悩ませる、苦しめる」

○Bush sent a friendly but noncommital, and possibly nonplussed, reply.
nonplussedは「苦し紛れの、往生して」といったイメージ。

○and the subsequent annulment in court
annulmentは法的な意味で、無効、取り消し。動詞はannul。発音はアナルメント。

○His critics say that Thaksin has so eviscerated democratic institutions and proccesses in his five years in power that they had no other means of opposing him or protecting the Constitution.
eviscerateは「骨抜きにする」

○Just because you have someone coming along and winning elections is not tantamount to having democratic rule.
tantamountは「同じくらい悪い影響がある」の意で、次の例文が良くわかる。If he resigned it would be tantamount to admitting that he was guilty.上記例文だと、否定文で使われているせいか、「だからといってそれを意味するわけじゃないよ」といったニュアンスみたい。

○already they bustle with commerce
bustleは「忙しい、活気がある」

○Students not admitted to charters, however, will have to attend a state-run school district rife with problems.
rife withで「(悪いことで)一杯の」

○a storm of a different kind is buffeting climate scientists
buffetはpush sb/sth roughly from side to side



最後に、記事から印象的な部分。フィールズ賞を辞退したGrigory Perelman氏の言葉やその解説。

"I do not think anything that I say can be of the slightest public interest, he was puoted as saying in a London newspaper, The Telegraph, instantly making himself more interesting. "I know that self-promotion happens a lot and if people want to do that, good luck to them, but I do not regard it as a positive thing."

Mathematics is supposed to be a Wikipedia-like undertaking, with thousands of self-effacing scriveners quietly laboring over a great self-correcting text. But in any endeavor- literature, art, science, theology,- a celebrity system develops and egos get in the way. Isaac Newton and Gottfried Wilhem von Leibniz, not quite content with the thrill of discovering calculus, fought over who found it first.

中略

"If anybody is interested in my way of solving the problem, it's all tehre- let them go and read about it," he is quoted as saying in The Telegraph. "I have published all my calculations. This is what I can offer the public."

He sounded a little like J.D.Salinger, hiding away in his New Hampshire hermitage, fending off a pesky reporter: "Read the book again. It's all there."

私の価値観では、美しいなあ、と。


posted by LHNMeaning at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

小説で寝不足に

Gundam Museumの余韻で、日曜の夜から間隙を縫いつつ「Zガンダム」原作全5巻読了。おかげで寝不足ですが、この手は読み始めると止まりませんね。存分に楽しめましたが、ガンダムの世界からはついつい銀河英雄伝説も思い出してしまいます。あれは一冊の分量が多い上に全10巻と、本当に凄いスペース・オペラだったなあと。死ぬまでにはもう一度くらい読みたいものですが、時間や諸事情が許してくれるかどうか。

posted by LHNMeaning at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

頭の中も向上させないと

2006年の玉撞き 64回(146時間)

週末は知人と長時間。

ストローク面では、方向性は間違いないので、引き続き練習あるのみです。

あとは、ストロークに集中していると、つい他の部分での鍛錬がおろそかになりますが、今後の上達を考えると組み立ての面でもまだ努力しないといけないことは自明。特にゲームをしているとわかります。したがって、ストロークの鍛錬は色々チェックしながら継続しながらも、組み立て等の面でも自分を追い込みながらトライアンドエラーの回数を増やして実力をつけていかないといけないな、と再確認。

ブレイクショットは、やはり一番に真っ正面に正確に当てて、手球をセンターに止めること。これが大前提ですね。パワーはオマケでしょう。

全体的にいろんな面での未熟な部分は解消されていませんが、考えて、練習するしかないわけですから、引き続き。
posted by LHNMeaning at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gundam Museum

松戸にあるバンダイミュージアム、というか要はその中の一角であるGundam Museum、存在は知ってましたが行ったことはなし。それが、今月一杯で田舎の方に移転するということみたいなので、行ってみました。内容的には、非常に小さな施設でもあり、すぐに見終わってしまいますが、なかなかマニアックなパンフも入手したし、一度行くこと自体が目的でもあったので、よいでしょう。

2006082701.jpg

さすがに皆さんご存じで、入館時は30分ほど並びました。
posted by LHNMeaning at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

単語チェック

案外こういうのも楽しかったりして。ただ、あまり回数が増えてくると、記事タイトルには悩みます。固定名称にしちゃうのが楽ちんかな?



○The Beijing police last week detained Gao Zhisheng, a lawyer and one of the most outspoken Chinese dissidents, on suspicion of criminal activity.
dissidentsは「統制が厳しい国での反乱分子」、中国は良い例。

○The police and judicial officials also appear to be moving assertively to resolve a slew of the most sensitive human rights cases.
a slew ofは案外単純で、「たくさんの」でした。

○I felt adamant that if I were to come back and reprise her that...
adamantは「確信している、決意している、頑なに」という雰囲気。結婚に反対する古い考えの両親、といったイメージか。

○who "died" in a previous film only to be resurrected as the Dark Phoenix in the new film.
resurrectは「忘れられていた考え等の復権」から、「死人が生き返る」にも。ここでは後者。発音はリズレクト。

