2007年07月31日

カバンゲット

やっぱり、ガッコにPCを持って行く機会もありそうなので(グループワーク時とかね)、ショルダー対応トートを調達しました。

2007073101.jpg

結局、モノは、お値打ち価格ながら定評のある(と私が勝手に思っている)Sand Glassの3G53。縦、横は現在使っているPorterのスモーキートートと同サイズ、マチはスモーキーが15cm、今度のは11cmと、少しだけ薄めですが、マチが15cmというのははっきりいって一泊旅行が可能な程度の収容力なので、本が立つのではなくて横に寝そべってしまうわけですね。だから、マチ11cmというのは案外適切なのではないかと。

付属のショルダーベルトも悪くない作りのようですが、こればかりは先日先行してゲットしておいた無敵のOP/TECHショルダーベルトに換装するしかありません。

2007073102.jpg

ただし、通販で買ったので、実物がきてみないことにはなんとも。理想的には、これによって、日用品・ノートPC・教科書を搭載しても軽々と運ぶことのできるカバン体制が整ったと思っているのですが、さてさてどうなることやら。到着は早くて木曜、金曜あたりでしょうか。
posted by LHNMeaning at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペースダウン間近

2007年の球撞き 42回(88.5時間)

会社帰りに知人と3時間。相撞きだと緊張するのかな、前回の一人練習時に比べれば調子はいまいち。でも、やっていいことと悪いことの区別がつくようにはなってきているから、よしとしましょう。

ただ、ガッコも始まることですし、しばらくは息抜き程度の位置付けとしてボチボチ続けていくことになりそうです。
posted by LHNMeaning at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士フィルムが遂に...

とうとう、富士フィルムのCCDシフト手ブレ補正がきました

元々高感度の品質には定評のあった富士のハニカムCCD、手ブレ補正の搭載によってコンパクトカメラでは無敵の地位を狙える条件が整いました。ただ、コンパクト機はレンズが広角ではないので、まだ即買いというわけにはいきませんが、広角自体は一つのトレンドになりつつあるので、冬モデルあるいは来年モデルが楽しみです。

次に買うデジカメはFinepixになる公算が高まってきました。あるいは、他のメーカーの一発逆転があるのかどうか?
posted by LHNMeaning at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

やらない割には

2007年の球撞き 41回(85.5時間)

諸事情で週一に1時間という感じですが、それでも上手になっているような気がするのは、時間が限られていることによる集中力および日頃やれない際のイメージトレーニングの成果でしょうか?

難しいショットをするときは、既に敗戦思考になってラフに撞きがちですけど、そういうときこそインパクトからフォローまで責任持ってキューを出すことで、案外難しいショットがそれなりにまとまるようになってきます。

ブレイクショットはゴルフのスイングの要領で(感覚的ですが)というのもいい感じ。頭・右肩のレベルを左右上下に変えることなくフルショット、というイメージでしょうか。まあ、まだまだですけど。
posted by LHNMeaning at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の花火

今年は足立の花火大会のみで終了ということになりそう。まあ、一度いけば十分でしょうってのもあるし、正直場所取りとかポジションで悩むだけのキャパシティがわたしにはなかったりね。隅田川とかだと「ここならなんとかいけるか?」と思っても実際はマンションが丁度邪魔になって元の木阿弥だったり。

2007072902.jpg

DSC-T9だと、ISO400でEV+0.3、彩度イフェクトをかけてこのあたりが良いところでしょうか。これ以上感度を上げるとノイズで白銀の世界(言い過ぎ?)になってしまうのが悲しい。次のデジコンはせめてISO1600程度まで実用可なのがいいっすね。そうすると、現状、選択肢はFinepixしかなくなっちゃうんですけど。
posted by LHNMeaning at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oceans13

niftyメールとGmailの連携は、現在考え得る限りでは完璧なメールシステムになったようです。世界中いかなる場所からもシームレスに受信・発信が可能、検索性やスパム制御も完璧です。何年この体制でいけるかどうか。いずれにせよ便利な方向には変化していくでしょうが。



Oceans13の、8/4のPublic Previewは大学院とのバッティングで難しい。残念! 8/10以降のロードショーの早い時期にチェックするしかありません。ただし、続編には過大な期待は禁物。むしろ、旧友に再会するんだよ、くらいの軽い気分で望むのが良いんだろうと思います。

2007072901.jpg
posted by LHNMeaning at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

