2009年06月30日

映画版「秘密」

立て続けに、映画版「秘密」鑑賞。21時に帰宅すれば映画1本見るくらいはなんとかなります。若干小説とは違う部分もあって、一言でいえばmoderateにしたってことなんでしょう。

さて、原作共々ひっくるめてしまうと、一つの見方として、人間の関係性というものを、こういう風に書くこともできるんだなあと感心。科学の世界に行ってしまうと、人間の関係性なんてものは、あってもなくてもいいもんだ、ということになっていて、世の中全体的には気付かないような速度でゆっくりとそちらに向かっているということになるんでしょうけど、こういう見方でこうした作品に触れてみると、それって片手落ちなのかもしれないなあと再考させられるし、世間をみるとバリバリの思想家がフツーに結婚して子供を持ってたりすることに若干違和感があるのですが、そのあたりの違和感と相通じる論点なのかもしれません。

現時点での我々の認識は、西暦5000年の人々からみると不完全であろうことは確実に近い。だとするなら、唯物論と観念論が対比概念ではなくて、融合するなんていう日がくるのかもしれませんね。私自身、読んでて感情移入しちゃう時点で、かなり立ち位置を揺らされてしまっているわけで、この年齢になってその有様でどうすんのよ、と嫌になりますが、それはそれで現実として受け止めるしかないんですよね。

秘密 [DVD]
秘密 [DVD]
posted with amazlet at 09.06.30
東宝ビデオ (2000-09-21)
売り上げランキング: 5084

posted by LHNMeaning at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

会えなくても & 遠くても

WISE feat.西野カナ「会えなくても」、西野カナ feat.WISE「遠くても」、なかなかいいんじゃないでしょうか? ラップってあんまり聴かないのですが、J-POPにうまく挿入されてるようなのは案外効果的。カナさんの声も良くて、最近売り出し中のシンガーの中では個人的評価としてはトップ級なんじゃないかなと。上記2曲は、同じ曲の別バージョンと思われますが、両者のバランスがいいのは「会えなくても」の方かな。

LOVE QUEST(初回限定盤)(DVD付)
WISE SPEECH Salyu May J. 西野カナ BEAT CRUSADERS TARO SOUL Hiromi
ユニバーサル・シグマ (2009-05-27)
売り上げランキング: 2314


遠くても feat.WISE
遠くても feat.WISE
posted with amazlet at 09.06.29
西野カナ WISE GIORGIO 13
SE(SME)(M) (2009-03-18)
売り上げランキング: 15456

posted by LHNMeaning at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘密

東野圭吾「秘密」読了。知人の推薦を受け。たしかに、これは一読すべきでしょう。私からも、勧めます。しかし、読後感については何の保証もしません。そこはOwn Riskにて。

これまで読んだこの著者の作品は、テイストは各種あれど、一貫して「エンターテインメント」と言えるように思いますが、本作はちょっと違う。そういう読み方もあるかもしれないけど、それはそれ。人によって解釈は異なるのではなかろうかと思います。そして人によって異なる解釈をする、そういう世の中に自分はいるんだよなあということを再認識させられる作品かなと。

そういえば、年代的に仕方のないことなんだけど、最近は親戚(叔父・叔母あたり)の訃報がたまたま続いています。合掌するとともに、不可避なものとどうやって向き合うか、自分の中で消化する。それ以外に何ができようか、と。

秘密 (文春文庫)
秘密 (文春文庫)
posted with amazlet at 09.06.29
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 982

posted by LHNMeaning at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

SHP9000購入

以前から気になり出してはいたのですが、最近は遅くまで仕事して帰ってきて、音楽聴こうと思っても、深夜ゆえに大音量は楽しめない...という状況だったわけで、その苦境から脱するためにも、室内用途のオーバーヘッド型ヘッドフォンを導入することにしました。昼間であればcompanion3の音量をちょっと上げるだけで「ここはクラブ?」みたいな音が鳴るんですけど、SRC構造とはいえ深夜はさすがに。ポータブルオーディオ用のヘッドフォンは、これまで、純正は使わないけど、マニアでもない、その程度には購入してきたのですが、オーバーヘッド型はずいぶん前に3,000円くらいのVictorのものを買ったものの、ほとんど使わず、という経験しかありませんので、マジメに購入を検討するのは生涯初となるのかも。