○Progress is by no means impossible.
by no meansはよく忘れちゃう。neverと同じでいいでしょう。

○participating actively in atrocities.
atrocityは、特に戦争中の「惨劇」。

○when we went into the attic,
atticは「屋根裏部屋」

○Their ostentatious greed has widened the gap, and sharpened political antagonisms,
ostenatatiousは直訳はわかりませんが、greedと一緒なら「露骨な、品がない」といった感じか。antagonismはもっと固有名詞的かなと思いきや、シンプルに「対立、反目」。

○Such venality is a gift to austere Taliban recruiters.
venalityは「金絡みの不正」、austereは「厳格な、禁欲的な」ですが、文脈からして、少数の人が金を着服して、その他大勢の人が窮乏しているアフガンの状態は、タリバンが多数の貧困層を取り込むにあたって絶好の環境だ、ということでしょう。

posted by LHNMeaning at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

いよいよ三日目

三日坊主最終日です(笑)。

○World Heritage forest at risk from pesky critters
pesky crittersで「害虫」

○Tom Cruise and studio sever ties
severは「二つに切る」、これからここでは「さよなら」ですね。

○assailing Brooke Shields for taking prescription drugs to treat postpartum depression, and speaking out publicly against psychiatry and for his religion, the Church of Scientology.
assailは侮辱、postpartumは「出産後の」ですから、出産後の鬱のために薬を飲んだことに激怒した。psychiatryはtreatment of mental illness

○and mockery of Cruise had hurt the film.
mockeryは「笑止千万の言動」。

○France has also, in recent days, alienated many members of the Security Council by offering only 200 troops to a peacekeeping effort in Lebanon.
alienateは「敵に回す」

○Once a nuisance, Tottori draws tourists
nuisanceは「厄介者」でしょうか。

○Japanese fight to save storied dunes, grain by grain
「砂丘を緑化から守る」ですね。grainは種子。duneはsand duneでもOK。

○In Britain, trial brings concers of reprisal
reprisalは「報復」

○Britain now acknowledges, fueling a rancorous debate over the country's readiness to absorb outsiders as the European Union expands to the southeast.
rancour/rancorは「憎しみを込めて反発する」、これが形容詞に。

○But, as British unemployment nudges upward,
nudgeは「肘で押す」から、「ある方向へ押し進める」の意。

○The few leading indicators on prices out of China paint a much starker picture.
starkerは「荒涼とした、殺風景な」から、「厳しい!」という感じでしょうか。

○The people who are making it to the top are very resilient.
resilientは圧縮に対する弾力性とか、不運からの立ち直りですが、ここでは「打たれ強い」が適切でしょうか。タフ、でもいいかな。



後は、記事の中から印象に残った部分。

When Robert Rubin left Goldman Sachs 14 years ago and came here to join the Clinton administration, he brought a couple of big ideas with him. The first- that deficits were bad- has become the one associated with his name. But the second was probably more profound. It wasn't a particulary Democratic or Republican idea, which explains how it has survived until 2006 and how Ben Bernanke, the Federal Reserve chairman chosen by President George W. Bush, was able to replace Rubin as its most important champion.

The idea was that uncertainty was inevitable and that only the foolish imagined they could eliminate it. To make the best possible dicisions, bond traders and policy makers had to weigh every piece of data, estimate the risks that something unexpected would happen and make a judgement based on the odds. They had to understand that a good decision could produce a bad outcome.

"Unfortunately, Washington- the political process and the media- judges decisions based solely on outcomes, not the quality of the decision making," Rubin wrote, with his co-author Jacob Weisberg, in his memoir, "In an Uncertain World."

ルービンの哲学、思い出しました。もう一度読まなきゃな、と思っていますが。次は中国のバスケットボール代表監督の言葉。

"You've got to test your skill against the best, and then your skill will rise."

posted by LHNMeaning at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

プレストロークは真っ直ぐゆっくり

2006年の玉撞き 62回(137時間)

今日は、撞く前のプレストローク(ゴルフだとワッグルっていいますが、ビリヤードでは?)を、ゆっくりと、まっすぐやってから撞いてみましたが良い感じ。感覚としては、タイミングを合わせるのはもちろんのこと、ゆっくり真っ直ぐストロークできるようなフォームであるかどうかをチェックする意味もありそうです。ビデオで見ると、以前はチョコ、チョコという感じで落ち着きがなかったので、これからはゆっくり大きくを1回やる程度でいきたいなあと。

これをやると正確性も増すような。



さて、World Pool MastersでのNick van den Bergのショットで印象的なものがありましたので、記録しておきましょう。撞いた後もキューが真っ直ぐとクッションに残ってます。ここぞというときは、こういう慎重なストロークもやるんですね〜

2006082401.jpg

2006082402.jpg

2006082403.jpg
posted by LHNMeaning at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

MADE IN TOKYO のPC

この記事は結構感動しました。PC組み立てなんて、もう中国が当たり前だと思っていたのですが...