すぐそこにある希望

村上龍「すぐそこにある希望」読了。

雑誌エッセイの集計版なので、サクサク読む感じ。ただ、ズシンとくる問いかけを複数投げかけてきます。答えは....読者が考えろ!ということなんでしょう。

■老後に経済力と社会的尊敬がないと生きるのが辛いというようなアナウンスメントはほとんどない。(中略)貧乏な老人はこれからいったいどうやって生きればいいのか、誰も真剣に考えていないようだ。

■だが社会全体に「どうやって生きていくのか」というモデルがないし、その問い自体もないに等しい。大部分のこどもや若者は、どうやって生きていったらいいのかわからないだけでなく、どうやって生きていこうかと自分に問うことも知らない。(中略)知識やスキルがある人のほうが有利に生きるという状況がはっきりと生まれていて、それはおそらく変わることがない。しかし現状では、そのアナウンスメントは少ないし、共通認識にもなっていない。(中略)わたしは、現代においては、「成功者」を正確に示すことも重要だと思うようになっていた。なぜ失敗したのか。なぜ挫折したのか。その理由ははっきりしている。知識やスキルが足りないのだ。(中略)そういった考え方はいまだ主流ではない。

■北朝鮮と日本が核を撃ちあって損害が大きいのはどちらだろう。(中略)日本は世界で二番目に豊かな国だ。もし核の撃ち合いが損だとしたら、どうやって北朝鮮が核ミサイルで攻撃してくるのを回避すればいいのか。今のところそういった問いさえも、大手既成メディアのどこにも存在しない。

■教育再生会議をはじめ、社会的規範や規律の重要性の指摘は多いが、「どういう風に生きればいいのか」という本質的な問いへの言及はほとんどない。(中略)近代化途上では自明のことだった「近代化に尽くす」生き方をすればよかったし、それは実際に合理的だった。(中略)「どうやって生きていくか」は規範ではなく戦略の問題だ。戦略の論議がなく規範だけが求められることと、自殺の蔓延は無関係ではないとわたしは考えている。


posted by LHNMeaning at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メール体制

niftyメールが5GBになったのは良いのですが、問題だったのは、仕訳フィルタ数の問題と、英語圏からのアクセス性。要望は出していますが、実際にniftyが対応してくれるのはいつになることやら。

てなことで、まずは英語圏からのアクセスについては自己解決を図りました。まず、新たにGmailのアカウントを解説して、

■niftyで受信→Gmailに転送
■Gmailからメールを出す際に、niftyから発信されたようなアカウント設定
■Gmailのインターフェースを英語に設定


以上で、niftyかgmailのwebメールを使いつつ、メールアドレスはniftyのものに統一できる環境を構築することができました。また、メールの検索性もGmailが上なので、検索はGmailで行うことも可能。

スパムフィルタは、niftyのやつもGmailに劣らず優秀なので、全く問題ありません。これで、e-mail環境については落ち着きました。本来であればGmailだけでもいいのですが、Gmailは会社のファイアウォールの関係で閲覧できないという難点がありますので、Gmailだけってわけにはいかんのですね。

後は、niftyのwebメールもファイアウォールに引っ掛かるようにならないことをひたすら祈るだけです。(もしそうなってしまったら、禁じ手ではありますが、OutlookからPOPアクセスするしかないんでしょうね)
posted by LHNMeaning at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰省

今年の夏休みは、ささやかに帰省です。かなりお盆期間チックなのですが、昨日、マイレージ特典航空券の予約ができました。案外とれるものなですね、こんな時期でも。

ただ、行きは羽田→福岡はとれなかったので、北九州に降りてから実家に向かうことにします。
posted by LHNMeaning at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

池袋ヤマダ電機

池袋進出のヤマダ電機を視察してきました。これまではビックカメラの天下だったこともあってか、個人的にはビックカメラで「安い」と感じたことはありませんでしたが、そもそも旗艦店同士が隣接しているという立地もあって、消費者にとってはいい感じの競争をしてくれそうです。