自宅用なので、音漏れ・遮音性は関係なし。コードは片出しがいいんだろうなと。それくらいの条件で検討してみたわけですが、とにかくヘッドフォンも数が多いので、とても決められるものではありません。ひとまず、以前のVictorのやつは密閉型だったので、今回はオープンエアー型にしてもいいかな、と考え、PhillipsのSHP8900あたりか?と思いつつアキバに出撃したところ、あきばお〜の特価で、だいたい実勢価格1万円程度のSHP9000が4,999円だったので、これにしました。これはかなり安いのでは...。

2009062701.jpg

パッケージはしっかりしていて、割としっかりしたキャリングポーチもついてるし、ケーブル(4m)は布加工されていてとりまわしやすいし、プラグも安物ではなさそう。パッケージングとしては、1万円しても不満が出ないくらいの、いわゆる安物ラインとは一線を画しています。音は、今日買ったばかりなわけで、いわゆるエージングで変わる部分もあるのでしょうが、現時点でもひとまずは満足。高音から低音までまんべんなく出ているようだし、これまで聞こえなかった音もいろいろ聞こえてきます。装着感も、圧迫もされず、ずれやすくもなく、良好。他との比較は経験値がないだけにできませんが、通勤用のShureとは当たり前ですが比較にならないほどの音が出ますし、こないだソフマップでオーディオテクニカ(結局、型番とかは不明、多分5,000円程度の製品とは思いますが)の密閉型ヘッドフォンでiPod試聴して衝撃を受けたときの印象とも少なくとも遜色はないように思います。ひとまずは、悪くない選択だったような気がします。

2009062702.jpg

オープンエアーは初めてですが、たしかに、外からでも全然音が聞こえます。入力は、Companion3のヘッドフォン出力からとってます。このヘッドフォン、音量が取りづらいらしく、私の場合もかなりボリュームあげないと音量が増えないのですが、最大にするとまではいかないので、大丈夫でしょう。一瞬、ヘッドフォンアンプを導入する必要があるのか?と思いネットで調査したのですが、どうやら、ハンパなものを導入するくらいならばCompanion3のヘッドフォン出力の方がマシ、ということみたいです。



HP12cの保証交換品は結局届かず。発送地のシンガポール〜東京まではUPS、東京から自宅はヤマト、という流れになるみたいで、どうもUPSからヤマトへの引継ぎがうまく行ってないみたいです。現時点ではどっちがまずかったのか不明なので、中立の立場に立ちますが、どうなるでしょうか。なんでもUPSは土日は完全休業らしく、ヤマトのサービスセンターの人もUPSに連絡ができずに困っていました。必然的に月曜日以降の状況確認が最速、ということになりましたので、まあ気長に待つしかありません。江戸時代はシンガポールから物運ぶには1〜2ヶ月はかかっていたでしょうしね〜。
posted by LHNMeaning at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿サムタイムがバグースに

歌舞伎町のサムタイムが閉店、ただしバグースが引き継ぐのでビリヤード場としては残るみたいです。(サムタイム) ダーツの比率が増すかもしれませんし、スヌーカーテーブルは恐らくなくなってしまうのでしょう、そうすると、ちょっと残念ですね。バグースは他にもたくさんありますし。

新宿は最寄りというわけじゃないので、サムタイムに行った回数は通算10回程度かなあ。新宿でやるならサムタイムに行ってたので、遠い割には結構行ったような感覚があります。

さて、やっと週末ですが、金曜日にはヘロヘロ、HP 1 MP 0、そんな状態。人それぞれ、時には色々な状況に陥るってことですね。

本日、HP12cの交換機が午前中に到着する予定でしたが、こないので、配達担当のクロネコに電話したのですが、現在も荷物の所在の確認がとれません。やっぱ、物流って、地味ではありますが、生活においては非常に重要ですよね。資金繰りと似てます。うまくいって当たり前、へまをしたら怒られる。
posted by LHNMeaning at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

