2007年05月31日

目覚まし更新

昨日は、久しぶりに寝坊。突然のことで驚きました。目覚ましは複数台体制だったのですが、全てストップして二度寝した模様。まったく仕方のないヤツだなあと。

たまたま、うち1台が故障気味(セットしていても、鳴ったり鳴らなかったり)だったので、そいつのせいにするのはお門違いもいいところですが、これを機会に心機一転する意味で、更新しました。

新しい目覚ましは、ドンキホーテで999円。電子音ではなく、刺激的なベル音。この値段でも、連続秒針(時計のチクタクという音が全くしない)なのには感心しました。この価格ですむのなら、全部連続秒針タイプに更新しちゃおうかな、という気にもなってきます。

明日からクールビズスタート。
posted by LHNMeaning at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

次回住む場所

現在の住まいは概ね満足しているのですが、次にどこに住むか?というのを考えるのも楽しいものです。今回の経験から、多少のインプリケーションもあります。

■ビリヤード屋を基準に選んではいけない

正直、徒歩1分にビリヤードというのはかなり大きな要因だったのですが、残念ながら1年経過時に閉店。ビリヤード屋に限らず、商店というのは閉店リスクがありますので、過度にビリヤード屋の近さを重視するのは問題ありだとわかりました。今回は、リスクヘッジで3駅先(通勤途中)に良店があったので、そう大問題ではありませんでしたが。必ずしも近くなくとも、電車や自転車で行ける場所に2〜3件あればそれで十分と考えるようにするべきかと思います。

■駅から近すぎるのは運動不足気味に

駅から1分以内というのは確かに楽です。駅に着いた瞬間に、なんだか家に着いたような気になるし、雨の日や猛暑日も被害は最小限ですみます。ただ、気になるのは運動不足。運動は別途やればいいじゃんという意見はありましょうが、なかなか休みの日にあえて運動を継続できるものではないという人間の性を考慮すれば、毎日徒歩5〜10分の強制歩行を自分に課すのも一興かと思います。従って、次は徒歩1分にはこだわらず、徒歩5分強あたりをメインに据えたいところ。



さて、次に住むにはどこがいいかという問題ですが、これは基本的には大きく二つのライフスタイルから選択する必要が最初にあります、私の場合。一つは、利便性追求で、これはわかりやすい。もう一つは、ちょっと郊外に移り(駐車場代を払えるくらいの)、コペンを駆るというもの。大学院通学の今後2年強は現在のところで問題ないし、むしろ自由な時間がかなり減るから引っ越したところで新環境を楽しむ余裕はありません。全ては、卒業(あるいは挫折)した後です。

この大選択を別にすれば、最近気付いたのは次のこと。

■図書館の側というのは、私のライフスタイルに非常にマッチしているということ。
■駅〜自宅の間には良質なスーパーがある方がよい。駅の反対とかだと、いくら近くても足が遠のく。
■TSUTAYAは案外、必ずしも必要なわけではなかった。通勤途中で寄ることができれば十分。実際、その程度の頻度でしか利用しない。

てなことで、図書館の側というのが現在の本命です。これは、現在の部屋探しではほとんど考慮してませんでした。板橋区ならやはりときわ台の中央図書館近郊かな?
posted by LHNMeaning at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーの刺身

思い立って、夕食関連でスーパーへ出撃。自分で炊いた無洗米コシヒカリ、おかずは納豆、サラダ、そしてメバチマグロの赤身です。ヱスビーの厳選練りわさびをたっぷりつけて。

この赤身、定価680円が夕方価格で半額、つまり340円だったのですね。回転寿司の赤身の2倍程度あろうかという切り身が10枚程度。これはどう考えても安いということだったのですが、食感も最高でした。これは、寿司ネタになった場合は恐らく二貫で300円あるいはそれ以上のクラス。スーパーの刺身も捨てがたいことを久々に思い出した瞬間でした。

このメニューなら、牛肉食べまくり!といった状態よりは健康にも良さそうですしね〜。
posted by LHNMeaning at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピンの地方都市

職場関係の植林ツアーで訪れたフィリピン・ルソン島中部の地方都市。さすがに再び訪れることはないでしょうが...