両店とも、オンラインでチラシを見ることができるので、特価品情報も常時ウォッチ可能。

ただ、買うものがないんですよね。まあ、あるとすればデジカメなんですが、先日のパナのTZ3も高感度時のノイズが酷かったり、レンズ保護シャッターが機械的に貧弱だったりと、購入するほどではないですもんね。広角も、28mm相当止まりではなく、もうちょっと頑張ってくれるといいのかな。まあ、コンパクトカメラのサイズで、デジ一並みの写真が撮れるような製品が出てくれば買うかもしれませんが、当面は現行のSony T9で凌いでいこうかなと。そもそも私のデジカメへのスタンスはスナップ用途なので、何でもいいといえばいいのです。ただ、被写体ブレは酷いので、もうちょい高感度は欲しい。フジが手ブレ補正搭載してきたら、ちょっと真剣に考えてもいいかも。高感度での画質は圧倒的ですからね。デジ一買えば?ということになりかねませんが、それは私のスタイルにはそぐわないでしょう。

薄型テレビが売れてますが、これも全く食指が伸びません。そもそも、私の主力ソースであるスカパー!はまったくハイビジョン対応の兆しが見えませんし、薄いといっても結局はAVラックの奥行き(つまりはレコーダ等の奥行き)がボトルネックになるんだから、テレビだけ薄くなっても仕方がありません。しかし、大型化が進んでますけど、結局フルハイビジョンだって画素数は限られているわけなので、大きくすればするほど粗さが目立ってくることについては、みんなどう考えているのでしょうか。現在のハイビジョン規格だと40インチ台がいいところ、60インチなんていくと、画素が目立ってくるようにも思えます。みな、なにゆえ先を急ぐように薄型大画面TVに走っているのでしょうか。

スカパー!を見るには、20インチ台のフラットトリニトロン管でバッチリかなと思う今日この頃です。ただ、ブラウン管は重いので、次回の引っ越し(2年後以降)時には同じく20インチ台の手頃なTVに変えるかも。

てなことで、しばらく大型消費はなさそうです。でも、上記の池袋競合二強のチラシを見るのはささやかな楽しみではありますね。
posted by LHNMeaning at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Picasa導入

Googleが買収後、無料配布している画像管理ソフトPicasaを導入しました。こんなの無料で配られた日には、有料ソフトを販売してるメーカーはたまったものではありませんね。

サムネイル画像のスクロールは高速かつスムーズで、AppleのiPhotoを思わせるような。簡単な編集の操作性も上々で、これは使い勝手がよさそうです。

仲間内の飲み会の写真等をアップロードするサービスも無料で展開しており、Picasaから簡単にオンラインアルバム作成可能で、マニュアル要らずで即座に第一作目完成。まあ、フォトストレージサービスは他にも色々あるでしょうが、ひとまず1GBまで無料というのは常人には十分あまりあります。
posted by LHNMeaning at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

キャッシュフロー経営入門

日経文庫「キャッシュフロー経営入門」読了。

あるところでの本書の売り文句が、「ブックオフでは100円で売っているけど、100万円の価値がある」というもの。確かにこれはうまい!内容は極めて正当派であるんだけど、一応マネジメントを志す人って、本書の内容は片っ端から当然頭に入ってないといけないものばかり。私もわかったつもりではいるけど、まだ漏れもあるので、あと10回くらい読まないといけないかな?

確かにブックオフで100円で売ってました。そして、ファイナンスを自分のカバー範囲の一つにしたいのであれば、30回読んでマスターしておく価値はある内容であることは確かかなと。入門書だけども、良書っすね。

posted by LHNMeaning at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスマネジメント入門

日経文庫「ストレスマネジメント入門」読了。やっぱ、勤め人にはこういう視点も欠かせませんね、ということを最近の経験で知りました。

とはいえ、書いてあることは至極もっともで、即効性があるようなものはありません。ちょっと、マニュアルチックかな?結局、基本が大事ということなので、あとは自分なりに応用してくしかないっすね。

posted by LHNMeaning at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア転機の戦略論

榊原 清則「キャリア転機の戦略論」読了。タイトルはともかく、ロンドンビジネススクールで教えた経験のある著者が、イギリスにはこういうキャリア思考の人がいますよ、という紹介談。一般論化は全くされておらず、個別サンプルの紹介という趣ではありますが、こういう話もありますよ、という観点からいえば、ありきたりの話を赤提灯でいつもながらに聞かされるのに比べれば非常に面白いものがあります。

あと、35歳にして大学院生になることなんて、別になんらたいそうなことじゃないんだな、ということも感じさせられます。その意味では、ミドルエイジ以降の人を元気づける要素も持つ一冊。ブックオフでは100円でしたが、それ以上の価値は十分に。

posted by LHNMeaning at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

回復

訳あって、一時期瀕死(怪我等ではなく)の状態にありましたが、なんとか持ち直してきました。
posted by LHNMeaning at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