2006082301.jpg

インプリケーションは
■危機感は工夫への最高の動機付け
■社内の拠点間の競争もまた効果的(社内拠点間競争だとベンチマーキングが容易。中国そのたの拠点との競争。)
■何も考えずに「中国でしょ」と言うようでは、まだ知恵が足りない

HP昭島の場合は、特に最初の二つが絶対的。大抵の企業は、これに欠けるから大したことができないんだろうなあ、と思います。いつかは必ず危機がきます。そのときに、手遅れにならないだけの資源を持っていたHPはすごい。これまた、通常は手遅れで打つ手なし、になってしまうような気がします。
posted by LHNMeaning at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三日坊主承知で

こんなの続くわけないですが、引き続き。

○When allegations of pesticide contamination were published on the front pages this month in India,
allegationはwithout giving proofですから、「疑惑」がしっくり。

○their reticence merely fanned consumer suspition.
reticenceは「黙して語らず」。He was extremely reticent about his personal life.なんかは良い例。fanはCPUファンとかと同じで、ここでは「かきたてる」。

○Extrajudicial killings on the rise
文字通りなんですが、無法地帯、みたいな。

○After baskings as the darlings of international investors,
「投資家にちやほやされた後」の意。baskは日向ぼっこって意から、ちやほやされるのをenjoyする、等。

○Despite this palpable progress, Southeast Asia's road to greater coherence and cooperation is lined with skeptics.
palpableは「一目瞭然」。clearなんか使うとボキャ貧かな。coherenceは"fit together well"が良いイメージ。

○So far it's mainly a marketing ploy.
「よく練られた作戦」。tacticsなどより、もっと詰められた印象かな。

○It's exactly this time of year, as August grinds along, that young Americans suffer from a powerful seasonal affliction.
afflictionはpainやsuffering、あるいはそれを引き起こすもの。両者を含む意ってのがピンときます。

○Despite what you might think, I am not the Grinch who stole nuptials.
nuptialsは古い言い回しですが、要は結婚式のこと。Grinchは固有名詞。調べてみると「How the Grinch stole Christmas」という絵本があるみたいですね。教養不足を露呈しました。

○If karma really exists, maybe your daughter will elope.
elopeは「かけおち」。

○Ingenious choreography, set to the music of Mozart
Ingeniousは悪い意味かと思ったら、非常にいい意味だったんですね。choreographyは、知らなきゃわからない系。オペラとかオペレッタ、ダンス等の「振り付け」。

○is attracting a new set of backers, eager to cash in on the industry's cachet.
cachetは、まず発音がキャシェイ。意味は直訳ってあるのかな? 「魅力」みたいな。if sth has cachet, it has a special quality that people admire and approve of、ってのがわかりやすい。

○He carries a satchel and pulls...
satchelはショルダーバッグ。本来は子供用からきたみたい。

○Israeli forces hit Hezbollah base in first major attack since truce
truceはもちろんtruthとは別(笑)。「停戦」、for an agreed period of timeが味噌ですね。

○A U.N.-ordered "cessation of hostilities" on Monday...
これもtruceと繋がり。堅い言い方での停戦ですね。stopping/pauseですが、hostilitiesがつけば意味がわかります、みたいな。

○Tiger lurks; four tied at top
lurkは、「(よからぬ事を意図して)忍び寄る」みたいな。確かにトップタイの4人にしてみればタイガーウッズが近寄ってきたのは気味が悪いでしょう。A crocodile was lurking just below the surface.も良い例。
posted by LHNMeaning at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舌に合う麻婆豆腐発見

麻婆豆腐は好物です。基本的には、なかなかまずくなりようがない料理なので、どの店で食べても基本的にはそれなりにいけます。ただ、微妙に味の違いがあるのが面白い。

個人的に最高峰なのは、学生時代に住んでいた街にある、何の変哲もない日本式中華料理屋(本格的な中国中国した感じではないという意味)の麻婆豆腐。これは独特のコクがあって、中毒性があります。今でもたまーに食べに行ってみたり。幸い、かれこれ私がその店を知ってから15年程度は営業継続中。

陳麻婆に代表されるような、四川風の、かなり辛くて、山椒が効いているのも、香辛料好きな私にはたまりません。ただ、おしむらくはコクというか深みが足りない。辛いだけ、というのは論外ですが、評判で「辛いけど味がちゃんとある」といわれるような店でも、やっぱり上述の店のコクには敵いません。だから、有名店に行くと、だいたい評価は5段階の4になっちゃうんですね。

で、今日、近所の中華料理を開拓してみたところ、なんと個人的な最優秀店の味に非常に近い麻婆豆腐を出す店だったことが判明。徒歩1分の距離にあるのですが、なんとなくこれまで1年半、行ったことがなかったのです。灯台もと暗しの好例? 価格も定食で730円と、安い部類ではありませんが、なんとか普通の稼ぎも得られるようになった私なら、なんとか普段の食事代としてカバーできる金額です。これは私の中ではビッグニュース。麻婆豆腐を中心に、他のメニューも試しながら、しばらくは頻度を上げてみようと思います。

ちなみに、現在の私の金銭感覚は、夕食で500円台なら「リーズナブル」、600円台なら「適正」、700円台「ちょっと高めだけど許容範囲」、800円台「それなりの意味づけがないと、毎日はもったいない」、900円以上「普段の夕食に使うには高すぎる」というもの。

学生時代から100円程度はレベルアップしたかな?という感じですが、多分、平均値からすると倹約家なんでしょね。是ばかりは生まれ育ちも関わってくるのですぐには変わりません。
posted by LHNMeaning at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良質な科学哲学入門

伊勢田哲治「疑似科学と科学の哲学」読了。大学の教科書ということで、わかりやすい良書か、自己満足の難解本のどちらかなんですが、本書はありがたいことに前者。非常に明快に、わかりやすくまとめています。現在は復習中。当然のことながら解答は出てないんですけど、これまでの歴史が辿ってきた思考のプロセスがよくなぞられています。今年の最優秀賞候補(笑)。

posted by LHNMeaning at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリコンバレー精神、ジム・クレイマー