プレミアム納豆

23時台に帰宅して落ち着けば「今日はそんなに遅くないか...」と感じるような日々が継続中。しかし、有り難いのはセブンイレブンの弁当が10年前にくらべればかなり向上していること。ここのところしばらく、プレミアム納豆とでもいいますか、1パック100円のなめ茸おろし納豆(あずま食品)を好んで食しているのですが、100円とは思えない食感が得られます。納豆1パック100円といえば高いと思うでしょうが、このくらいの贅沢は許容範囲でしょう。

なんか、カリフォルニアがデフォルトしそうだとか言われてますが、なかなか個人ではその真偽を判定できるだけの情報は得られませんね。となるとメディア頼みになるのですが、メディアの報道を真に受けても仕方がないというのはさすがに明らかになりつつあるので...。

2009062501.jpg

HP12cは、修理ではなく、交換となりました。やはり分解修理が可能な作りにはなっていないのですね。12ヶ月の保証期間内は交換対応になるものと思われます。中国にありながらもメールへの対応は比較的迅速で、良好なサポート体制っていえるのでしょう。
posted by LHNMeaning at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

雨のち摂氏33度

Yahoo天気で明日を見ると、9時頃に降雨、その後15時には晴れで気温33度とあります。確かに、今日の帰り道なんかは、最高の湿気かつ生暖かい空気で、高温多湿の日本の夏到来、という感じ。エアコンを普及させた人々に感謝する時期ですね。

外回りの人はこの時期は大変かと。私は幸い、室内業務なのですが、ペースは相変わらずで、やはり7月までは残業王状態かなと。おまけにいろいろと神経を逆撫でする案件も出てきて、なかなかのものです。
posted by LHNMeaning at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HP12cも不具合発生...

以前書いたかもしれませんが、新規購入したHP17bII+、およびHP20bは無事到着して稼働しております。しかしながら、一方では昨年10月から使用してきたHP12c Platinumの「9」キーの反応が激悪に。強力に押し込めば認識しますが、普通の感覚でキーを押していると、9を飛ばして入力してしまう感じで、実用上明らかに支障があるため、再び、例の中国サポートに購入時の伝票を添付してメールしました。今回は初期不良交換よりは少し期間が経ってますが、12ヶ月保証の範囲内というところ。前回の対応は想像以上に良好でしたが、今度はどうなるか。

しかし、HP電卓を3台買って、1台は初期不良、もう1台は1年経たずに不具合、というのは、ネットで調べる範囲では、外れを引いている感じですね。決して、不具合が頻発しているという感じはありません。電卓の外装を見ると、どうも分解修理を前提とした作りにはなっていないようですから、ひょっとしたら保証期間中の対応も、現品交換になるのかもしれませんが、このあたりは未知数です。代替RPN機は2台ありますから、気長に対応していきたいと思います。交換になろうが、修理になろうが、恐らくは、プログラムしていたブラックショールズ式はクリアされちゃうことになりそうですが、仕方がないのでもう一回入力するだけです。

実は、勢いに乗じて、HP35sをポチる寸前に何度か陥りましたが、今のところは踏みとどまっています。合理的に考えれば買う理由がないのですが、それでも、いつかは買ってしまいそうですね...。非合理的理由で。

現在のところ、時間の問題で買って(一部予約済)しまいそうな小物たちは...
・HP35s
・iPod nano
・家用ヘッドフォン
・上戸彩ニューアルバム初回盤(予約済)

多分買わないとは思うが、一歩間違えると、という小物たちは...
・Macbook Pro 13インチ もしくは Macbook ホワイト 13インチ
・ネットブックのうちどれか
・iPhone 3G S
・レーザーワイヤレスマウス
・打感に秀でたPCキーボード

HDDは近々増設が必要になりそうです。先日、1TB×2を購入したのですが、さすがに週に20時間程度予約録画していると映像データがかなり蓄積されます。それがPVライブラリに変身していること、および最近は音楽エンコードをAppleロスレスにしていることから、iTunes用の領域の減少スピードもかなりのもの。
posted by LHNMeaning at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | HP RPN電卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

手紙

東野圭吾「手紙」読了。推理小説ではなくて、こういうのもあるのか、と。犯罪加害者家族と社会の関係をリアリスティックに描いてあります。が、一筋の救いも描かれている。現実は、小説のようにはいかないものだけど、というのはちょっと反語的だけど、そんな感じ。

