2008年10月30日

数えてみるもの

特に理由はないのですが、思い立って、mixiの写真ストレージに、これまでに行った海外の各都市の写真をアップしていたら、なんやかんやで60都市近くになるみたいです。比較的遅い海外デビューの割には、それなりに行ったものですね。ただ、ここから100都市となると、なかなかきつそうです。あと40都市も、いったいどこに行けばいいというのか。
posted by LHNMeaning at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iGoogleがポータルの座に肉薄

気がつけば、iGoogleがかなり良い感じになっています。メールをGmailに統一した影響も大きいかと思いますが、ガジェットが充実してきてます。Google系サービスは通常は英語版で使っていますが(海外での日本語非対応PC用という、極めてレアなケースへの備え。トルコのカッパドキアで日本語表示が全く不可能で残念な目にあったから)、ガジェットは英語のもの、日本語のもの、織り交ぜることもできますね。日本の方がいいものもあります。例えば、天気予報。最初は海外のガジェットを使ってデフォルトでTokyoが表示されるようにしていたのですが、なんか実際の天気と全然違うんですね。これには閉口して、現在は日本の天気ガジェットを使うようにしています。日本ならやっぱこれが安心。てなことで、現在のガジェットは以下のような感じ。

-Gmail
-Google Reader
-NIKKEI NET
-Financial Times
-Google News(Eng)
-The Wallstreet Journal
-New York Times
-BBC News UK
-CNN.com
-The Washington Post
-Wired
-Yahoo辞書
-Wikipedia
-Dictionary.com
-Dictionary.com Word of the Day
-Pinpoint Weather Japan
-雨雲レーダー by Yahoo
-Google Map Search
-Google Calender


もっと色んなガジェットが存在するとは思いますが、これだけでも、非常に便利。ネットのニュースもこれまでは面倒臭いからあまり見てなかったのですが、iGoogleにしてから、上記各サイトのヘッドラインを一覧できますので、朝起きてザッとニュースチェックするのがむしろ楽しみなくらいになりました。紙の日経だけ読むより余程良いのでは?

これまでは、「とりあえず」Yahoo Japanをポータルにしてましたが、そろそろiGoogleにスイッチしてもいいかな、と思い始めてきました。



本日をもって、注文していたVBA関連書籍10冊が到着。これで12,000円は安い。ちなみに、安さ優先でOffice2003や2007は避け、2000〜2002対応版で揃えましたが、VBAはOffice97になるときにメジャーアップグレードしてからというもの、極めてマイナーな変化しかありませんので、なんとなれば97対応でもいいくらい。それくらい97の時点で完成度が高かったと。ただ97まで溯らなくても、2000や2002でも世間的には旧版ということで叩き売られているので、これはありがたいというしかありません。

Windows7は、なかなか良いみたいですね。Impressの記事で、「Windowsが3.0から3.1になったときのような感覚」と表現していましたが、これは上手い例え。私も、Windows7の時代がやってきたら、いいかげん乗り換えることになると思われます。
posted by LHNMeaning at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12c 初日使用感

初日だと使用感も何もあったものではないですが、お約束通り、ついつい最初の数値を入れた後に、四則演算子を入力してしまいます。慣れの問題もあるのかもしれませんが、レジスタのイメージを持ちながら使うと、習熟が少しは早まるかもしれません。説明書はまだ途中までしか目を通せていませんが、なかなか楽しめそうではあります。
posted by LHNMeaning at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

明日・明後日が書籍到着ピーク

日曜夜に10冊発注した本のうち、本日到着したのは2冊でした。思ったより少ないかな。恐らくは明日水曜日がピークで、一部は木曜日ってことになりましょうか。明日に集中したとしても、8冊ならギリギリ郵便受けに入るはず(配送方法は郵便かクロネコメール便)なので、大丈夫かなと。

一方で、近所の書店で、ふと思い当たることがあたって、なぜかこれまで未読であった「ベルトーチカ・チルドレン」を購入。何十年も前の本なのに、近所の小さい書店に置いてあるってことは、それなりに売れてるのか、それとも売れ残りなのか、これはよくわかりません。ベルトーチカは、多数意見としてはヤな女、という評価がされていますが、私はそんなに嫌いでもありません。そのあたり、本作ではどう描かれているのか。
posted by LHNMeaning at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説現代 3〜9月号