梅田望夫「シリコンバレー精神」、ジム・クレイマー「株式投資大作戦」読了。前者はシリコンバレーのカルチャーというか、ものの考え方はよく伝わってくるという意味で、期待に見合う内容。ただ、再版本というのはわかった上で。後者は評判が良いので手にとりましたが、私の場合は既にどこかで得た内容と同じであり、補強になったかな、という程度。バフェットとフィッシャーの融合系ですね。ビギナーを自認する人にとっては骨太で良い本かと思います。時間もないので手短に。

posted by LHNMeaning at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自慢本、しかしマインドは良い

図書館でふと手にとった「転職で天職を見つける」読了。うーん、これは一見、著者のキャリアアップの歴史の自慢、にも見えちゃいますね。その背景にある、「転職は新しい試練へのチャレンジであるから、避けるべきではない」というマインド自体は確かにな、と思わされますが、なんせ著者の経歴はかなりのスーパーサラリーマンですから、その内容に汎用性は見られません。結局、上記の一文に還元される、これがメインメッセージだよ、と解釈すればこれでも良いのでしょうが...

posted by LHNMeaning at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分転換を / たまには単語チェック

ビリヤードは少々悩み気味ですが、難しく考えすぎているのかもしれません。スカパー!のWorld Pool Mastersを観戦していて、そんな気がしました。また一息入れて元気出していこうと思います。力を抜くように...(笑)



さて、新聞を読んでいても、「はい?」と思わされる単語、つまり意味不明な単語と出会わない日はありません。全部つぶそうと思うと挫折への電車道になっちゃうので、普段は「俺にわからない単語を使う方が悪い」程度にいなしているのですが、たまには調べてみたくなりますので備忘録的にメモりましょう。

○Exam fraud taints Philippine nurses
taintsなんですけど、この文だと試験の不正発覚のせいで「信用が地に落ちた」という感じでしょうか。

○...were hard at work dealing with the game's descent into farce on Sunday.
descent into farceは「茶番になっちゃった」て感じでしょうか?ちょっと自信内ですけど。

○...that resulted in the forfeit of the match.
forfeit、辞書だと「剥奪」なんですがここだと「失格」でいいのかな?

○as factories continued to churn out goods for export and ...
churn out、文から推察はつきますが、「すげー勢いで産出する」

○Two weeks ago, she borrowed 10,000 pesos from a loan shark...
loan shark、知りませんでしたが、結構メジャーみたい。高利貸し、闇金、なんですね。

○Then came what called "8/11", an allusion to the Sept. 11, 2001, attacks in the United States.
allusionですが、意味はともかく、こういうことなんですね。

○state of calamity
被災宣言、被災認定、みたいな。

○My husband no longer goes out to sea because he feels itchy wading in the water.
wadeは、泥や水の中で苦労しながら歩く、の意。どうもstruggleしか思いつかないのがボキャ貧。

○Homeland security hokum
Homeland securityについての戯言

○raising the fearsome possibility that a nuclear or biological weapon might be smuggled in and detonated here.
detonate「爆発する」なんですね。explodeじゃないんだ... explodeは汎用的だけど、detonateは基本的に爆弾系専用っぽい。

○This is reckless beyond belief when nuclear terrorism is the most frightening prospect of all.
きつい言葉ですね。recklessは「不注意だ」てなわけで、ご冗談でしょう、みたいな意でしょうか。助手席に乗るのをためらう場合、お金の管理をまかせたくない場合、などもreckless。アメリカ映画によく搭乗するキャラだな...

○Even after moderate tinkering with the formulas this year,
tinkerは、ここでは「無意味なマイナーチェンジ」の意。名詞だと、さすらいの物売り(けど、ぱっとしない)、を指すみたいです。

○greedy legislators from states that face little danger continue to shipon off funds...
shiponですが、ついシフォンケーキを思い浮かべました。実はコーヒーのサイフォン。でも、お金絡みで使うと、着服を意味。岐阜県の役人がやってたことがまさにそうですね。

○though touted as a front line of the war on terror,
toutは、「無理矢理いい張る、ほめちぎる」けども実体はそうじゃない。

○has actually sapped energy, resources and top-level attention that would be better to the real threat,
sapは、「メチャクチャにする」がこの文での意。

○After two decades of political violence, Haiti is awash with guns.
awashは、水面すれすれ、波に覆われて、から「〜であふれてる」の意。

○Japan's legions of monochrome-suited salaryman
legionsは古代ローマでの軍団から起因して、「大群」「多数」みたいな。

○to help prune summer air-conditioning bills
pruneは余分な枝や根を刈り込むの意から、費用の場合は「切りつめる」「コスト削減」という感じ。

○which has been relegated to the bottom of household budget lists,
relagateは「降格させる」「不遇の地位に落とす」。

○The economy grew at an annual 3.1 percent pace in the first quarter, buoyed by one of the biggest increases in corporate spending since 1990.
buoyは、いわゆる「ブイ」で、何かを水面に浮かせるという意がメインですが、文脈によっては「高値を維持する」「元気づける」といったことも。この文脈だと「支えられて」といった感じですね。