他に色々やることもあるわけで、当著者については、現在在庫も切れているので、ここらで一休みにしたいところですが、そういいつつここまできているんですよね。まさか、全作品完読とかしちゃわないだろうな...。その時はその時で仕方ないんですけど。

手紙 (文春文庫)
手紙 (文春文庫)
posted with amazlet at 09.06.21
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 1772

posted by LHNMeaning at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Joy - BONNIE PINK

BONNIE PINKは、「A Perfect Sky」をちょっと囓った程度で、ほとんど聴いたことがなかったのですが、偶然スカパーで耳にした「Joy」は素晴らしい。以下の、Official Siteでの紹介がうまく表現できてるかな。

曲の良さを最大限に引き出すシンプル&エレガントなアレンジに、よりリアルになった彼女の歌詞、そして特有のHappy&Sadなメロディーが寄り添う、黄昏色彩ラブソング。

Joy/Happy Ending
Joy/Happy Ending
posted with amazlet at 09.06.21
BONNIE PINK
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-04-08)
売り上げランキング: 50241

posted by LHNMeaning at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これがニーチェだ

永井均「これがニーチェだ」読了。あまり精読できなかったのですが、ルサンチマン絡みで、以下の整理はなるほど、と。

強くなるには
1. 自分を強くする、あるいは(何らかの手段で)相手を弱くする
2. 自分や相手を変えず、勝ち負けを決めるものを自分に有利な何かに変える【解釈の変更】

そして、僧侶的価値評価における弱さとは、解釈の変更への強い意志
ちなみに、貴族的価値評価は、評価基準よりも自己のありのままを正しいとする肯定


ルサンチマンは、教科書的にはどうしてもキリスト教から入ってしまいがちな概念なのですが、私にとっては、上記の入り方は新鮮かつ論理的だなあと。(本当は、キリスト教から入ったとしても、このくらいは自分で整理できるくらいの知性があってしかるべきなんですが、ダメですな...) 主観的には、この一説に触れられただけでも一読の価値があったな、と。

これがニーチェだ (講談社現代新書)
永井 均
講談社
売り上げランキング: 8443

posted by LHNMeaning at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

住民税が下がったが

今日、住民税の計算書が到着しましたが、なんと3/4とはいわないまでも、それに近いくらいの下げ。といっても、それは、計算基礎となる前年の年収が激減してたからです。そうそう、そういえばその年はしばらく休職してたのでした。まあ住民税が下がるであろうってことは予想はできたんですが、もう忘れていたので、ささやかながら前年度年収減の一部補填ということですね。無論、住民税が下がるとかいったって、年収減と差し引きすれば大幅マイナスには変わりないわけで、可能ならば病気で休んだりとかするもんじゃありません。とはいえ、私も好きこのんでそうしたわけじゃーないから、不可抗力といえばそうですが。更に次年度は、一応、今のペースで働いていて過労死しなければ、また元の税額近辺に戻るものと思われます。結論としては、住民税って一年遅れでかかってくるので、定職から離れたりすることがある場合は、ちゃんとファイナンスしとかないと後で苦しい思いをしますよ、ちゅーことですね。

6/17日経夕刊の「さらりーまん生態学」。一言で要約するなら、「60歳にもなって健康に留意するとか生き甲斐を探すとか...寝言は寝て言え」ということが書いてあります。確かにそうかもしれない。同時に、これは個人の資質のせいではなくて、この世の中って、そういう寝言しか言えないような人間を養成する機関になっちゃってるということを示唆しているんじゃなかろうかと。反面教師にしたいものですが、果たしてうまくいくかな?
posted by LHNMeaning at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定時って何だったかな?

