2008年05月31日

H.264

悪戦苦闘の中、ひとまず、TVキャプチャ(MPEG2)→H.264/AACへの変換環境をフリーフェアで構築できました。MPEG2だと、1Mbpsとかでも低画質の部類なのですが、H.264はビデオ256kbpsでも、多少ブロックノイズは感じるけど十分視聴に耐えうる感じで、なかなか優れた規格のように思われます。当面は500kbps程度で良いのかなと。H.264にしておけば、それほどHDDの容量も食わないし、Quicktimeがサポートしているので長期的に視聴可能だと思われます。ただ、シークした時の反応がイマイチスムーズさに欠けるところがありますので、その改善策については引き続き調査していこうといった感じですね。
posted by LHNMeaning at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来週からクールビズだが、等々

来週からはクールビズ期間ですが、今日はそれを嘲笑うかのような涼しさですね...。とはいえ、もう6月になりますので、嫌でも暑くなっていくんでしょうけど。しかし、このクールビズというやつ、外国ではどんな感じなんでしょう。期間を決めて、お役所が大号令をかけて、社内で通達が出て、なんかいかにも日本人チックだなあと感じるのはきっと私だけではないでしょう。ロンドンのシティの人は、多分真夏でもスーツを着てるんでしょうし、シリコンバレーの人は一年中ジーンズです。それぞれ、そういうカルチャーが醸成されてきた結果で、どっちがいいということはありません。で、日本はどうなのよ?というと、結局はどうにも第二次世界大戦時のマインドセットが引き続き残っているような、まあこれが日本が自ら醸成してきたカルチャーなんだといってしまえばそれまでなんですけどね。



昨晩、今朝と、引き続き動画関係の各種ソフトの挙動と格闘していましたが、ひとまず、「振り返れば奴がいる」の再放送を、録画不能になったHDDレコーダにかわってPCに録画して保管するという短期的目的についてはあるていど目処が立ってきました。ただ、まだ試行錯誤しないといけない点はあるんですけどね。再放送は6月下旬なので、まだ時間は残されているので、いろいろトライアンドエラーを繰り返しながらその時を待ちたいと思います。どうにもこうにもうまくいかない場合は、市販の動画編集ソフトという最後の手段もありますし、そういったことも睨みつつ。

録画不能になったHDDレコーダですが、現在の我が家での本質的な役割は、スカパー!チューナーとPCのTVキャプチャユニットの間のアダプタに成り下がっています。当然のことながら、スカパー!チューナーとPCユニットを直結すれば、もうHDDレコーダの存在価値はゼロになるわけなんですが、それでもなぜHDDレコーダが粗大ゴミ行きを免れているかというと、現状の複雑かつ部屋を横断するような配線体制をいじるのが面倒臭いから、この一言に尽きます。これって、なんだか、世渡りにも通じるような気がしますね。本質的には組織にとって不要なんだけど、現状では外してしまうとちょっと面倒だなあ、仕方がない、じゃあそのままにしとくか、みたいな。



自分が体験したこともあって、うつ病の方のブログをROMさせてもらってますが、その中で更新頻度も高く、前向きに頑張っておられた方が、再休職になってしまったとのことです。なかなか精神病の難しさを感じさせられます。ただ、その方は、月に一度くらいはうつ病の揺り戻しがあって会社を休まざるをえないといった状態であり、私の場合は、復職後は肛門手術の際を除けば、無欠勤、特に揺り戻しがあるわけでもないので、症状的には私の方が軽度というか、幸い順調ではあるのでしょう。現在のところは、うつ病前に比べて、ちょっと肩こりが強くなったかなあということ、あとは、再発予防の服薬をやめても大丈夫な状態に戻ったのかどうかわからない、というあたりが気になるだけで、毎日生活している分には、ほぼ元通りのパフォーマンスが戻ってきたように感じます。フィジカルな病気も当然辛い(私の場合は肛門科)わけで、タレントの有野さんも肺に膿がたまったとかで休養されていて、辛さは察するにあまりあるのですが、精神疾患はまた別次元の辛さがあります。一応、医学の世界では精神疾患も脳のフィジカルな乱調によるもの、という解釈になっておりますが、人間の主観的感覚からいえば、精神疾患とは自虐的に言ってしまえば(これは、私自身に対して言っていることで、私以外の患者さんに対する言葉ではありません)、頭がおかしくなる、自分で自分が制御できなくなる、端的にいえばそういうもので、これもまた独特の辛さがあります。それに、予防もなかなか難しい。精神疾患は、誰もがなりうるものですから、一応、健常な人でも予め病識を多少持っていて損はないと思われます。