こんなの毎日チェックできないですが、たまにはいいかなと。ちなみに記事を読んでいて、ハイチって何か理想郷的なイメージがある方も少なくないかと思いますが、現在は昼間もまともに街を歩くことができない程荒れているようです。日本があれば、そういう国もあるんですね... イラクなどは毎日報道されているけれど、ハイチがそういう状態だったとは意外。
posted by LHNMeaning at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

どういう裁定を仕掛ければいいのか

もう30半ばになり、お仕事人生って意味では、見方によっては正念場を迎えつつあるように思えます。これまでの約10年間は、欲を言えばキリがないにせよ、自分でも、まあ、そう後悔はしない程度には過ごせてきたかなと。では次にどうしていくか、ってのは改めて考える必要あり、です。これまではOKでも、今後もOKかというとそうじゃない、ってのは帰納に関する議論をするまでもないですね。

当然、一番イージーなのは、今の職場で、新たにチャレンジングなことができればいいですね。ただ、これは自分の意志ではある程度までしかコントロールできないので、後退・停滞を余儀なくされるポジションになることもありえます。「どんな泥仕事だって意味があるんだ!」なんて言われちゃうと、それは実は否定できないわけですから、「でも求めているのはそこじゃないよね、20代前半じゃないんだからさ」と思ったところで元の木阿弥。あと、組織全体の年齢層分布もあくまで私のエゴイスティックな視点からすると喜ばしくはないわけですが、これなんて私の努力でaffectできる世界じゃないですよね。

ひとまず二年間踏ん張ってMBAでもとっとくか!というのは、微妙な面もあります。まず、実質的には学位のために頑張るの?ということ。つまり、経営学諸分野については実はこれまでの独学で案外いい線いっちゃってるかもしれないし、英語もそれなりにOKなので、実は努力というよりは、二年という時間および労力・学費と交換に学位を得ますか?という感じになってしまいます。ただ、学位ってのが案外効いてくる可能性もありますので、悪くもないのかもしれない。まだ迷いがありますね。

研究するぜ!というなら、やっぱ私の場合は哲学系なのですが、それだと全日制を除いては放送大学くらいしか選択肢はありません。ただ、経営系に進みながら、経営と哲学の融合的な切り口で攻めれば案外一石二鳥かも、という秘策もあります。いずれにせよ、学校系になっちゃうと、ビリヤードの頻度が落ち込むのは甘受せねばなりませんが...

別の選択肢としては、会社って星の数だけあるよね、ということ。これは、移れば100%良くなるなんてことは、あまり期待しちゃいけないんでしょうが、失うものと得るものがあって、差引プラスにはなりそうな気がするってのはありますね。ただ、移れば最初のうちしばらくはそれなりにコミットしたいので、その間は他のことをやる余裕がなくなるかな、という気も。

あと、大学も他の会社もいいですが、ある人にいわせれば世の中全部裁定取引だよね、というわけで、実は私も同感です。だから、人気ある分野に進むのは実は労多くして益少ない、なんてことが現実的。多分そうなんだろうと思います。なら、現時点で割安に放置されているものって何があるだろうか。実は、哲学なんてそうかもしれません。あるいは「なんでそんな仕事やってんの?」と言われちゃうような仕事。こういうのが、5年10年経つと案外脚光を浴びたりするんじゃないかと。

てなことを考えると、なかなか先に進めないのですが、わかんないから考えることさえ放棄する!という状態になってない分だけマシと自己弁護して、継続検討ですね。
posted by LHNMeaning at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pros and cons

昨年スカパー!を入れてから、9ヶ月くらいでしょうか。それ以来、基本的にはBBCかDiscovery Channelか、海外ビリヤード中継か、そんなものしか見てませんので、日本民放のタレント等にはかなり疎くなってきたような気がします。ただ、それによるデメリットというのは今のところ感じませんね...

もちろん日本の民放を見なくても、面白い番組はBBCにだってあるわけで、以前も触れた「Top Gear」などはエンスー極まれり、という境地で最高。最新回は各社新ミニバンの評価、プジョー新型でちょっとしたゲーム、ランボルギーニのカブリオレの評価ということで盛りだくさんだったのですが、企画自体も最高にイカしてたので(イカれてた、というのが正確?)、記念に数枚キャプチャ。

2006082101.jpg

2006082102.jpg

2006082103.jpg

個人的には、これは英語でないと楽しめない... 吹き替えだと、それでもまだ企画自体のおもしろさは残るかもしれませんが、単なるクルマ番組になっちゃうかも。これも、Bill Brysonと同じで、言葉ならでは、という世界の数少ない例かと思います。実際、英語のメリットって実はそんなにないよね、と感じてるのですが、せめてこのくらいの楽しみはあっていいでしょう、と。

といいつつも、まだまだ全部は聞き取れないですね。これはあと20年かかるでしょうか。ただ、最近はまたIHTを毎日読むようにしてるのですが、確かに数年前と比べると読むのが全然苦痛じゃなくなってるのも確かで、この「確実なやった時間と習熟度の比例曲線」ってやつこそが実は語学の最大の醍醐味なんじゃないかと思います。
posted by LHNMeaning at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ力が

2006年の玉撞き 61回(135時間)

先日はB/C戦に出たものの、ミスも多く、負け・勝ち・負けであっさり終了。取りきり率が低いので、仕方ないですね。

それもあり、練習のペースが上がってますが、昨日デジカメでフォームチェックしたところ、自分ではだいぶ力を抜いているつもりなのに、映像ではまだまだ力が入りすぎです。これは、自分の中では革命的に力のいれ具合を変えないとダメっぽい。イメージは、まさに素振りの通りに振るって感じで、これはゴルフでもよく言われるけれど実行は難しいってやつです。