2007052701.jpg
posted by LHNMeaning at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狙いは一定

2007年の球撞き 34回(69.5時間)

今日は一人9ボールを90分、感触重視で。

結局、真っ直ぐだろうが、角度がついてようが、基本的には「ここに当てれば入る」というのは決まっているわけなのですね。角度がついているからといって不安に思ったり、おろおろする必要はありません。そういうノリでショットしていると、結構いい感じ。要は、角度がついていようが、真っ直ぐと同じなんだというメンタルでやらないといけないんですね。フリを嫌っていたら、いつまでたっても上達は望めませんし。

引き球は、やっぱり、キューの軌道を奥に長く出すようにすれば、必然的に良い球が出ます。つまり、フォロースルーで顎に当たったらだめということ。こういうのは、長いこと意識し続けて、ようやく少しずつできるようになるという世界ですね。あるいは、何事もそうなのかもしれませんけど。
posted by LHNMeaning at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代思想の遭難者たち

いしいひさいち「現代思想の遭難者たち」読了。がんばれ!タブチくんの作者ですね。当然ながらこれも気楽に読めるわけですが、こういうジャンルって日本には少ないような気がします。検証したわけではないけど、海外はまだこういう遊び心というのは多いかも。もちろん、総合的に見れば遊び心は日本はトップクラスだと思うものの、要はジャンルによって得手不得手があるんだろうなあということです。

posted by LHNMeaning at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスはファストフード的

先日のMBA留学記を読んで再確認できたのですが、ビジネス系の知識というのは、知的構築物という観点から見た場合は、ファストフード的だなと。

基本的には、戦略等含めた「概論」と、実際の業務手順等の「マニュアル」に分類できるのでしょうが、後者はマニュアルさえあれば対応できるという意味で、ファストフードそのものですね。例えば会計業務なども複雑に見えますが、本質は手順に沿った処理なわけです。また、概論部分となると、総じて浅いんですね。倫理の話になれば、既に過去幾度となく繰り返されてきた思考過程をまた最初からやり直して、ほどほどのところでまた最初からやり直し。じゃあ事業の基盤となる経済についてはどうかといえば、基本的には日経記事をそのまま喋るだけであり、相応のバックグラウンドをもとに自分で意見を構築して分析することなんてないですよね。事業の見通しについても、おそらくは東インド会社の時代から変わらないフレームでなされています。そもそも予測行為ということは何なのか?ということには触れられません。

別に悪いというわけでもありません。ビジネスは社会の縮図であって、いわゆる社会科学はもちろん、人文から自然まで総合的な科学集大成の場だということができて、非常にチャレンジングな課題であるということだと思います。だから、現状はファストフードなんですよ、ということの自覚がないような状況、あるいはそこで大満足してしまっている状況に触れると、ちょっと違和感を覚えるというだけのことです。

ビリヤード同様、こちらもまじめにやるときりがありません。
posted by LHNMeaning at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

沖縄

ビーチは海外優勢ですが、沖縄ならいい勝負ができるかもしれません。

2007052601.jpg
posted by LHNMeaning at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーバードMBA留学記

岩瀬大輔「ハーバードMBA留学記」読了。きっかけは、あるところで絶賛の書評を見たのがキッカケだったわけですが、読後感はまあこんなところかなと。元ネタがブログだけに、非常に軽く、ちゃんとした思考の結晶という雰囲気はありません。ブログが元だとはちゃんと書いてありますが、書籍になってしまうと、ちょっと違和感もありますね。書籍と思わずに、要は印刷されたブログだと思うのが吉でしょう。

全体を通じては、世界のビジネスのスタンダードというのは(これが正しいというつもりはありません)、日本村のスタンダードと比較すれば、

■世界はゲーム感覚、日本は生活を賭けて、仕事をしている。
■世界はResponsibilityを下へ下へと移すが、日本ではそもそもResponsibilityの概念すら存在するのか疑わしい


こういったこれまでの仮説は、やっぱり更に強化されることになったのかなあと。それなりの大人はともかくとして、市町村レベルの世界観から抜け出すことができていない、高校生、大学生、実家住まいの社会人若手あたりには、啓蒙の書になりえる雰囲気を持っています。そういう意味では、読者層のターゲットが比較的狭いのでしょう。

posted by LHNMeaning at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

Karaoke reminded me...