連載小説誌に手を出してしまいました。真山仁「レッドゾーン」を読みたくて、ついついたまらずに。単行本化まで待てないというジャッジメントです。こういうときの助けになるのは公営図書館。一応、9月号まで完了。10月号は現在予約中(インターネット経由)。11月号は最新号なので、貸出禁止状態だから図書館にいけば多分読めると思います。発売日は毎月22日が基本なので、次は12/22ですか。11月号は出たばっかということですね。黒木亮「エネルギー」は単行本化まで耐えましたが、今回は無理でした。しかし、他に何本も連載を読むほどには時間がないので(まずは12cのマニュアル!)、読むのは「レッドゾーン」だけです。内容についてはネタバレ厳禁期間中ってことで、ノーコメント。ただ、今後も読む気満々ということは、本作も一級のエンターテインメントになってるってことは感じられるかと。



posted by LHNMeaning at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HP 12c Platinum Black 到着

ジュライとAmazonのタッグは素晴らしく、予告通りT+1でデリバリーが完了しました。海外製品にありがちな、これでもか!というくらい頑強なブリスターパッキングです。Shureのヘッドフォンなんかも同様ですね。開封時は負傷に気をつけなければなりません。

2008102804.jpg

パッケージのうたい文句はこんな感じ。

2008102803.jpg

買ったばかりだからかもしれませんが、上々の質感で、会社支給で13年間使ってきたCASIOの事務電卓と比べると、モノが違うという感じです。キーもたくさん。財務屋さんの端くれなので、上段の方のキーの意味は概ねわかりますが(AMORTとかIRRとか)、使い方は全くわかりません。とりあえずマニュアルを読まないと。下の方は、意味不明なキーも多いです。SSTとかSTOとかRCLとか。STOは、絶対に、stands for "Space Tornade Ogawa"ではないはず。

2008102805.jpg

それなりに分厚いマニュアルがついています。まあ、関数電卓だとこれくらいのマニュアルは大抵付いてるもんなんでしょうね。本当の付属マニュアルは英語ですが、親切にも日本の代理店が日本語訳を添付してくれてます。英語でもいいんですが、日本語訳があるのはありがたいものです。

2008102806.jpg

これまで使っていたCASIOは有効数字12桁なんですが、12cは10桁。できれば12桁ほしいところだったんですが、本当に有効12桁必要な計算なんて極めて限られているはず。まあ、100億円ロットの現先利回り計算くらいでしょうか。ローンの場合は、金額が何千億あろうとも、有効数字は少ないから浮動小数点でいけますね。有効12桁MUSTな状況になったら、CASIOのワンポイント救援か、Excel様に登場願いましょう。

マニュアルをざっと見ると、プログラムを組めばブラックショールズとか計算できるみたいですが、それがどの程度面倒なのかは未知です。基本設計は30年くらい前の機種ですものね。果たしてプログラム入力したとして、保存されるのか?これはさすがにできますよね...。まあ、まずはマニュアルに目を通しましょう。
posted by LHNMeaning at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内科診察

風邪かな、と思いつつ、熱が出るわけでもなく、ひたすら咳が止まらないという状況が1月ほど続いています。まあ咳が出るだけなら別にいいんですが、よく考えてみたら、職場や電車内での周囲の人は気味が悪いだろうなあと今さらながら反省して、本日、内科に行ってきました。

問診でサクッと処方箋が出て終了かな、と思いつつ、「一応レントゲンもとって肺を見てみましょう」という展開に。これは、あまりいい気がしないものです。いわば、"何ごともなければつかの間の安心を得られる"という些細なプレミアムでオプションをショートにしている状態。当然、オプションがDeep ITMになった暁には、「肺ガンです」とかいう診断があるわけで。行った病院は設備も今風で、レントゲン撮影が終了するやいなや診察室にとってかえし、即座にPC上にレントゲン写真が登場。変な影とかがあったらやばいな、と思いつつ、「パッと見は問題なさそうですね。よくみてみましょうか」と言われながら、PCだけに拡大も自由自在で、写真をアップにしながらレントゲン写真の肺を隅々まで観察されるのはなかなか妙な気分でした。それに、まあ明らかに黒点のような物があればそりゃやばいんだろうとは素人でもわかりますが、実際の見方なんてわかんないから、医師が拡大したレントゲン写真を凝視しながらスクロールしていくのは、ドキドキものです。