今日はそれを意識しながら練習しましたが、すぐにどうこうではありませんね。キューミスも多く少々ストレスがたまりましたが、焦らずやるしかありません。大きな方向性は間違ってないはずですし...
posted by LHNMeaning at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

何度目かわからないけど「力は不要」

2006年の玉撞き 59回(130時間)

今年も130時間となりましたが、実は24h連続でやったとすると、たったの5日強に過ぎないのですね。練習不足かな?(笑)

今日も練習。あっという間に二時間が過ぎました。今日はいい感じでロングドローが撞けたりしたのですが、やっぱり力を入れるとメチャクチャになるなあと再確認。とにかく力は入れない。遠い引き球でもキューはソフトに入れる。キューが暴れるようなショットをしている時点でダメってことが最近やっと身をもってわかってきました。

あと、ブリッジは指で支えるんじゃなくて、親指の付け根というか、手の平の付け根というか、そのあたりをしっかりラシャにくっつける意識を持つと安定しそう。結構力がいりますけどね。左手は土台でもありますから、力を入れて踏ん張るのも悪くはないんでしょう。その上で、力のまるで入ってない右手を、右肩がぶれないようにキューの重みでスッと出してやるとホントいいフィーリング。こういうのを忘れないようにしたいもんです。

あと、右肩が落ちるのは私の悪い癖。見栄えもよくないので、右肩は不動ってことでしっかり意識していかないと。



TOEICの謎が解けました。あれは一問何点とかじゃないんですね。偏差値ともまた違うけど、どうもパーセンタイル的にスコアをつけてる雰囲気です。だから、満点だったlisteningにしても、送付されてきたスコア表を見るとしっかり間違ってます。納得。当面受けることはありませんが、また次、5年後くらいに気分転換に受けてみる際があれば、目指すは990点ですね。
posted by LHNMeaning at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

やればやるほど課題が

2006年の玉撞き 58回(128時間)

今週は割と頻度高く。やればやるほど課題やコツが覚えきれないほど出てきます。ランダムに。

■今日、携帯のビデオで撮ったのですが、それを見ると、自分でも驚くほど優しく撞いても十分だということ。かなり優しく撞いたのに、映像でみると、案外ハードに見える。やはり力はまったく不要。

■感覚としては、肘と肩を真っ直ぐセットして、後は力を入れずに、インパクトで初めて肩を回す程度でキューを出せば十分。ちなみに、動かすのは肩から下だけであって、肩は不動。あと、私の場合、気持ち肩を高めにしたほうが、スムーズなストロークが可能な模様。右肩がフォームの主役で、後はおまけ。

■力を入れるとキュースピードが落ちる。ほんとに、全く力をいれずに、肘と肩の動きでキューを加速させる。師匠は「ハードショットという言葉はない」と言ってたけど、そういうことを言ってたのかな、と。

■スヌーカーで、ブリッジを組んだ手の指で、テーブルをとんとん叩く仕草があるけど、あれはブリッジを安定させるためのコツなのかも?と。オープンブリッジだと自分はどうもインパクト後に浮いてしまう癖があるけど、とんとんを心がけると、浮かずに済むような。

以上。引き続き鍛錬です。
posted by LHNMeaning at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

得意の型落ち作戦もあり?

さて、危険なので目を背けようとしたCore 2 Duoなんですが、その途端、また魅力的な事実に気が付きました。Socket939版のAthlon64 x2 3800+って2万円なんですね。対応マザーは、10000円あれば入手できるでしょう。Socket939なら、DDR、パラレルATA、AGPビデオカードなどが流用可能。

どうも何かしら買ってしまいそうな予感がします。
posted by LHNMeaning at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

久々にDOS/V SPECIALを

ついついCore 2 Duoにほだされて、何年ぶりかに「DOS/V SPECIAL」なんて買って熟読してしまいました。相変わらず、読み出すとハマってしまいます。しかし、このまま油断していると、いつもの私の行動パターンからして、近いうちに気がつくとPCを購入していた、なんてことになりそう。冷静に考えると買う理由はないだけに、ちょっとPCのことは忘れて頭を冷やした方がいいかも、なんて思っています。

こういう自分をみると、やっぱ物欲って根強いもんだな、と思いますね〜。PCでなければ、「もっと広いLDKの方が快適だよな」なんて思う自分もいるわけですね。しかし、これも冷静に考えれば、36平米の部屋に一人で住んでいて何を言うのって感じですよね。国が国なら10人くらい住んじゃうのでは?「そんなことは敗戦思想だよ、やっぱリビングは20畳でしょ!」なーんて論法もアリだとは思いますが、じゃあ20畳のリビングに住んでみてどうですか?という問いに明確な答えがあるかどうかは怪しいものがあるかもしれません。価値観の差もありますし。

今日は10日振りくらいでジムへ。ほらね、やっぱジムが趣味とかじゃない限り、人間、こんなもんです。従量料金の公営体育館、万歳。
posted by LHNMeaning at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違和感のある結果

ようやくTOEICのスコアが出ました。なぜ3週間かかるのかは良く分かりませんが、先日あるLondonからの友人に聞くと、「日本語能力試験はオールマークシートなのに4ヶ月かかるぜ」となぐさめ(?)られたので、まあ私の知らない事情があるんでしょうね。