つきあいでカラオケに行ったのですが、そこで参加者の一名が中島みゆき「時代」をチョイス。いつの間にやら記憶から消えていた曲ですが、改めてこれは素晴らしいなあということで、帰途にTSUTAYA訪問。

「時代」を含むアルバムは当然として、その他、Sugar Soul("Garden"は佳作だと)、松田聖子の80年代作品群、Kaskadeなどを聴いています。

私の場合は、邦楽というのはテレビを通じて知る、という認知パターンだったわけですが、ここ数年は競馬中継以外は民放をほぼ見ない生活になっていますので、さすがに邦楽には疎くなってきました。決して関心が無いわけではないけど、いろんなもののトレードオフの狭間で、やむを得ない面もあるかなと。

「時代」の詞は、拠としての輪廻転生観を示すのか、突き放すような永劫回帰を示すのか、それともシンプルに時間による治癒を示すのか、どれとはいえませんが、これは聴く人それぞれの解釈に委ねられているのでしょう。恐らくは三点目なんだろうな、とは思いつつ。

posted by LHNMeaning at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

やることは絶望的に多い

2007年の球撞き 33回(68.0時間)

知人と3人でゴーキュー、別名ジャパンナインボールを超久々にやりましたが、案外楽しいですね。当然、賭けはなしで。

やればやるほど、自分に足りない点が見えてきます。入れ、出し、戦略、全てにおいてレベルがあまりにも低い。なんていうと、やけに悲観的だといわれちゃうのかもしれませんが、現実は残酷ですね。ただ、その残酷な現実を楽しめればそれでいいんじゃないかと思います。マゾかもしれませんが、世の中、ベースは残酷なんじゃないかと。それに心を折られるも、それを淡々と生きていくも、それは個人の選択かと。

将来、子供を教育する機会があるとすれば、そういった選択をできる程度までは育ててあげるのが義務かな、とも思いますが、現実味を持って考えてないので実際に何ができるのかは全く不明です。
posted by LHNMeaning at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

Cologn

ケルンの大聖堂。アムステルダムからブリュッセルに行く予定だったのですが、急遽気が変わってケルン経由してブリュッセルに夜遅く入ることにして4〜5時間の滞在を確保したわけです。大聖堂以外は普通のヨーロッパの街なのですが、この聖堂の黒さは凄い。まるで悪魔を祀るようなオーラなのですが、ちゃんとした教会なんですよね。

たしか、13世紀とか、そのあたりに建てられたと記憶していますが(違うかも)いずれにせよ、そういう昔にこれだけの建造物を作り上げたというのは私にとっては想定外でありました。

2007052001.jpg
posted by LHNMeaning at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

WTC

かつて、初めて国境を越えたその先はNYC。当時は、まだテロ前でした。

2007051801.jpg
posted by LHNMeaning at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単語チェック

■at no time did the group circumvent the United Nation's embargo against Iraq

circumventは get around restriction

■Senate rejects plan on Iraq but signals end to impasse

impasseは発音アクセント最初で「インパス」、意味はblock to progress or agreement, road without exit、「袋小路」

■It's not real money, but you can redeem it for gifts and services that you don't want or need.

redeemはいくつか意味がありますが、ここは buy something back

■I also entered you into a raffle that you didn't win.

raffleは、ラッフル。これは、慈善事業などで番号札(raffle ticket)を買わせ、抽選で当たった人に品物を渡す富くじ販売法、を指すとのこと。あちらでは常識なのかも。

■yet they are distracted, to the detriment of Korea's 49 million people

detriment to で「〜に対する損害、損傷」
posted by LHNMeaning at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

Brighton

今度はEngland, Brightonのビーチ。イギリスの中では比較的メジャーなビーチだとは思います。やはり、イギリスの天気はこうじゃなくちゃいけません(笑)。

2007051601.jpg
posted by LHNMeaning at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

Bondi Beach

いろいろと辛いこと、難しいこともありますが、めげずにやっていきたいと思います。比較は卑しいとはいえ、まだまだ私の状況なんてそんなに過酷ではないでしょうし...