まあ結論としては何ごともなく、軽い気管支炎でしょうから、咳止め痰止めを1W処方しますから飲んでみて、それでもまだ収まらないようだったらまた来てください、との診断。処方はメジコン15mm(おくすり110番)とムコソルバン15mm(おくすり110番)。薬価はこなれていて、6.8円/23円程度。やっぱ、SSRIのジェイゾロフト(25mmで130円くらい)がいかに高かったかというのが良くわかります。従って、診察+クスリ代で2,500円程度で済みました。
posted by LHNMeaning at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噂によれば貧乏区認定

ドラマ「セレブと貧乏太郎」は、以前書いたように、個人的にはタイトルとあらすじを見た瞬間にこれはいくら上戸彩さんのファンとはいえども、見るに堪えまいということで見ていないのですが、噂では、どうやら貧乏サイドのアジトは板橋区になっているようで、それはまさしく私が住む区というわけです。この部屋を借りた際の重要な要因はコストパフォーマンスだったわけで、まあそれがドラマの設定的にも承認されたということなんでしょうか。

最近、上戸さんが雑誌の表紙を飾る機会が多いです。ドラマに合わせたPR活動なんでしょうね。まあ、週刊アスキーは誰が表紙であろうが買いますが...。読売ウィークリーは表紙50%、「夫婦の賞味期限」50%といったところです。

2008102801.jpg

2008102802.jpg
posted by LHNMeaning at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

IE8 Beta2

とりあえず、IE Beta2を導入してみました。(Microsoft) IE7とは置き換えになるみたいなので、これでIE7とはお別れです。

しかし、導入したはいいものの、何が変わったんだか、よくわかりませんな。てなことで、やっぱりブラウザはSafariでしょう(メモリ激食いという点はおいといて)。ノートPCのように、メモリ容量に制限がある環境だと、Google ChromeかFirefoxか。IEは、それらで表示がうまくいかないときのラストリゾート、という役割。マイクロソフト、大丈夫でしょうか?
posted by LHNMeaning at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HP 12c Platinum Black

先ほど、July.co.jpのAmazonストアにて、HP 12c Platinum Blackをディールダン。350円のプレミアムを払ってT+1の受渡しにしたので、明日到着する、はずです。なぜ電卓に12,000円も支払わなければならないのか、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、数十年前は電卓が月給2ヶ月分とかした時代もあったらしく、それでも買う人がいたわけです。てことでいいですか?(笑)



独り者だから、家庭に財務大臣がいるわけではないのですが、仮にいたとしたら、こういう使途はどう認識されるんでしょうか?稟議書の書き方次第かなあ?



昨日Amazonマーケットプレイスで10冊買ったと書きましたが、マーケットプレイスゆえ、10冊それぞれ違う古書店/出品者との相対取引になります。決済だけAmazon登録のカードで実施。本日、各出品者から一斉に発送のお知らせメールが到着しており、なかなか壮観でした。そうそうお目にかかれない光景でしょうね。
posted by LHNMeaning at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonマーケットプレイスで大量購入

思えば、VBAでバリバリ開発していたのは、1999年頃であったでしょうか。その後は、どうも偉そうなことを言いつつも、その遺産で食ってきた側面もあるように反省し、ここでもう一段ステップアップしようということで、AmazonマーケットプレイスでVBA関連書籍を10冊発注しました。合計で12,000円程度なので、新刊を買うよりはだいぶお得に済んだのではないかと思います。

個人的には、初学者の方は、本を読んでもつかみどころがないので、具体的に仕事上で解決したい些細なポイントを、いちいちネットのTIPSサイトで調べながら徐々に経験値を増やしていくことをオススメしているのですが、私のように多少慣れた人にとっては、"何がわかってないのかを知る"という意味で、本にざっと目を通し、忘れた点や、これまで逃げていた点に、改めてトライするのもいいのではないかという目論見です。

火曜日から水曜日頃にかけては、郵便ポストは大変なことになっているものと思われます。
posted by LHNMeaning at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ターンエーの癒し