結果はListening 495 / Reading 465の960。5年前よりは15%の改善で、胸をなでおろしました。違和感があるのが、Listeningがなぜか満点。これはおかしい、というのも、Listeningって結構集中力を要するのですが、どうも一瞬集中が途切れて、聴きがあやふやになったパートもあったんですよね〜。とすると、偶然正答だったのか、ということになりますが、それも確率的にあるのかどうか。ちょっとよくわかりません。Readingは逆に自信があったんだけど、意外と落としたな、と。ただ、経験上ケアレスミスは避けられないのでこんなもんでしょう。

スコア的には悪くないわけですが、これと総合的な英語力は全く別ですね。ただ、一時ほどTOEICも舐めてはいられないという認識にはなりましたので、言うなれば必要条件だけど十分条件じゃないよね、ということでしょう。

あと15年くらいすれば映画をdictationできるようになればいいなと思っていますが、どうなることやら。
posted by LHNMeaning at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

顔の位置と入れ精度

2006年の玉撞き 55回(122時間)

今日は相撞きを2時間。入れの安定度は顔の位置が重要ってことを再確認。ストロークは引き続き修練中ですが、悪くはありません。



晩ご飯は、ふと味噌ラーメンを食べたくなったので、「すみれ」に。これはこれで一つの完成系。ラーメンはそれぞれの流儀で完成していれば十分に旨い。「博多ラーメンじゃないとだめ」なんて偏狭なことは、福岡出身ながら、言うつもりはありません。

ラーメンはレベルの高いところで競争してますね。一方、パスタは十分に普及しましたが、どうも小さくまとまったところで上手に均衡している感じ。だから、美味しいお店はインパクトが強い。個人的には、日本のパスタ屋は90%以上が綺麗にまとめてる感じがするんですけど、もっとイタリアの田舎にあるようなパスタを食わせるお店が増えてもいいんじゃないかな?という気がします。「イタリアで3年修行」なんて場合、たいてい高級店のシェフですものね。「イタリアの田舎の町食堂で修行」なんて人が、一皿500円で腹一杯食わせてくれるようなお店があってもいいような。

なんてわがままを言ってしまいましたが、食のバリエーションという意味では東京は世界一なことは間違いありません。東京にないといえば、本格的フィッシュ&チップスを食わせる店くらいでしょうか?これも探せばあるのかもしれないですけどね。
posted by LHNMeaning at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

首が痛くなるくらいに

2006年の玉撞き 54回(120時間)

今日は2時間一人で練習。ボウラードは2回やって、片方は162と好スコア。オープンフレームは2〜3個だったと思います。やっぱ200越えはストライク連発じゃないといけませんね。スペア連発だと100越えがいいところ。

撞きはだいぶ良くなってきました。反復練習モードなので、特に言及することはありませんが、現状に満足せずに上をめざしつつ、課題の定着を図るってことで。

狙いをつける上では顔の位置は重要。きついから、つい楽な頭の位置にしちゃって狙いが甘くなりがちなので、注意。しっかり両目を水平に構えると、首がいたくなっちゃいますが、それに身体を慣らしていかないと。明日は首が痛いかもしれませんが、それでいいのです。



音楽の友社のサイトに、コンサートガイドってアップされてたんですね。気づきませんでした。クラシックのスケジュールをまとめてチェックするのは面倒だと思っていたのですが、これなら悪くありません。ただ、当日分だから早めにチケットゲットするには不十分ではありますけど。
posted by LHNMeaning at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

WWDC 2006

早くJobsの基調講演配信を見たいのですが、どうも混雑しているようで接続しません。接続しても音声がとぎれたり。仕方がないから、明日以降まで我慢するしか。
posted by LHNMeaning at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わかっちゃいたけど力は不要

2006年の玉撞き 53回(118時間)

今日は一人で90分。特に押し球だと、ついついキューを強く出してしまうんですけど、実はキューごと球に流していくようにソフトにキューを出しても、案外押せてしまうことに気がつきました。この方が、絶対に先球が安定します。力は入れちゃだめとはわかってましたが、やっと気づくあたりが愚かというか、やっと気づいたかというか。

ここのところ、ストロークに集中していたのですが、頭の位置をしっかり決めるのも当然ながら重要ですね。しっかり両目が水平になるように構えないと。

あと、まだストローク習得中で不安定なんですけど、そもそも肩を動かすのはインパクト後で、インパクトまでは肘しか動かしてはならないのですから、不安定になるはずもないんですよね。結局、不安定になる事実ってのは、インパクト前に肘を送ってしまってることの証明でしょう。タイミングがまだまだ。

久しぶりにボウラードをやりました。いきなり、7, 4, 8とオープンフレーム3連発でどうなることかと思いましたが、ダブルが続いて一安心。しかし、その後もさえない展開が続きましたが、10フレームでターキーがきて122。ドタバタですが、こんなもんでしょうか。
posted by LHNMeaning at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次機コンセプト

今日はロンドンで式を挙げた友人と池袋にて。パスタの有名店も月曜だからか、すんなりと入れたのでそこで極上パスタを堪能。その席で、

・家は賃貸か購入か
・ゲームプロデューサにとってのキャリア観
・どの国に住むのが良いか
・日本の結婚式のナンセンスな側面

等々、興味深い話題が。やっぱ、許す範囲でいろいろ交友を持つことって、セレンディピティに巡り会う機会が、毎日同僚と赤提灯(死語?)に比べて断然違うってことだよね、と。まあ、毎日同じメンツで飲みたくなる気持ちもわからんではないですが...。ライフスタイルの問題っすね。