ちなみに、前パラグラフのROM、いにしえのniftyフォーラムで、read only member(たしか...)の略としてROMといっていたのですが、恐らく現在は限りなく死語に近くなっているかも。個人的には、ROM、大いに結構だと思います。そういうこともあって、私はmixiのあの「足あと」という機能だけはどうしても好きになれません。何も、誰が閲覧したとかいうところまで見せなくても、精々、名称不詳のアクセスログ的なところまでで十分な気がしますけどね。別にそれだけでmixiを全否定するつもりはなく、私も一つのプラットフォームとしてmixi IDは持っていますが(友達は少ないけど)、私は足あとは一切チェックしていません。ROM、おおいに結構、それがインターネットっちゅうもんじゃないの?というのが私の考えなんですけど、これだけネットが普及すると、まあいろんなタイプの人が入ってくるわけで、いろいろ問題が出てくるのも致し方なし、かなと。



さてさて、私が現在所属する会社は、今年度中にはクジラのような会社に飲み込まれるという方向性が決まったわけで、まあこのことは、理論的には可逆なんですけど、現実としては非可逆であることは疑いの余地なしです。さて、こういうとき、飲み込まれる側のトップや幹部の方々は、従業員に対しては、本音はどう思っているかともかく、立場上は「大船に乗った気持ちでOK」としか言わざるを得ないわけです。しかし、それを真に受けるのは、ちょっとナイーブなんでしょうね。

経営学の基礎の基礎からいっても、M&AのNPVをプラスにするためには、NPVがプラスである従業員を雇用するというのが原則です。そして、大抵の場合は、NPVがマイナスの従業員をカットする場合、そのしわ寄せのファーストステージは、被買収企業の従業員がターゲットになるのは間違いなしです。まあ、企業の風評等も考慮すると、いきなりポルポト派のごとき大虐殺が行われることはないにせよ、現実はそんなに甘くはないよ、という認識が必要なんだと思います。

で、これいったことは、資本主義世界で従業員という立場にある限り、それは永久に避けることのできないリスクなんですね。あまりひどいことをやってしまうと問題になったりしますが、原則論としては、やっぱり従業員というのはあくまでコスト、あるいは無形資産であるわけですから、最終的にはその評価はドライになされていくわけです。だったら、従業員という立場を継続するのであれば、常にNPVがプラスであるべく自分をブラッシュアップしてないといけないし、あるいは従業員という立場から飛び出して、それでもなんとか生活に必要なキャッシュを生み出せるようにする、そういったことが必要なんだろうなあと再認識しているところです。

こういう再認識を、現実に自分の問題として把握することができたのは、まあ副産物ではありますけれど、吸収されたことによって得られた良い部分かなあと思っています。人生いろいろ、その中には種々アンコントローラブルな要素も多いわけですから、そういったリスクも踏まえた上で、じゃあどうすんの?ということをもうちょっと自問していこうかなというところです。クールビズのところでも触れましたが、日本に良いところは多々あるものの、同時にもうfed upだよ、という部分もまたあるよね、というのが正直なところで、そういったこと含め、改めてプランニングしていかないとなあと。