富野由悠季「ターンエーの癒し」読了。多分、絶版本なんだと思うのですが、こういう本も気軽に中古で売られているAmazonマーケットプレイスは凄いなあと。ここで中古もなしだと厳しいんですけどね。知りませんでしたが、富野氏も種々の外的要因に揺らされる中、自分の中であれこれという思考や葛藤を繰り返すうちに、鬱状態に2〜3年陥っていたとのこと。やっぱ、色々考えてしまう人ってのは、そうなっちゃうんだろうなあという気がして、メランコリアってのは古代から存在してて、やっぱどの時代にもそういう人ってのも沢山いて、解釈の仕方によっては、それもまた生きる上で避けられないことなんだろうなあということが言えるかなと。私も、前職を振り返る意味で、かつて作成した企画書とか報告書とか眺めていましたが、うーん、これは鬱病になるな!というようなもので、まあこういうことをやれているのであれば、たまに鬱状態になって休んだりしても案外帳尻が合っているんではなかろうか、などと勝手な納得をしているところです。前の会社がなくなってから、「昔テメエが作ったあの資料、まだ残ってない?」という発注が早くも2件入り、1件は納入済。そもそも、PCのまっとうな使い方が正しく普及されていれば、そもそもこういう発注をせずとも各人が勝手に入手できていたはずなのですが、まあその普及が妙な形でなされているおかげで、こういう受注という形になって、まあ昔やった仕事もそんなに酷いものでもなかったのかな、と感じることができるのは、怪我の功名かもしれません。

富野氏の考えていることは、ちょっとつかみ所がなくて、よくわかりません。日々経験を通じて変わっているところもあるでしょう。私に近いところがありそうな気もするし、いや、そうじゃないようにも思えます。あれこれ考えちゃう人は、色んな思考実験を無意識のうちにやっちゃうこともありましょうから、その系統の人は、なかなか一言では捉えがたいということかもしれません。



posted by LHNMeaning at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーライル

鈴木貴博「カーライル」読了。帯に「経営陣とともに成長戦略を担う真のビジネスパートナーは、銀行でもコンサルティングファームでもコンサルティング会社でもなく、PEだった」とありますが、これは私が最近感じていたことと同じだったので、なーんだ、もう世間でもそういう理解になってるんだな、という思いをしながらも手に。中身は、ちゃんとわかった人が、ちゃんとわかって書いているということで、相応に楽しめますし、なぜPEなの?という読者が一番関心を持ちそうな問いにも全体を通して答えているように感じます。ただ、よく考えてみれば、PEの機能というのは、日本の商社および一部の事業会社が本来から持っている機能じゃないか、という気もします。ただ、商社や事業会社だとどうしても本体の動きとの関連からの縛りが出てくるので、ある意味流動性供給という意味で、独立したPEという存在も必要なんだろうなあと感じていますが、どうでしょう。



posted by LHNMeaning at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠のガンダム語録

「永遠のガンダム語録」読了。セリフが150収録されているのはいいけれど、基本的には見開きに一つのセリフが取り上げられて、そこに解説というか、数名のライターの「感想」が書いてあるわけで、こちらの部分はあまり面白いものではありませんでした。だったら、感想はほどほどに、300個セリフを集めた方が良かったかも。相対的に、以前とりあげた「評伝シャア・アズナブル」の秀逸さが際だってしまう読後感となりました。しかし、"評伝シャア"は、本作と比べるまでもなく、凄いデキだと思います。



posted by LHNMeaning at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

スーツ2着 2,100円

本日は、THE SUIT COMPANYの、1シーズンのみ着用のスーツを2着、合計2,100円でヤフオクにて落札。黒とグレー1着ずつで、同じ出品者から落札なので同一梱包、しめてスーツ2着で3,000円未満でゲットできたことになり、またまた今年のone of the best dealsとなった感があります。

H&Mとか、日本上陸するとやけにもてはやされますが、ああいう系統は、海外にいけばどこにでもあったりするので、何ということはありません。過去のバナリパしかり、Old Navyなんかも来れば最初は話題にはなるでしょうし。ただ、私の感覚では、あの価格ゾーンであれば、ユニクロが最強です。物的にも、ユニクロは基本的なものを一通り押さえているため、ユニクロでのコーディネートに納得がいかないとすれば、もはや、GAPやH&Mとか、かぶるところに駆け込んでも致し方なし。

日本人は、私服はユニクロ、仕事着はオンリーかスーツカンパニー(その他は後続なので性根がダメ)。これでどうしようもなければ、コムデギャルソンかヨージヤマモトかイッセイミヤケを最後の防衛戦とするべきで、これが大和魂。



30代も後半になってきて、職場も変わったことだし、「さらにできるようになったな、」という感じの電卓を物色していますが、一体全体何を買えばいいのやら分からなくなってきました。それにしても、Webサーフィンしてると、電卓マニアの多いこと。敬愛すべき人たちです。知る限り、電動シェーバーのマニアサイトは一つしか知りません(それも多分閉鎖?)が、電卓系は結構たくさんいるんですね。海外の掲示板で、$1を切る中国製の関数電卓が発売されたことに関するスレッドとか見てるのもまた楽しいものがあります。なぜ電卓でそこまで盛り上がることができるのか??