論文の教室

戸田山和久「論文の教室」読了。

そのうち論文書かないといけなくなりそうなのですが、本書は、超退屈になりがちな論文指南書の中にあって珍しく、割と眠くならずに読むことができ、内容も簡潔にまとまっている良書かと。

ガッコ向けの論文はもちろん、仕事でも、たまには本格的な報告書を作成することがあるかと思いますが、そういうときに知っておくとありがたい基礎知識が得られます。参考文献の表記法など、知ってるようで意外と知らないんですよね。

posted by LHNMeaning at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーヴィング・シンガー「人生の意味」

アーヴィング・シンガー「人生の意味」読了。

MITの現役教授による、平易な語り口で書かれた「意味論」「価値論」。結論は読んでいただくまでのお楽しみとして、一応本書内の結論に至るまでのプロセスは興味深い部分もありました。現在でも、一応アカデミックな哲学の世界にいて、かつ、こういう本を書く人がいるのですね。

私自身の話に移りますが、これまで、形而上学を宗教よりは上位のものと位置付けていました。その理由は非常に素朴で、理性への信頼およびそこからくる義務感。ただ、最近は、形而上学は宗教と何が違うのか?という考え方になってきつつあります。これは、科学哲学に影響されたところが大きいと思われます。ただ、科学哲学は、「意味論」「価値論」から遠ざかる道でもあります。

価値について、形而上学および宗教で考えを進めるには袋小路感あり。一方で、科学に向かうと逆に価値論からは離れてしまう。果たして、これまで以上に価値を語る手段があるのかないのか。案外、科学サイドから何かブレイクスルーがあるかもしれませんが、具体的にどういうことかは全く説明不能。さて、どうしたものでしょう...

posted by LHNMeaning at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税金使ってのオナニー

「日本は美しい」53%=「美しくない」43%−内閣府調査
7月5日23時3分配信 時事通信

 政府は5日、安倍晋三首相が政権構想の基盤に据える「美しい国づくり」に関する特別世論調査の結果を発表した。それによると、現在の日本について「美しい」と回答した人は53.3%だったのに対し、「美しくない」は43.0%に上った。若い世代で「美しくない」と答えた人が過半数を占めており、内閣府は「いじめや虐待などの報道に接し、現状に問題意識を持っている人が多い表れ」としている。
 調査は、日本の「美しさ」に対する国民のイメージを探り、国内外に向けた日本の魅力発信などの施策づくりに役立てるのが狙い。5月24日から6月3日にかけ、3000人の成人男女を対象に実施し、有効回答率は60.9%だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000220-jij-pol



よくありますよね、非常に抽象的で、何ら具体的なインプリケーションが得られない調査。あちこちにこういうのは存在するわけで、それはだいたい、権限を持つ人間が自己満足のために実施することが多いです。部下も、なかなか「そんな調査やって何の意味が?」とは言い辛いですよね。だから、仕方なくやってしまう。私は、この手の調査を「オナニー調査」と呼んでいます。

無論、私自身がその片棒を担いだことだってないとはいいません。ただ、私企業がやるのであれば、それはその私企業に無駄が生じたというだけのことなんですが、俺の税金を使ってやられると看過できないものがあります。てことで、備忘録としてこうやって残しとく次第。

人間の組織では、どうしてこういったオナニー調査が頻発するのか?というのも、一つの社会科学のテーマになるように思えます。
posted by LHNMeaning at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆっくりモード

2007年の球撞き 39回(83.5時間)

そろそろ、球撞きのプライオリティは下げざるを得ないので、一週間ぶりに一人で1時間。何も望まず、虚心坦懐にやっていると、案外いい感じ。なんか、武道に通じるような側面もあるように思えてきました。

力を入れては駄目で、ちゃんと狙って、真っ直ぐストロークできるように構えれば、あとはキューに仕事をさせるだけ。キューの重さを手球に乗せるだけ。

ブレイクショットだけはちょっと別なんですが、よく考えると、ブレイクショットって、ゴルフのショットに似ているような。当たらないかもしれないという不安は、実はあって当然なんですね。でも、不安を持ってスイングしても良いショットは出ません。ちゃんと振り切れる、かつ、球に当たるように練習を繰り返せば、ちゃんと当たるようになるんだろうなと。ヘッドアップしないとか、体の特定の部位の高さを変えないとか。なんでこれまで気が付かなかったのだろう...
posted by LHNMeaning at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