血栓性外痔核の方は、おかげさまで順調な予後を見せており、昨日夜に最後の坐薬を投入。そんでもって異常が感じられなければ再診の必要はありませんよ、というのが前回の診察でしたので、いったんここで肛門科および坐薬とはしばしのお別れということになります。折角、坐薬の挿入技術も磨かれてきていたわけで、一抹の寂しさはありますが、これは前向きな別れということでシャンシャン、ですね。
posted by LHNMeaning at 11:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

気持ちはわかる

アナウンサーの川田亜子さんが自殺との報道。ある記事には、完璧主義で頑張り屋とも書いてあったので、本当のところはわからないものの、やっぱりうつ病かその他の精神疾患かなあと想像できます。経験のない方にはなかなかわからないでしょうが、こういうことって、やっぱりあるんですよね。気持ちというか、状況というか、そういうところは、ある程度理解できます。
posted by LHNMeaning at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

動画はむずい

動画ですが、いくつかフリーソフトを試したりしているのですが、TVキャプチャで録画したファイルが、WMPでは普通に再生できるけど、フリーソフト上では再生できなかったり、いきなりのところで躓いてばかりです。コーデックとかの問題かしら?まだまだ鍛錬が必要です。
posted by LHNMeaning at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

禁断の領域へ

さて、HDDレコーダが壊れた以上、私に残された録画手段はPCのみということになったのですが...。動画というのは、ゲームと並んでPCの最高のパフォーマンスを要求する禁断の領域です。これまではあまり動画を扱っていなかったので、とりあえず現在のマシンスペックでも十分なんですが、動画をやり出すということは、HDD容量を無限に消費し、最高のCPUパワーが求められ、メモリも(恐らく)多めに搭載する必要がある世界。

今のところ、種々の動画フォーマットについても疎いので、少々学習が必要です。現在は、フリーウェアでも各種便利なものがあるようなので、どういう局面にどういうソフトを使えばいいのかについての理解も進めなければなあと。

ただ、動画の保存性を考えると、互換性に乏しいHDDレコーダよりは、PCで管理するというのが王道ではありましょうから、HDDレコーダの故障を逆にチャンスと捉え、自分なりの環境構築を進めていきたいなあというところです。
posted by LHNMeaning at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

振り返れば奴がいる(フジ721)

本日届いたスカパー!の無料情報誌を見ていたら、なんと、フジテレビ721で「振り返れば奴がいる」の再放送が6月に予定されているではありませんか!

本ドラマ、私の中ではトヨエツと藤原紀香の「危険な関係」と、1,2を争う名ドラマです。もちろん私の主観ですが...。問題はHDDレコーダーが故障して録画不能なこと。うーむ、PCで録画するしかないかなあ。

2008052101.jpg
posted by LHNMeaning at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタグフレーション

小麦粉値上げの影響でしょう、愛食しているヤマザキの「チョコチップスティック」が9本入りから8本入りに変更されてました。一方で賃金も大して上がらず、金利も上げられず、ということで、なんだかスタグフレーションの初期段階という感じがしてきました。



ジャケットのボタン交換は無事完了。完璧です。ただ、もうすぐクールビズなんですけどね。快適な気候ってあっという間に過ぎてしまいます。



作成中のスライドは700枚を突破。千里の道はまだまだ続きます。



以前からそうですが、ビデオカードの調子は相変わらず。たまーに、正常表示されずにリセットせざるを得ないことがあります。いい加減むかついたら交換しようと思いますが、その際はついでにメモリも増強してしまうと手間が一回で済みますね。
posted by LHNMeaning at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

サザン休止

サザンが休止宣言で、それなりのニュースになっていたようですが、たしか昔も休養期間があったし、もともといつ活動しているのかもよくわからなかったわけで、今後も桑田さんのソロプロジェクトなどあるだろうし、ファンの一人ながら、「そっか〜」程度ですね。