くしゃみが出そうになったので、思わず我慢しようとしたのですが、結局大きなくしゃみをしてしまいました。驚いたのは、その際にお腹が強烈につってしまったこと。このまま病院送りか?と想像しちゃいましたが、じっとうずくまっているとなんとか治まりました。

さて、SydneyのBondi Beach。素晴らしいんですが、主観的にはやっぱりニースの総合力には劣ります。しかし、SydneyのCity Centerからバスで20〜30分程度でこういうビーチにくることができるというのは、職遊近接、Sydneyの凄さですね。東京では考えられません。

2007051501.jpg
posted by LHNMeaning at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

Nice

まだまだ自分の読解力や理解力の無さにめげそうになっていますが、黙って鍛錬するしかないんですね。気分転換に、あちこちの写真でも眺めていきたいと思います。



過去最高の場所はニース。トロピカルの海は確かに綺麗なんですが、ここのビーチにはオーラがあります。加えて、街の雰囲気。多分、今後どこに行こうとも、初めてニースに行った時の戦慄感を超えることはないんじゃないかと思います。具体的に何がいいの?と問われると答えに窮しますが、そもそも、何がいいか言葉にできるようなものって、たかが知れてるという見方もあるのではないでしょうか。

2007051401.jpg
posted by LHNMeaning at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

OP/TECHストラップ試用

OP/TECHのストラップ、到着しておりましたので、週末にPorterのブリーフケースを引っ張り出して試用してみました。やっぱある程度重くないとね、ということで図書館へ。行き帰りとも、約5冊の本を収納ということで、普段に比べればかなり重い状態です。

結論から言うと、ベターではあるけど、それほど劇的でもないかな?という感じです。ベターなのは、肩に当たる部分がうまく作られているため、うまく肩とストラップの接点全域に荷重が分散されるため、通常のストラップに比べれば肩が痛くなる度合いはかなり緩和されるように感じました。ただ、これも程度問題であるため、人によっては「それほどかわんないのでは?」と感じる人もいるかも。

私の場合は、既にゲットしちゃったので、今後は小旅行時のボストンバッグ等、ストラップ交換可能なケースにおいてはことごとく使い倒していこうと思いますし、使った感じ、確かに交換する意味は感じます。4,000円の価値があるかどうかは、人によるかな...

あと一つ思ったのは、やはりトートバッグは楽ちんだということ。久しぶりにブリーフケースを使いましたが、トートに慣れてしまうと、チャックの開け閉めが煩わしい。手を突っ込むだけでOKなトートは、財布や定期、なんでもカバンに入れて極力洋服のポケットを使わない私の場合は、快適そのものです。もちろん、トートの場合は手を突っ込まれてスリに逢うリスクが高いじゃないかと言われればそうなんですけど、このリスクをどう見積もるかは意見が分かれるでしょうね。私の場合は、盗難対策という面では、カバンの構造というより、カバンそのもののポジショニングが重要だと考えていますので、それほどトートでもリスクは感じません。



F1はついつい見てしまいます。スペインGPではスーパーアグリ(Sato)が8位で初入賞。最後のルノーとのピットストップ含みの争いは見応え100%でした。次のステップは、楽々ポイントゲット、ですね。予選で最終セッションまで残って、そこから1〜2台パス+上位1台程度リタイアで6位安泰とか。時間はかかるかもしれませんけどね。トップ4台の争いも面白い。ライコネンがちょっと落ち気味なので、モナコは一変、ポールトゥウィンあたりやってほしいものです。
posted by LHNMeaning at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足の疲れ

2007年の球撞き 31回(63.0時間)