今日は21時に家の最寄り駅に辿りつきましたが、こういう時間にそこにいるって、今月に入ってからは初めてのような気がします。なるほど、休日出勤が無いにもかかわらず時間外3桁/月に迫るペースになっているのも納得。ちょっと前まではこういう日々を送る日がこようとは想定してませんでしたが、そうなってしまえば、なんとかなるもんではありますね。ちなみに、自慢は入っておりません。望んでそうなっているわけじゃもちろんないですが、人間というのはそういう状況に陥ってしまうことがあるものです。残業手当が出る職場であれば、それって結構割のいいバイト的ではあるんですが、実際のところは年収にしてしまうと、そんなにインパクトがあるわけじゃないんですよね〜。視座のスパンを変えると、見え方も変わってくるという好例かも。

「残業代で毎日1台電卓が買えるな...」なんて発想をついついしてしまう私は、ちょっとおかしくなってるかも(笑)。実際にそれを実行に移したらどうなるか?というのは永遠に空想のままでしょうね。

昨日は、スカパーのなつかしPV番組で、「MajiでKoiする5秒前」がオンエア。これは竹内まりや提供ということと相俟って、アイドルポップスの最高峰の一角ではないかと。上戸彩の「Smile for...」のPVは、なんというか表情や作り、効果音に至るまで極めてユルユルなオーラが漂っており、これはこれで味わいがあります。前作の「涙の虹」からはまたずいぶんトーンが変わってしまいましたが、こういう世界観(大袈裟か?)というのも、またアリなんじゃなかろうかなと。

ちょっと前に日本ファルコムが、音楽を著作権フリーで開放するというリリースを出していましたが、これは面白い試み。自分で録った映像や画像でスライドショーなどのクリップを作るのは手軽にできるようになりましたが、ネックなのはBGMなんですよね、実は。そのために自分え作曲するなんて人はそんなにいないわけで(私は一時、ループシーケンサで、音楽なのか雑音なのかわからないようなものを作ったりしていましたが)、どうしても著作権付きの曲を使わざるをえない。個人で楽しむ分にはいいけど、それをYouTubeなどで共有しようとした瞬間に、著作権侵害行為であることがクリアに見えて来ちゃうわけですね。だからといって、著作権フリーの素材集といっても物が限られるし、好みのものがあるのかないのか。そこに、このファルコムの発表は、なかなか刺激的な気がします。イース、ソーサリアンをはじめ、名曲も数多いし。
posted by LHNMeaning at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

HP 20bのボタン

HP 20b、一通り使ってみました。そんなに違和感はありませんが、ボタンのクリック感がダメダメ。ここをケチるかどうかで評価が大きく分かれそうなだけに残念なところではあります。
posted by LHNMeaning at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | HP RPN電卓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PV 2100突破

2000越え時に「もうペース鈍るかな」と思ったPVコレクションですが、2100曲を突破。

2009061401.jpg

Macbook Pro、13インチ発売になって、グッと手の届くところまで降りてきた感じ。重さも2.00kg程度ならギリギリ許容範囲でしょうか。買うかどうかは別にしても、ノートPC、安くなったものです。
posted by LHNMeaning at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予知夢

東野圭吾「予知夢」読了。ううむ、これは中毒性があるから、と気をつけていたにせよ、ついつい。読めば普通に面白いですしね〜。

白夜行のドラマは、再放送録画して、一応コンプリートしました。もう2006年のものですからネタバレOKかもしれませんが、最終回の武田鉄矢と山田孝之の対峙シーンは秀逸。武田鉄矢が頭を下げるときに、アップからちょっと遠目に切り替える構図も素晴らしい。これは、いろいろ言われてはいたようですが、私の観点では名ドラマの一つでしょう。

「白夜行」、これは「振り返れば奴がいる」「危険な関係」「北の国から」といった私の中での名作ランキングに割り込んでくるレベルだったように思います。多分「白い巨塔」も入ってくるのではないかと思われますが、ちょっとしたタイミングの問題で、まだ見てません。夏休みや年末年始などまとまった時間ができたときにチャレンジしてみなきゃ、というところです。

予知夢 (文春文庫)
予知夢 (文春文庫)
posted with amazlet at 09.06.14
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 4122
posted by LHNMeaning at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三沢選手が亡くなる

三沢選手が亡くなったとのこと。(Yahoo

そもそも、業界が逆風の中での社長兼選手ということの激務度は想像に余りあり、過労死の一種かもしれません。ご冥福を祈ります。しかし別の見方をすれば、アクシデント時点からご臨終までは、病気や苦痛で長期間苦しむという状態ではなかったわけですから、本人の意思は私にはわからないとはいえ、天職の中での殉職というのは、余生の長さ等を一旦リセットして考えるのであれば、また、形態はどうであれ人はいつかは必ず死ぬということをロングスパンで考えるのであれば、幸せな最期という考え方もできるわけで、仮にそうであれば不幸中の幸いではありましょう。