ニュースでは、「いとしのエリー」や「TSUNAMI」等のバラードが取り上げられていましたが、個人的には、「マンピーのGスポット」のPVでハゲカツラをかぶって歌う桑田さん、このあたりが真骨頂じゃないかなあと。

2008052001.jpg
posted by LHNMeaning at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンカ堂

会社で、気付いてみると、ジャケットの袖のボタンが一つ、欠けちゃってました。スペアボタンは存在しません。うーん、これはいかんなと思って、思い当たったのが池袋キンカ堂。仕事帰りに寄ってみると、ボタンコーナーに沢山のボタンが。どれが他の既存ボタンに似ているかよくわかんないので、店員さんに聞いてみると、即座に「あー、これはあれですね。ちょっと値段が張りますけどいいですか?」と、既存のボタンにうり二つのボタンを出してくれました。水牛なので、プラスチックよりは高いですが、高いといっても199円(笑)。

後は、家の近所にリフォーム専門店がありますので、そこにボタンと一緒に上着を預けました。急ぎかと聞かれたので、そこそこ急ぎだとありがたいと応えると、「今日?」とまた驚く回答。さすがにそこまで急がせるつもりはありませんので、明日で十分です、ということでひとまず完了です。ボタン付け代は210円。ワイシャツのボタン程度なら自分でやってもいいんですが、ジャケットとなると仕上がりとコストを考慮するとリフォーム屋さんに出した方が合理的かなと。



今日は通院で、フレックスで早めに退社でした。どうも、最近は、住居費、通信費、食費、それに加えて医療費程度しかお金を使っていないような気がします。あ、あとユニクロですね。



メモリの方は、既述のフリーウェア「メモリの掃除屋さん」を入れたところ、まあ快適に運用できています。これなら、当面はというか、XPを使い続ける限りにおいては、1GBでよいのかなと。それにつけても、今のところ私はVistaにしたいという感覚が全くありません。実際どの程度普及が進んでいるものやら。
posted by LHNMeaning at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

またユニクロで買い物

先日取り上げた、スタイルアップストレートパンツですが、実は最初に2本購入した後も、そのあまりの履き心地の良さに、たまに店舗で在庫残りをチェックして追加購入していました。本日も1点だけ発見しましたので、購入。これで合計4本です。確かにタグにはUNIQLOと書いてありますが、そのデザインやクオリティは、例えばプラダの1本10万円のパンツと遜色ないと個人的には思っています。

2008051701.jpg

加えて、これもまた既に2枚もっている、ホワイトのリネンコットンシャツ、こいつがセールで990円だったので、追加で2枚(全部ホワイト)ゲット。色物だとあれですが、ホワイトなら、リネン特有のシワ感が独特の雰囲気を醸しだし、オフィスでもプライベートでもいける感じです。このシャツもまた、例えばアルマーニの1枚25,000円とかのシャツと比べても見劣りしないのではないかというのが個人的評価です。

2008051702.jpg
posted by LHNMeaning at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肛門科は卒業かな?

本日は肛門科へ。経過は良好で、今後はひとまず2週間、坐薬1日1回を継続し、特に何もなければもう来院しなくていいですよ、とのこと。血栓性外痔核は、医学界でも、なぜ発生するのかわからないそうです。そういう意味では、うつ病も、はっきりした発症メカニズムは全くわかっていません。あくまで帰納的に「うつ病になりやすい性格」等が語られていますが、演繹的にどうして脳に異常が生じるのかは説明がついてません。

まあ、肛門科はそれほど大袈裟なことではなくて、一安心です。通院前は、何がなんだかよくわからないので、最悪のケースは肛門癌なんてことも想像しちゃいましたから...。



愛用していて、ここでも過去数回とりあげた定食チェーン「おはち」ですが、木曜日に行ってすきやき定食を注文したところ、肉がいきなりゴムみたいな粗悪品に変更されており、結局一切れたりとも食べることができませんでした。仕方がないので、みそ汁、豆腐、こんにゃく、タマネギなど、肉以外のおかずでご飯をたいらげました。