力加減の練習や、頭・右肩・右腕主体のストロークなど、また新たな境地を徐々に身につけている最中ですが、これはとにかく時間と経験を積み重ねるだけです。ただ、徐々に質が上がっているような気はしなくもありません。

撞いていると、足に結構力が入っていて、疲れちゃうんですね。これは長丁場の試合では効いてきます。多分、これについても自然と力を入れないようなポイントがあると思うので、模索していきたいところ。
posted by LHNMeaning at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

地域特色

今日は洗濯物を干すのが楽しくなるような天気。こういうのを更新している場合ではないのですが、だからといってどうしろと。こういうときに、ゆっくりできる、パリのカフェのテラス席的な場所をストックしておきたいものですが、繁華街を避けてとなると簡単ではありません。

最近気付いたのですが(遅い?)、板橋区というのは、区レベルでいえば、足立、北、葛飾等と並んで、あんまり品の良くない地域だとされてるんですね。住んでいれば全く気付かないのですが、まあそういう面もあるのかもしれません。検証はしていませんが、東京の中にNYのマンハッタンを持ってくれば「東京一危険な区」という扱いになってしまうわけでしょうし、個人的にはどういう地域に生息しようとも結局は個人の生き方次第という感触を得ていますので、人気のない地域に住むと戦略はそう間違ってないように感じます。
posted by LHNMeaning at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

単語チェック

■The transformations of Williamsburg, the Atrantic Yards tract in Brooklyn and Long Island City in Queens are harbingers of this assertive mood.

harbingerは 「先駆者、前触れ」

■Sarkozy jogs but, like Bush, is also a bike rider. Both are teetotalers.

teetotalerは発音「ティートタラ」、アクセントは「ト」、意味は「絶対禁酒者」。なるほど、こういう言葉があったのですね。ともかく、時として飲酒者の破廉恥振りは限度を超えているわけで、NHKの痴漢アナは酒を言い訳にする始末。嫌煙もいいけど、そっちの方もなんとかならないものでしょうか。

■Few are left untainted by Qantas bid debacle

debacleは chaotic failure、breakup of river ice

■When the action items are handed out, I use a certain facial experession to ward them off.

ward offで、「(危険・打撃などを)かわす、寄せ付けない」。wardは名詞だと病棟、監房、区(米)、選挙区(英)、後見を受けている未成年者になるんですね。慣用句だと、walk the wardsというのがあって、これはwalk the hospitalと同じで「(医学生が)実習する」

■In trade deals, happiness is the elusive measure

elusiveは、「(巧みに)逃げを打つ」「わかりにくい、記憶しにくい」。そういえばJohn Higginsも、"I was very successful last season, but during the last few years the number-one spot seems to have eluded me."と言ってましたね。


■Republicans accused Democrats of establishing a "date certain" for America's defeat in Iraq and capitulating to terrorism.

capitulate to は「降伏する」

■Uranium is losing its luster

lusterは「光沢、つや」「輝き、栄誉」

■albeit one with scant original repoting. (Wikipedia's policy precludes original research.)

albeitはいつも忘れます。発音は「オールビート」でアクセント後ろ。意味はeven though。ただし文語表現。scantは inadequate、only or not quite。precludeは prevent something, debar somebody。そもそもdebarは何かといえば、発音「ディバー」アクセント後ろ、「(人に)(〜することを)禁ずる、妨げる」(from)

■Traumatized campus struggles for normalcy

normalcy=normality

■one might characterize as "green lite"

liteは発音「ライト」、containing low amount of something (eg alcohol, calories, sugar or fat) なるほど、コカコーラライトは、このliteだったのか! lightだと勘違いしてました。

■British Airways cut a cameo by Richard Branson from its in-flight version of the latest James Bond film.

cameoはアクセント最初で発音「キャーミオウ」、意味は「珠玉の名場面、描写」。うーん、BAは考えがせこいな...