私もいつどうなるかは不明なわけで、一方で、例えばこの一年間の私の活動を、横軸:時間、縦軸:世界にとっての効用、そういうグラフに描いて、時間で微分すると、傾きゼロじゃないんだろうか?(マイナスでもないとは思いますが...)という感覚があるわけでして、果たしてそれでいいものかどうなのかなあと。てなことで、ニュースにビックリしたり、感慨を持ってたりする暇があるんだったら、自戒せよ、ということなのかもしれません。
posted by LHNMeaning at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

HP 20b

実は、HP 20bも購入していたのですが、これが金曜夜に到着。HP 17bII+が初期不良かつ中国サポセンでの対応ということから、時間がかかるかもしれないと思い、初期不良をつかんだ自分の運のなさに少々ヤケになったこともあり、代替機としてダンしていたものです。今回は、気付くのが遅いかもしれませんが、クロネコヤマトは最寄りコンビニでの受渡を実施していることを知ったため、初めて利用。従来は週末に再配達指定して受け取っていたのですが、コンビニ受取は平日深夜でも大丈夫なので(現在の勤務状況だと平日21時とかの受取は無理)、非常に便利ですね。ペリカンやその他の会社がどの程度対応しているかは不明です。このあたりは、クロネコかゆうパックが一番進んでいるでしょうからね。ということで、到着。

12cや17bII+よりは廉価圏にあることから、パッケージは強力ブリスターではなく、開けやすい簡易パッケージ。ケースも付属しません。
2009061301.jpg

デザインは悪くないとは思いますが、質感は非常にチャチ。これは、気に食わない人は多いんじゃないかな。ただ、性能は優れているので、質感より性能・デザイン重視の人はよいかもしれません。
2009061302.jpg

嬉しい誤算は、中国のサポセンの対応が素早かったこと。長期戦も覚悟したのですが、実際は、20bが到着した次の日にUPSで交換機が到着したのでした。今度は、「×」キーもチャンと反応して、良い感じです。質感はやっぱり20bとは段違い。
2009061303.jpg

どういう購買行動なんだ、と理解できない方もいらっしゃるかもしれませんが、これは一部ではちゃんと正常な行動として認識されていますのでご心配なく... それに、10万円とかするわけじゃありません。価格は書きませんでしたが、興味あればググってみてください。気に入れば毎日仕事で使うようなものですから、それにかける金額としては高くはないんじゃないかなと。
posted by LHNMeaning at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

iPhone 3G S

WWDC2009。ミーハーな私はJobsのいないKeynoteからは足が遠ざかりがちなんですが、発表は充実していたみたいですね。で、iPhone 3G Sなのですが、インターネットテザリングには驚きました。そして、ソフトバンクの発表を聞いて、失望しました。(Impress

以前、ソフトバンクの技術サイドが、「iPhone導入するだけでも回線がきつい」と話していたと思いますが、それを考慮すると、PCでのネット接続も、なんつーのは少なくとも現状は論外つーことなんでしょうが、最初にAppleの記事を見て期待しちゃっただけに、残念ではあります。まあ、インターネットテザリングができるからといって、実際にはネットブック持ち出してiPhoneつないでネット、なんてことはほとんどやらないとは思いますが、それでも、選択肢としてそういう使い方が定額料金の範囲内でできるかどうかというのは、私にとっては偉大な付加価値なんですよね〜。

いずれにせよ、私の場合は、現職が自宅とデスクの往復にすぎないことからiPhoneを買うメリットがいまいち小さいわけですし、いざというときの必要最低限のネットサービス(Gmailチェックとか、ヤフオクで必殺の札入れをするとか)は現在のケータイでも快適に対応できることから、購入意欲はあまり強くないので、しばらく様子見というスタンスはかわんないですけどね〜。



しかし、ヤフオクでのiPod nanoに入るビッドは凄いですね。4Gが新品近くまで上がるのは良いとして、じゃあ3Gはどうだろうと見ていると、これまた8GBで1万円オーバーまで楽勝で上がるという勢い。新品が15,000円で買えるのに、1年以上前(それだけバッテリーもへたってる)の型落ち中古を12,000円まで買い上がるというのは、いったいどういう考えなんでしょうね。4Gが気にくわない人とかでしょうか?