基本的になんでも美味しい美味しいと食べちゃう私ですが、そういう私が一切れたりとも食べることができないのですから、その不味さ加減がわかろうというものです。出す方も出す方、よくこんなの客に出せるなあという感じですね。以前は、とても美味しいお肉だったのですが。

しかし、おはちに対する総合的な評価は変わりませんので、懲りずに金曜日も利用してしまいました。ただし、「この店で牛肉系は注文してはならない」という教訓とともに。



Win XPならメモリは1GBで十分で、それ以上積んでもあんまり意味がないよというのが定説だったかと思うのですが、最近、動画編集系のソフトなど使うと、メモリ不足が出るようになってきました。メモリも安くなったので、2GBに増設するのはたやすいのですが、当面はメモリ管理のフリーソフトを導入し、しばらく様子を見てみようと思っています。プロセス管理を開いてみると、起動直後で50以上のプロセスが走っており、ちょっと多いかなとも思いますが、精査してみると、明らかに不要なものというのは見つかりませんでした。



今日は、病院通院のついでという言い訳もあるにはあるのですが、ジャージにサンダルで池袋まで足をのばし、東武百貨店に寄ったりしてしまいました。現在のところに引っ越してきてから3年程度ですが、私の中では池袋は既に「パジャマでも行動できる、いわゆるご近所」の域に達してきたのかもしれません。
posted by LHNMeaning at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

果てしないスライド作り

仕事の一環で、パワーポイントでスライドを作成中です。3月途中から、仕事の合間を見ながらシコシコ作り、現在620スライドくらい。単発品としては、私の中では文句なしに最大枚数。ロードマップ通りにいけば、1,000枚の大台を超えることになりそうです。まあ、何かの記念にはなるでしょう。

お尻の予後を診察してもらうため、次の土曜日の予約を取ろうとしたところ、既に午前中は一杯ということで驚きました。午後に確保できたので、事無きを得ましたが。慣れとは恐ろしいもので、もうすっかり坐薬も生活の一部となってしまってます。坐薬って体温で溶けるんですね。初めて知りました。ということは、熱帯地方では、坐薬は冷蔵庫に保管とか、そんな感じなんでしょうか?日本でも、直射日光浴びたら体温以上の温度になることもあるでしょうが、そういう注意書きって書いてあったかな?
posted by LHNMeaning at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

余命14年

Death Clockというサイトで余命を計算してみたら、私は2022年11月に死ぬ模様です。余命約14年。まあ、平均寿命よりはだいぶ早いけど、その程度まで生きられるのなら十分かなという気もします。あと、問題は死に方ですね〜。ちなみに、正確を「悲観的」から「普通」に変えると更に17年寿命が延びるようですが、ショーペンハウアーの厭世論を突き抜ける境地に至っていない私は、やはりまだまだ悲観的範囲から脱却するのは難しそうです。

2008051301.jpg
posted by LHNMeaning at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

予後はまあ良好

さて、肛門の方ですが、予後はいまのところ良好です。ただ、一週間は坐薬使用との診察だったので、今週いっぱいは坐薬が必要。また、元々便秘がちなため、適時便秘薬(漢方)を使いながら、当面は患部にあまり負荷をかけないような注意が必要でしょう。

これで悪材料出尽くし、となれば良いのですが...
posted by LHNMeaning at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

またまたマニアックな診療科へ...

色々と悪いことは続くもので...

GWの最終日あたりから、若干お尻に違和感があったのですが、GW明けの水曜日に出社して帰宅後に自分で触診してみると、明らかに異常な物体の存在を確認!