■Still, London is in a buoyant mood these days, and many Londoners --- count among them Russians, Middle Easterners and Asians of all kinds--- seem impervious to the prices, just shrugging their shoulders, as they eat and drink at stratospheric prices.

imperviousは「(水・空気などを)通さないで、不浸透で」「影響されないで、損傷しないで、耐えて」(to)、buoyantは「浮力のある」「弾力をもった、すぐに元気を回復する」「(価格が)上がり気味の」、stratosphericは、very high, relating to stratosphere。stratosphereは成層圏ですね。だから高い。



IHT購読は、早いもので9ヶ月ほど毎日続いています。カネの無駄だとまでは思わない、ということだけでも進歩だなあと。さて、読み・聞きにしたってまだまだ不完全ではありますが、これからは書きについても少々努力していかないとなあと思っています。喋りは焦る必要はないです、必要に迫られれば何とかなるでしょう。
posted by LHNMeaning at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

当たりはずれ

「現代思想の冒険者たち 07 ウィトゲンシュタイン」および、江上剛「会社を辞めるのは怖くない」読了。

前者はウィトゲンシュタイン解説の中では比較的良書のような気がします。少し思い入れ強いように感じますが、それくらいが丁度いいのかも。現在のところ、ウィトゲンシュタインの意図は「哲学的問題の非存在を示し、世界を楽にしてあげよう」という理解で、どちらかといえば細かい部分ではなく、そのオリジナリティに溢れたアプローチが興味をそそるような感触です。ただ、この印象は今後の学習でまた変わっていくかもしれません。

後者は、私にとってはインプリケーションがゼロでした。古本屋で安かったので手にとってみましたが、至極当たり前の内容に終始。この本の対象読者は、まさに絵に描いたような旧世紀型サラリーマンに限定されるのではないかと思いますが、果たして現代にそういう人がどの程度実在するのか...。まあ、たまにはこういうことがあることは避けられませんね。

posted by LHNMeaning at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

2006-2007シーズン終了

スヌーカーのシーズンは、世界選手権をJohn Higginsが優勝して終了。翌シーズンはまた秋からです。Higginsは1998年以来の優勝。誰もがもっと早くに2度目の優勝をすると予想していましたが、本人も「長かった」と感慨にふけるほど時間がかかった、と漏らしています。

なかなか結果が出なくとも、こういうことだってある(ないかもしれないけど)ということは、自分の中でも頭の片隅に置いておきたいものです。何事もすぐに結果ばかりを求めずに。

2007050901.jpg
posted by LHNMeaning at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

カバンその後

その後、実際に通勤しながらイメージしていますが、やはり電車の中では、網棚に置くか、座れた場合は膝の上に置くわけなので、この場合はあまり負荷は感じないのですね。

すると、荷物を運ぶのは、片道でいえば、家〜駅(1分)、乗り換え(1分)、駅〜オフィス(3分)程度。学校が始まると、駅〜学校の往復で10分ということで、例えば駅徒歩10分のところに家があるケースと比較すれば、持ち運ぶ時間は短い方になるかなと思います。ならば、案外現在のまま、トートバッグを手持ちで、という考え方もありかなと。少なくとも、リュックにするほどではないことがはっきりしてきました。

無印で調達していたバッグインバッグは非常に良い感じですね。必需品がコンパクトにまとまるし、休日にカバンを替える際もバッグインバッグを移すだけでいいので気分的にも楽ちんです。

こう考えると、日常使いにはトートバッグ+バッグインバッグが理想的で、後はショルダー装着可能なトートにするかどうか程度が選択余地でしょうか。その場合、ショルダーは例のOP/TECHストラップ。

探していると、帆布工房のCROSSOVERトートもよさげでしかもリーズナブル。こんど、どっか置いてあるところがあれば手にとってみたいと思います。
posted by LHNMeaning at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

頭・肩・腕

2007年の球撞き 30回(62.0時間)

先日確認した、肩の固定、言い換えるならば頭・肩・右手を中心に撞くというのは、基本中の基本と考えて間違いなさそう。そして、それ以外の余計な部分は動かさない。

また、力加減の問題、ジャストor弱くという意識でのコントロール練習も効果がありそう。これまで、いかにいい加減に撞いていたかを自覚できます。
posted by LHNMeaning at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