ひとまず、HP 12cのエミュレータをダウンロードして使ってみました。(Educalc.net)人生初のRPN方式にチャレンジ。1+1=2の計算を、1 enter 1 + と入力すると、ちゃんと"2"が出てきて、ゾクゾクします。うーん、やっぱ一度HP電卓にトライかなあ?(1+1で電卓使うなというツッコミはなしで)

2008102501.jpg


posted by LHNMeaning at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SSD

現在進行形のパーツといえばやっぱSSD。私の購入性向からすると、まだまだ買う時期は先の方ということになるんですが、とりあえずRAID0のやる・やらないを同条件で考えると、高速SSDの性能はHDDを圧しており、2〜3年後には、システムドライブには高速SSD、データドライブにHDDというスタイルが一般化するのではないかと思います。あと、ポイントは、私は恐らくはWindos7登場まではXPで走ると思いますので、Windows7の所要容量がどの程度になるかということですね。

現在は、ノート等で用いられている激遅の小型HDDの代替としては、耐衝撃性含め、かなり有効になってきていますが、対3.5インチHDDという面ではまだ価格考慮したところでのアドバンテージは小さいため、当面は高速HDDをシステムに、大容量HDDをデータに、という構成がコストパフォーマンス的にはいいところでしょう。

てなことで、しばらくの間(2年程度?)はSSDについては忘れておけば、気がついたころには衝撃的な世界が待っているのではないかなと思います。
posted by LHNMeaning at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

今週リスタート

ということで、いつのまにやら、"気がつくと転職"みたいな状況になっています。といっても、これ自体は別段どうということはないような感じです。環境が変わることによるマイナス面が強調されがちではありますが、環境が変わることによって楽しい面もあるし、新しいアサインメントももらうしで、案外こういう方が適度な刺激があって、かえって良いのかも、という見方もできます。そういう観点では、漫然と、日々変わらぬことをやりながら過ごす方が、精神衛生上悪いという解釈も可能かと思います。諸先輩方は、とりあえず一度転職しちゃうと免疫ができる、と教えてくださいましたが、それもなんとなくわかるような気がします。もちろん、私の場合は、新職場に応募して、採用決定後に辞表を出して、といったプロシージャそのものは通ってないわけなのですが、まあ似たようなものかと。良い経験になることでしょう。

あと思ったのが、数日前まで、ちょっと勘違いしていたかもしれません。シャア風にいえば「○○はやはり許せぬとわかった」、カミーユ風に言えば「本当に排除しなければならないのは、・・・」、アムロ風にいえば「本当の敵はあの中にいる」、そういったところで、ちょっと気付くところがありました。まあ、何のことだかわからないかと思いますが、わからなくて大丈夫です(笑)。



しかし、格付け会社っていうのは何なんでしょうね。まあ、色々と言い訳してるようですが、自信を持ってAAAをつけていた債券があっという間にジャンク債以下になってしまうような事実について、誠実な姿勢で、正直、レーティングした本人もどう思っているのか聞いてみたいもんです。リーマンの際は、「つぶれる直前も、十分な流動性は確保していた...」なんて言い訳してましたが、この現実を目にして、なぜ流動性がキミの基準で安全だという水準にあることが本当にAAAになるという因果関係をどう正当化するのか。理由になってません、ということですね。格付けの限界が露呈したのは今回が初めてでもないのですから、要は、バイサイドが格付けなんて無視して、自分で判断すればいいんです。うーん、それだと、今度はバイサイドが言い訳できなくなっちゃったり、結局は格付け会社と同じような言い訳をし始めるから、永遠のループが始まるだけなんでしょうか。なーんてことをほざいておりますが、じゃあ俺が第二のミルケンになってやる!とレバレッジかけて買い出動する勇気もない私はまだまだっちゅーことですよね。
posted by LHNMeaning at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