早速木曜日の午前中に、肛門科に出撃しました。先生は見るやいなや、「あー、これは切開だね」とあっさりしたもの。診断は、「血栓性外痔核」。即座にオペ室に移動し、痛烈な麻酔注射の後、切開して血の塊を取り出してもらいました。私は元々は便秘がちではありますが、痔の気はなかったのですが、ネットで色々調べてみたところ、痔の気がない人も、突然なっちゃったりするみたいですね。

今のところは、手術後の痛みも治まり、化膿止めの飲み薬、および人生初体験の坐薬を一日2回注入している状態です。坐薬を処方された瞬間は、緊張が走りましたが、実際にドキドキしながら挿入してみると、案外なんてことはありません。けっこう思いっきり押し込んでしまえば、その後は異物感もなく、なんだ、想像より大袈裟なものではないなあと、多少安心しています。

精神科に続き、肛門科も制覇。なんだかマニアックな場所に行きがちな今日このごろですが、精神病も、血栓性外痔核も、だれしもがなりうる、かつ予防も難しい病気なので、ご自身でなにか異常を感じることがありましたら、即刻受診してみることをおすすめします。精神科も肛門科も、なんてことはない、普通の病院となんら変わりません。女性の看護師さんの前で下半身裸になるのは、通常感覚だと恥ずかしいと思うのかもしれませんが、肛門科を受診せざるを得ない状況になった時点で、そんな羞恥心などに構っている場合ではなくなりますので、特に恥ずかしさもありませんでした。自動的に開き直ったというのかどうか。

まあ、入院が必要なタイプの重度の症状ではなかったので、不幸中の幸いと考えることにしましょう。
posted by LHNMeaning at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

連休も終盤

高速道路の信じがたい渋滞(しかも有料!)や、成田空港の混雑具合を見るにつけても、私は勘弁願いたいといったところです。まあ、それでも事情があって里帰りしないといけなかったり、この時期でないと海外旅行にいけなかったりと、みんな理由はあるんでしょうが、それにしてもちょっとね、という感じです。ということで、5/4の入園無料日に新宿御苑に行ってきました。

2008050602.jpg
posted by LHNMeaning at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

需要と供給

さて、いくつか服を出品していたヤフオクですが、半分ほどは落札、開始価格近辺で落とされたものもあれば、意外な高値をつけてくれたものもあり、一方では安値スタートにもかかわらず未落札再出品となったものもあり、なかなか読めないものです。GW中は一部を除き銀行振込がストップしていますので、連休明けに決済確認した後に発送。今日あたりに落札分は梱包しておこうかなと。

相変わらず通勤中はモーニング娘。なぞを聴いていますが、「ザ☆ピース」「恋愛レボリューション21」「I Wish」「ハッピーサマーウェディング」といった、いわば中期前半というのでしょうか、このあたりは非常に名曲だと思われます。いにしえのおニャンコクラブなどは、正直歌唱力に???があったものですが、モー娘の場合は、まあそれなりに歌えるメンバーが多人数でコラボしてるってところが、いわゆる通常のアイドル系楽曲との違いなのかなと。
posted by LHNMeaning at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ronnieが3度目の優勝

2008050601.jpg

スヌーカーの世界選手権、Ronnie O'Sullivanが3度目の優勝ということで幕を閉じました。

これで夏まではスヌーカーもシーズンオフとなります。
posted by LHNMeaning at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

閉塞感

2008年の球撞き 22回(42.5時間)

GWですが、まったり。ということで一人で1時間。特に目新しいこともなく、良くも悪くも現在の実力通りだなあという状態です。何か、ブレイクスルーのキッカケが必要なのかもしれません。
posted by LHNMeaning at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スヌーカーファイナル

決勝はRonnie O'Sullivan vs Ali Carterとなりました。今日のロンドン時間から明日にかけて、2日間にわたるファイナルが始まります。
posted by LHNMeaning at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

スヌーカー世界選手権セミファイナル

現在セミファイナルが進行中。O'Sullivan vs Hendryは、Hendry 4-1リードから、一気にO'Sullivanが11フレーム連取で現在12-4。もう一試合のCarter vs Perryは始まったばかりで両者互角といったところ。
posted by LHNMeaning at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。