理解不足

「現代思想入門」および「現代思想の冒険者たち 28 デリダ」読了。とはいえ、まだまだ私にとっては理解が足りません。周辺の知識や切り口が貧弱なため、言っていることが理解できない部分が多い。そもそも現代思想は19世紀までと違って裾野が広がってますし、デリダの思考の意義というのも全然ピンときません。これは、まだまだ時間がかかりそうですが、ともかくも継続することにつきますね。

posted by LHNMeaning at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家それぞれ

最近、知人が新居を構えることが重なり、私の場合は3カ所おじゃましました。どの家もそれぞれの良さがあるものです。

では私も買おう!ということにはならないわけですが、やっぱりまだ物が少ない部屋というのは気持ちがよく、改めて私も自分の住まいの使い方については工夫したいよなあ、とインスパイアされました。

基本はなんといっても、物を減らすことに尽きます。もともと、物持ちが良いだけに、結構思い切らないと減らすことは難しいかもしれませんが。
posted by LHNMeaning at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

スクリーンセイバー

PCの方は、Vistaにする動機はまったく出てくることなく、まったりとXPを使っています。下手するとVistaの次のOSまで引っ張れそうな気もしますが、まだそこまで言い切ることもできないでしょう。

さて、Slickrというスクリーンセイバーを導入。こちらの記事が丁寧ですね。海外Yahooが買収したFlickrという写真共有サービスから、写真をダウンロードしてスライドショーするだけというスクリーンセイバーなのですが、いろんな写真を見ることができて楽しめます。

なお、登場した写真は自分のHDD内にキャッシュされるので、必要ならそこからコピーして保存しておくことも可能。

液晶は焼き付かないといいますので、スクリーンセイバーはCRT時代の過去の遺物で、現代ではこんな感じで余興としての存在になっていますね。それはそれで結構なことだなとは思います。
posted by LHNMeaning at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

すしおんど

家から徒歩一分のところに「すしおんど」があるので、ちょくちょくいきます。今週は、なんとなくワサビとガリを食べたいモードになりがちなので、2回行きました。

すしおんどは、ネタがでかいとかいうことはなくて、普通の回転寿司なんですが、全皿105円というのは、日常使いにはリーズナブル。8皿食べても、通常の外食と大差ありません。高級ネタは1貫/皿なのですが、私が食べるものはまず2貫/皿です。

基本的には、マグロ3皿、びんとろ1皿、エビ1皿、イカ2皿、巻物1皿といった感じ。とにかく赤身大好き人間で、おまけでイカあたりを食べておけば満足してしまうので、実はすしおんどに行こうが、カウンターのお寿司屋さんに行こうが、満足度はそう変わらなかったりします。となれば、費用対効果は一目瞭然ですね。

更にいうなら、私は実は寿司ネタというのは付随的なもので、メインとしてはワサビとガリを楽しむために寿司を食べるようなものなので、実は寿司自体は何でもいいんですね。まあ、そりゃ築地で赤身を食べれば美味しいな、とは思いますけど、すしおんどと天地ほど違うかといわれると微妙。目隠しして食べ比べると案外わからなかったりするかも。8皿食べていると、オプションの袋入りワサビを3袋ほど消費します。

しかし、それなりにお腹いっぱいに食べても1000円というのは素晴らしい。他の先進国ではありえないことですね。まあ、そのうち海洋資源も危なくなって、安い寿司は食べられなくなってしまうかもしれませんが、その時は、私は納豆ご飯とみそ汁だけでも生きていけると自負していますので、全く不安はありません(笑)。
posted by LHNMeaning at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

S.O.S.Strap 購入

一家に一本は必要でしょうということで、先日言及したOP/TECHのストラップを購入しました。国内定価は4,000円程度ですが、ネットストアで3,000円+送料のところがあったので、そこで購入。到着は連休明けでしょうが、すぐに使う予定があるわけではないので問題ないかと。到着して試用してみるのが楽しみです。

2007050301.jpg
posted by LHNMeaning at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。