Gmail移行完了かな

Gmailへの過去メール集約は一旦完了。まあ、OEやOutlookに分散していたので、果たして全てちゃんと移行できたのかどうかは微妙なところですが、概ね移すことができたでしょ。約20,000メールで、1.2GB。現在のGmailの7GB超のストレージにはまだまだ余裕があります。まあ、1通数メガクラスの、毎日配信されるマーケット情報メールとかを蓄積したりしない限りは、そうそうメールだけでGB単位の容量消費には至らないってことですね。これで、フロントはnifty、実体はGmail、という環境でほぼ不自由なくなりました。Gmailは常時英語インターフェースですので、地球の果てからでもネット接続のPCさえあれば使えないことはないでしょう。あとは、niftyとGoogleが倒産しないことを祈るだけです。世界は金融不安に揺れていますが、Googleの被害は、広告収入が多少落ちるくらいで、甚大なものではないでしょう。Googleへの脅威は、やっぱGoogleを凌駕する技術と先進性を持った企業の登場、ってことですね。Microsoftも、Googleに対しては、今のところはNetscapeをいじめたときのようには簡単にいってませんし。
posted by LHNMeaning at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜMSIMEを使わないといけないのか

会社のネット環境でちょっと思うことあって色々試してみたのですが、Gmailはおろか、iGoogleもGoogleカレンダーも遮断されてしまっています。無料オンラインストレージ系も全てダメ。うーん、言わんとすることは一つの考え方として否定はしませんが、私はどうも好きになれませんね。思いっきり性悪説です。まあ、Winnyとかであんだけ流出事件とか起きていれば、仕方ないんですけど、ああいう局地的な問題を全体的な問題と解釈されてしまうと、それなりにセキュリティリテラシを身につけながらネットと付き合っているユーザーさえも容疑者扱いされてしまうのは、どうしたものかなあと。

あと、日本語入力。企業のシステム責任者は下記の状況をしらないのでしょうか?

最近の「MS-IME」は目に余る――よろしい、ならば「ATOK」だ (+D PCUSER)

ああ、自宅みたいにATOKを使いながら、仕事をしてみたい...



Zガンダム、今見直してみると、回やシーンによっては作画が酷いときもあり、それは古今東西指摘されているところですが、まあ資本主義の世の中、クリエイターサイド以外からの予算や時間の制約もあったのでしょうから、仕方ないんでしょう。中には、作画が卓越している駄作もあるわけで、こんな感じで時としてはやっつけ仕事になりながらも、こうして歴史に残っているのは、やっぱ凄い。英国人の友人曰く、英米ではスターウォーズ信者ってのは多く、彼も「スターウォーズは10回見るのがMUST」と言っておりますが、日本人はやっぱ冨野ガンダムでしょう!
posted by LHNMeaning at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

OASIS CLIPS

VMCでOASISのクリップ集が放映されたので見てたのですが...

たしか、Noelは「ビデオクリップ作るのなんて大嫌いだ!」と言っていたような気がするのですが、3時間連続でビッチリと作りまくってるじゃないすか...。まあ、現代の音楽業界ではいやだから作らないなんて言ってられないという面もありましょうし、そもそもNoelの言うことを真に受けちゃいけないのかもしれませんが。

別番組では、懐かしいですが、UnderworldのBorn Slippyなんかも放映されていて、なかなかスカパー!の音楽系チャンネルは楽しめます。
posted by LHNMeaning at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Brazil GPは祝前日

F1中国GP、地上波はまだ未放送かもしれませんが、既にニュース等では流れているでしょうから、喋ってもいいでしょう。結論としては個人タイトルは最終戦ブラジルGPに持ち越し。私は基本的には北米・南米は時差がきついのでLiveでは見ないのですが、11/2(日)は文化の日の前日なので、Liveで見ても問題がありません。まあ、昨年みたいな逆転劇があるかどうかはわかんないですけどね〜。
posted by LHNMeaning at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生、しょせん運不運

古山高麗雄「人生、しょせん運不運」読了。連載途中で著者が亡くなったため、途中で終了したところまでをまとめたエッセイ集です。人間、自分の力で本当になんとかなっているのか?ということに対する一つの考え方で、私もさすがにこの歳になれば、おっしゃることはなんとかわかります。そして、それは「人生自分だけで生きているわけではないから、周囲の人々に感謝せねばならない」という、本音ではそう思って無くてもそう言っておけば場が収まる、そんなことを言ってるわけでもない。そもそも、周囲の人だって、果たして自分から礼を言われるようなことをやっているのかどうかとなると、それもまた同様に断言はできないわけですね。さはさりながらも、多少なりとも自分次第だといえるのは、「人との接し方」だけだとも言います。出会いは自分ではコントロールできない部分も多い。



posted by LHNMeaning at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PE 6つの教訓