Core 2 Duoに触発されて、改めて次機はどんな感じかな、と妄想を巡らせています。

■やっぱデュアルモニタでしょ
デイトレーダーでもないのに必要あんの?と言われても、やっぱウィンドウ切り替えって面倒臭いわけで、どうも生産性がかなりアップしそうな予感があります。また、新機の環境設定時には、旧機とそれぞれ一台ずつ接続して、それぞれ分担しながらやるとかなり快適な予感。ちなみに今のグラボはDual対応ですが、3年前のエントリークラスなのでUXGA二面は恐らく厳しいでしょう。

■CPUはコストパフォーマンス重視で
ゲームやるわけでもないし、コストパフォーマンス重視で。音楽は全てPCである以上、静音性にはケアしたいわけで、Core 2 Duoの低価格帯か、Athronでしょうね。

■OSはXPで十分
Vistaで結局何が変わるの?といわれてますように、マシンパワー食うようになっただけで、少なくとも2007年中は静観ですね。XPで十分でしょう。もちろん、Vista祭りは傍観者として楽しみますが...

うーん、結局デュアルモニタにしたいだけのような気がしますが、デュアルは案外使ってみると革新的かもしれません。会社も、A4ノートにこだわらず、PCも安くなったんだから、デスクにはスリムデスクトップ&液晶二枚、これに加えてサブノート支給なんてことをやってくれませんかね〜。せめて意欲ある希望者だけにでも。
posted by LHNMeaning at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

ホンダ久々の優勝

F1がここにきてグッと面白くなってきており、ハンガリーGPは予選でシューマッハとアロンソが後方からということで、スカパー!でオンタイム観戦。結果は、一年に一度くらいある感じの、雨→ドライでめまぐるしい展開のレースに。

結局チャンピオン争いは両者ノーポイントでしたが、バトンが初優勝を決めて、ホンダも再参戦後初優勝。案外、初優勝ってのはこういう荒れたレースで来たりするもんですよね。本当の優勝争いは、こういう経験を経て、また今後の課題ということで。

終了後の実況席から、今宮さんの感無量って感じのコメントは良かったですね〜。無理矢理盛り上げようと、妙な人呼んだり、ミーハー迎合的な作りをしちゃう地上波サイドと違って、ほんとは、こういうのがホンモノなんだよね、と感じますし、賛同してくれる人も多そうなんですけど、テレビ局っていったいどういう精神構造持ってるのかな?
posted by LHNMeaning at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物理専攻にも簡単じゃない

2006年の玉撞き 52回(117時間)

先日、大学で物理をやった人にキュー切れのメカニズムを質問したのですが、なかなかその場では切れ味のいい答えは得られず。結果、「キューと球の接触時間でしょ」という仮説でOKのような気もするけど、確証は持てない、という結論に。厳密にやると一つのテーマになるんでしょうね。

てなことで、接触時間を制御するのは加速度だということで当分練習しましょう。練習でキュー切れ度合いのチェック練習をすると、比較的悪くない感じ。例えば、的球をセンタースポット、手球をフットスポットに置き、そのまま短クッションへ真っ直ぐドローを撞きます。そして、戻ってくる手球と、短クッションに入って戻ってくる的球、どちらが手前短クッションに早くタッチするか、というもの。最低条件は手玉が先、OKレベルは手玉が1ポイント先行ってものですが、上手につければ1ポイント先行、手玉は概ね先に付くなあと。これは従来の私のレベルからすると、悪くありません。

イメージとしては、できるだけ撞点は下に構える。こうすると、力が入ったりして、キューが球を追い越してしまうとミスジャンプしちゃいますし、良いストロークができないとうまく撞けません。こうしていると新たに分かることもできてきて、グリップは固すぎず緩すぎず。緩いと力が抜けてしまいますが、固すぎてもだめで、緩まないという条件のもとで、接触時間を長くする程度のサスペンション的なゆとりがあると良さそう。

とにかく、力で回転かけようと思うのではなく、肩によるキュー加速のタイミングが全てですね。引き続き練習のみです。
posted by LHNMeaning at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々にインパクトのあるCPU

2006080602.jpg

日本各地でお祭りがあったり、花火大会があったりしてますが、今週末は秋葉原でCore2Duo祭りが(笑)。個人的には、ここしばらくのCPU発達史は、処理速度の向上と発熱・消費電力増がセットになってステップアップしてきただけって感じで、なんかマンネリ化してたんですね。その間、PentiumMとかはありましたけど、あれはあくまで奇形の類。ところが、今回はメインストリームのラインナップとして、性能アップと発熱・消費電力削減をやったってことで、なかなかインパクトがあります。だから何?といわれるかもしれませんが、それでも個人的には少し刮目させられました。一般的にも、そういう認識をされているようです。

次期マシンはCore2Duoで組み立てかな、という気にもなってきましたが、DellでBTXフォームファクタのミドルタワーを注文するのが吉かもしれない、とも思います。DellのサイトではまだCore2Duoモデルは発売されてないようですから、しばらく様子をみましょう。
posted by LHNMeaning at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。