80年代

どうも忙しい(と私の心が感じている)状態が続いていますが、こういうときは、全てやろうとするとロクなことになりません。逆に、不要なものはどんどん切り落とせばいいのですね。最後は衣食住しか残らなくなりますが、それはやりすぎ。こういったセルフマインドコントロールは重要です。間主観的な思考をすることが大切という意味でもありましょうが、これについてはまた改めて。



ちょっと古めの歌を聞いていますが、悪くありませんね。電車の中で音漏れさせながら聴くには勇気がいりますが...

ウェディング・ベル(Sugar)
渚のはいから人魚(Kyon^2)
Love Is All(椎名恵)
聖母たちのララバイ(岩崎宏美)
愛・おぼえていますか(飯島真理)
等々。

小泉今日子は、今あらためて聴いてみると、確かに当時のアイドルポップス歌手の中では、ちょっと違う何かを持っているような感覚があります。当時はあまりわかんなかったけど、色気みたいな何かかな。単に上手い・下手といった狭い了見じゃなくてね。こういう面があるだけで、なんとかポップ音楽って、アートの領域に踏みとどまることができているのではないでしょうか。最近のシンガーは、技術的には上手い人が多いと思いますが、それを目的にしちゃうと、音楽がアートではなく単なる技術になってしまうことを、若い本人たちは気付いているのかどうなのか。
posted by LHNMeaning at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

niftyへ要望

晴れて5GBになったniftyメールですが、折角なので要望を出しておきました。丁重なお礼が返ってきましたが、すぐに反映されることはないでしょう。ただ、言わないより言った方がましということで。要望は2点。

■フィルタ数が50は少ない

いわゆるoutlookでいう仕訳ルールですが、niftyメールの場合、1フィルタあたり1キーワードのみなので、1ルールに多数のキーワードを指定できるoutlookとは必要なフィルタ数が違います。恐らく、50だとメルマガ系の仕訳ですぐに一杯になるので、これはなんとかしてほしいなと。

■英語版のページも作ってほしい

海外だと、まだまだ日本語フォントが入っていないPCも多いため、日本語オンリーのサービスだと、そういうPCからのアクセスが事実上不可能です。まあ、アメリカ等だとそう不便もないのですが、トルコでは全く日本語は駄目でした。入力ができないのはまだしも、メールチェックさえできないのはきついです。読むことさえできれば、あとは英語でもローマ字でもいいからなんとか発信もできますしね。生涯使うメールサービスを視野に入れると、英語圏でのアクセス性も重要かなと。

以上が、ひとまず足りない点なのですが、その他は容量はもちろんのこと、スパムフィルタにしたってGmailに劣らず優秀で、非常に可能性を秘めたサービスだというのが現状かと思います。まあ、別にGmailでもいいんですが、実はGmailは現在の職場では何かの制限に引っ掛かってアクセスできないんですよね。Gmailに落ち度はないのですが、こればかりは現状どうしようもありません。
posted by LHNMeaning at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

存在と苦悩

ショウペンハウアー「存在と苦悩」読了。うーん、これはまだ読んでなかったなと思いつつ、読み進めていたのですが、なんだかどこかで読んだことのある感じがしながら最後まできてしまいました。

あとがきを見て判明したのですが、これは要するに彼の著作の寄せ集めであり、彼自身として「存在と苦悩」というタイトルがあるわけじゃないということ。納得です。

久しぶりに読んでも、ペシミズム形而上学全開で、私にとっては、色々と訴えかける力が強いですね。ただ、これは科学なのかどうか?という点では、もうちょっと研究していかないと判断できないなあ、という考え方をするようになっただけ、私も少しは前進しているのかもしれません。

posted by LHNMeaning at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内食継続中

いつの間にか、家でご飯を食べ始めてから1ヶ月以上経ちました。人と会っているなどの事情が無い限り、外食をしていないように思います。休日のランチ等は別ですけど、平日は全て、自分で炊いたご飯と、買ってきたおかずだったような。

献立例としてはこんな感じ。
・ご飯(0.8合くらい?)
・納豆
・マグロ赤身刺身(スーパーで半額)
・温泉玉子 1個
・生野菜(スーパーのカット野菜)
・永谷園ゆうげ(やっぱ赤だしでしょう)