「プライベート・エクイティ 6つの教訓」読了。最近たどり着いた考えの一つに、資本主義社会において最も素直な(最も、合目的に活動している)業態というのは、広義のPE業界ではないか、ということです。事業会社というのは基本的には"satisfactory underperformance"であることを良しとしています。コンサルタントというのは、結局はそういう事業会社からの発注で食べています。FAS系は分析はするけど、基本的にはバリューアップまではまた別案件、というケースが多い。金融のファンドマネージャーは絶対収益には目もくれずにベンチマークとの競争に明け暮れている。広義のPE以外の業界というのは結局は資本主義のコアな部分から、言い訳をしながら逃げている、そういうことなのではないのかな、と。反論歓迎です。



posted by LHNMeaning at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

フリーのOCRソフト

Smart OCR Lite (窓の杜)

これが無料? 操作もシンプルで、読み取りボタンでスキャンしたら自動でOCRがかかるので(最近のCPUパワーならOCRも一瞬)、あとは好きな形式(PDF等)で保存するだけ。これでOCR透明テキスト埋め込みPDFの完成。なぜ、企業のスキャナに類似の機能を実装しないのか...。不思議です。

ところで、新しく勤務することになった会社は、恐らくは南極大陸を除く全ての大陸での勤務可能性が大小はあれ存在するのですが、70〜80年前に日本の名も無き一兵卒はガダルカナルとかに行ってたわけですから、それを考えると、別にどこに飛ばされようが、構うことはありません。
posted by LHNMeaning at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

職務経歴書

まだクビになったわけではありませんが、このご時世、そうそう楽観もできないなあと思い、ひとまず職務経歴書を作ってみました。これはこれでなかなか楽しいものです。簡単な、社会人期間限定の「自分史」みたいな感じ。

で、知人に、人事をやっている人がいて、これまで無数の経歴書を読んできたと豪語しておりますので、経歴書案を提示して教えを乞うことにしました。どういう指導があるかわかりませんが、こういうことを頼める人がいるってだけでも、知己というのはありがたいものです。

Gmailへの過去メール集約はまだ終わりません。一方、Gmailの常時同期バックアップは順調に動作し、蓄積も完了しましたので、こっちはこれで一安心。突然Googleからアカウント削除されたりしてもまあ大丈夫でしょうか。メール集約は、あと一週間くらいかかるかもしれませんが、まあ一度やってしまえばこちらのものなので、気長にいきましょう。

そういえば、最近バタバタして作成が滞っている、コーポレート・ファイナンスのスライド、1000枚を目前にしたところで足踏み状態です。ここまできたら内容はともかくとしても大台には乗せておきたいので、今度の週末あたりにちょっとやってみようかなあと思っています。数だけ多くてもしょうもないってことはわかってますが、同一テーマで1000枚のパワポを作る奇特な人間はそう多くはないでしょうから、まあそれも一興かと。
posted by LHNMeaning at 01:04| Comment(4) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

リヴァイアサン無視

そういえば、昨日は病院にて、久しぶりに傘をパクられました。私自身は、傘をパクったことはないのですが(パクられた人の困る様を想像すると、できない)、パクられたことは10回くらいはあるんじゃないでしょうか。もちろん、パクられたくなければ、傘立てに置かずに、自分で持ってればいいのです。ゆえに、昨日なども、パクるならパクってみろ!と確信犯的に置いておいたら、そうなってしまったと。

だからといって、むかつきはしません。いいじゃん、これぞ人間の自然状態、万人の万人による闘争って感じで、やっぱ人間って17世紀から変わってないよね、ということを感じられて逆に心地いい。もちろん帰りは雨に濡れましたが、十分にペイします。変にナイーヴでいるよりも、なんだ、みんなリヴァイアサンに自然権の譲渡契約なんてやってないじゃん、くらいの気持ちで世の中見てた方がいいんだろうし、そういうことを再確認できた良い出来事でした。


posted by LHNMeaning at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

灼熱の脱出

Gmailへの集約は引き続き継続中。10日かかるというのは伊達ではありません。現在、13,000通程度格納しました。これでも600MBに過ぎないんですけどね〜。仕事関係だと添付メールが重くなるからもう少し容量食うんですが、プライベートだとテキスト中心なので、こんなもんでしょう。もう数日かかりそうです。

そんなことをやりながら、先日サントラを借りたことにインスパイアされて、TV版のZガンダムを見ていたのですが、改めてこれは名作ですね〜。誤解を恐れずに言ってしまえば、Zガンダムを見ずして人に非ず、みたいな。言い過ぎか? 第20話「灼熱の脱出」は、一般的にも評価が高いですが、なるほど、と思わせられます。完全復活をみせるアムロ、フォウとカミーユ、そして「カミーユ、宇宙へ。 さよなら」。挿入歌に森口博子「銀色ドレス」、青空を切り裂くブースターの排煙(回転する空がまたいい)、ブライト「機械は使うな、目を使え!」。地球→宇宙、MarkII→Zという面でも、中盤のクライマックス。ただし、これは子供には理解できません。

posted by LHNMeaning at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「へんな会社」の作り方

近藤淳也「『へんな会社』の作り方」読了。「はてな」の近藤さんですね。CNETのブログに連載した内容の加筆版、とはいってもずいぶん前に出た本ですが、ちょっと機会があったので改めてということになりました。

「はてな」、社内会議の公開に象徴されるように、"オープン"に高い価値を置く風土を軸にしながら試行錯誤中。最近は少々露出控え気味のように感じますが、最近のはてなはどうなんでしょうか。オープンであるということは衆愚制型に繋がるわけで、実際はそれではダメだということは当時のはてなもわかっていて、意見は聞くけど決めるのははてなだ、ということで、オープンに価値を置きつつも、寡頭制的になってこざるを得ないわけで、だとするとオールドタイプとの違いは一体なんなんだ、ということは現在進行形のテーマなのだと思います。この辺、もっと深めていけそうな。

アインシュタインの「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う」という引用をラストに持ってきているところなんか、いいですよね〜。実際は、18歳までに身につけた偏見+成人してからもムラ社会に入り浸ることで身につける偏見、ということを言いたいのかもしれません。

posted by LHNMeaning at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

「うつ」をやめれば、楽になる

フランク・ミナース+ポール・メイヤー「『うつ』をやめれば、楽になる」読了。全米ベストセラーとありますが、キリスト教と精神医学が入り交じって私には少々理解しがたい内容。最後の決めぜりふが「神の第一の法則は愛です!」です。ところで、アキバでは「ネ申」と書いて、神と読むらしいですね。これが即座にわからない私も、ヤキがまわってきたということでしょうか。

ところで今日は精神科通院日でしたが、もうめんどくさければ来なくてもいいし、来たければ来てもいいですよ、という診断で、玉虫色ながらも病院サヨナラ決定、ということになりました。今にして思えば、人間、一旦地獄を見ることほど強いものはないんじゃないかと思います。てなことで、またボチボチやってまいりましょう。

posted by LHNMeaning at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

メール環境構築中

ここにきてGmailと心中する腹を決めたということで、現在、すべてのメールのGmail集約+バックアップ中です。移行方法およびバックアップ含めた運用環境は確定して、現在はデータ転送中。サーバー負荷の問題から、個別のアカウントに与えられる処理量の問題からか、数時間経っても全然終わりません。噂では、それなりにOutlookに貯め込んでいたメールをGmailからフェッチして移行完了までに11日かかったという人もいます。まあ11日といっても、勝手にサーバーがやってくれるから、全然気になりませんけど。それにしても1999年あたりからのメールが全て同一のメールボックスに格納され、それが一瞬で取り出せるというのは、素晴らしいことです。現在も付き合いのある友人との、2000年頃のやりとりを見てみるのもこれまた楽しい。自分は「若いな」と思う。他人は、案外今と違和感なかったりします。それは、やっぱりなんだかんだいって自分と付き合っている時間が長いから、ちょっとした違いでも目立ったりするっちゅーことですね。それにしても、Outlookに残っていたのが仮に1999年以降のものとして、それ以前のメールはどこいっちゃったのかな?

私は、当時は金がなかったので、1995年にWin95を導入できるような身分ではなく、1998年くらいまではWin3.1で、うーん、ひょっとしたらまだインターネットも高いから、nifterm使ってniftyベースでメール使ってた(というか、他にメール使っている人もまだ少なかったような気がしますし)かもしれません。とすると、さすがにniftermのデータとか残しているような記憶は全くありません。積極的に捨てたという気もしないんですけど...。今思えば、ちゃんと残しておけばよかったなあ、と。いずれにせよ形式が形式だけに、吸い出しも難しそうなんですけどね。

この保存性が、要はデジタルだよね、というのが個人的見解です。取捨選択せずにデータを残し、探すのはコンピュータにやらせる。紙を取捨選択して保管しておいて人間が探す、というPC以前の世界からの一つのパラダイムシフト。違うかな?
posted by LHNMeaning at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。