実は下手な外食より満足感高かったりするよな〜と、当面はこの状態が続きそうです。まあ、一人暮らしならコストセーブにはあまりならないはずなのですが、今月(私は25日締め)に入って10日間の食費合計が6,000円に達していないのには驚きました。まあ、昼食を軽めにしているのと、今月はまだ米を買ったりしていないせいだとは思いますけど。

仕事で遅くなると、色々半額になっているのは良いのですが、カット野菜が売り切れていることが多い。在庫管理のシビアな商品で、仕入れは慎重になるのでしょうが、もうちょっと在庫を持ってほしいなあというのは我が儘でしょうか。
posted by LHNMeaning at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

単語チェック

■Prime Minister Gordon Brown called for heightened vigilance Sunday after Britain raised the terrorism threat alert to its highest level...

vigilanceは watchfulness, the condition of being watchful and alert, especially to danger

■just a fraction of the time and up to one-tenth the price of incorporating a fund in drearier climes like Delaware.

climes(通常複数形)で、地方、国。あるいは気候、風土。

■The industrial side of the ledger looks bleak,

ledgerは financial record book、「元帳」。bleakは unwelcoming, discouraging, cold and cloudy

■White House subpoenaed over wiretraps

subpoenaは発音「サピーナ」、「召喚する、召喚状を発する」

■Fujita squandered a four-shot lead but...

squanderは use something wastefully, strew(scatter) something
posted by LHNMeaning at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お国柄

International Herald Tribuneの片隅の記事に、ドイツ・インド・日本・南ア・米国、それぞれのアクセス上位サイトトップ10が出ていました。

日本は、Yahoo, FC2(意外), 楽天, Google, Niftyというベスト5。

インドは、なんと"Yahoo.com"が一位です。これ、英語ですよ。また、二位はGoogle.inなのですが、三位がGoogle.com。あと、6位はMSN.comと、英語サイトが普通に上位に入っています。

ドイツは、GoogleとICQ以外はドイツ語サイトで、実はそんなに英語ができるわけでもないドイツらしい。

南アは、トップこそGoogle.zaですが、2位はGoogle.com, 3位はYahoo.com, 4位がMSN.comときています。

インドと南アの英語圏へのアダプタビリティ、恐るべしですね。
posted by LHNMeaning at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

グッジョブ、@nifty

ふと気付いたのですが、@niftyのwebメールの容量が、無期限、5GBに増量されました。Gmailの容量を一気に2倍にする規模のサイズアップで、これで今後の全てのメール(巨大添付ファイルのメール除き)は@niftyのメールボックスに置きっぱなしにすることができます。メールボックス検索の快適さがGmail比でどうなのかについては不安がありますが、このあたりは日進月歩なので、ユーザーから不満が出るようであれば、ちゃんとした検索を実装するのではないかと思います。

2007070201.jpg

これまでの@niftyメールボックスは100MB程度でかなりショボショボ、もはやメールアドレス変更が面倒臭い以外の理由でniftyに留まる理由は喪失していたのですが、これによって引き続き@niftyを利用し続ける積極的な理由が生まれました。これまで、@niftyユーザーは、Yahoo等他プロバイダの快進撃を指をくわえて眺めるだけだった感が強いのですが、これで一気に形勢逆転といった趣です。

この際ですから、@niftyで光ファイバーにしましょうか。
posted by LHNMeaning at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

エアコンは一段落

本日、業者の方がいらっしゃって、エアコンのガス漏れ対策について診断してもらったところ、現状、明確に漏れている箇所が検出できないとのことでした。前回の、ガス充填時の担当者の方とは違う見解ですが、検出できないのでは対策が打ちようありませんので、ひとまずはこのまま使い続けるしかありません。今夏は大丈夫でしょうから、また来年の夏にどうなるか、ですね。

ちなみに、冷媒にかかる圧力は、暖房運転の方が大きいとのこと。なるほど、だから暖房運転の方が消費電力も大きいわけですね。今回もゆえに暖房でガス漏れチェックをしたのですが、どうも、どこかから漏れているようには見えないとのこと。だとすると、これまでの頻繁なガス漏れ(毎年)は何だったのかなあと。

ただ、これ以上はどうしようもないので、また来年どうなるか、ですね。

posted by LHNMeaning at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。