ということで、nanoを欲しければ新品で買うしかないわけですし、別に買えない値段ではないけれど実行に移らないのは、恐らくは、iPod Shuffleのwearableっぷりがあまりにも快適だからなんだと思います。いくらnanoが小さいとはいえ、Shuffleと比べると相対的には無茶苦茶大きい。nanoは9月頃に何らかの動きがあるらしいので、あと3ヶ月と考えると、恐らく様子見になるのかなと。

また、最近は密閉型のオーバーヘッドのヘッドフォンに興味が出ていたのですが、実際に店に行って試聴してみると、そりゃ確かに音はいいですけど、装着感はどうしても気になるし、電車の中で装着するのはどうにも暑苦しい。Shureのカナル型に比べると遮音性も劣るので、主戦場である地下鉄だと、折角の音が一部台無しになるってのもあるかと。そう考えると、ヘッドフォンはやっぱり現在使っているShure SE110で良いんじゃないか、というところに落ち着きつつあります。そもそも、こいつだって、的確な装着をすれば、かなりの音質ではないのかなと。

先日購入したHP17bII+ですが、販売店は初期不良交換さえ対応できず、中国にあるらしきHPのサービスセンターでの対応になるみたいです。少々面倒なことになりそう。先ほど、そちらのサービスセンター向けには第一報のメールを打ったところですが、そもそもすぐに返信があるのか、不良品の返送先は中国への国際便になってしまうのか(国際便でも着払いってあるのかな?)、色々と見えないところがありますが、ケセラセラでなるようにしていくしかないですな。

一方、主力のHP12cですが、「9」のキーの反応が若干悪いような。こちらも保証期間は10月あたりまであるので、せめて17bII+がまともに使えるような状態になってから、ただし保証期間内に逝ってほしいものです。決して安い電卓とはいえませんが、所詮電卓の価格ではありますので、有償修理になってしまうと、「新品買う方がまし」というラインに案外すぐに達してしまうかもしれませんから...。
posted by LHNMeaning at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿命

東野圭吾「宿命」読了。ついつい、先日以来の流れで。読んでしまえば時間を忘れるくらいの一級のエンターテインメントです。若干ツッコミどころは無くはないのですが、読んで面白ければそれが力なんでしょう。一方で、エンターテインメントであるということは、すなわち、時間の無駄ではないか?という自戒の念も生じてしまうわけで。これはなかなか難しいところですが、たまには良いでしょう、くらい自分を甘やかさないことにはやってられませんね。

宿命 (講談社文庫)
宿命 (講談社文庫)
posted with amazlet at 09.06.09
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 3467

posted by LHNMeaning at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

レッドゾーン

真山仁「レッドゾーン」読了。といっても、単行本発売前から小説現代で読んでいたわけで、それが最後の数回分だけは仕事にかまけてサボっていたところ、本日ようやく図書館でのバックナンバーで完読に至った次第。いわゆる鷲津シリーズの3作目になるわけですが、2作目は明らかに続編を示唆する終わりだったことと比較すると、今回は割と切りが良い感じ。これで一旦終了ということになるかもしれないし、ただ、作者がその気になれば続編も出るわけですが、まあいずれにせよ一区切りと捉えていてよいのかな。この一連の作品は、個人的には、キャラ作りが上手いなあ、というとこが気に行っていて、なるほどそれは映画やドラマでは表現が楽じゃないよな、というのも自分の中で納得です。しかし、それぞれのキャラについては3作通したところで、私の中ではマンネリ感が出てきているので、そういう意味では読み手としても、続編への期待というのはひとまず放棄しておく方が、まともな姿勢なんだろうと思います。映画と小説どっちを薦めるか?といわれれば、やっぱり小説かな。3作ぶっ通しで。

レッドゾーン(上)
レッドゾーン(上)
posted with amazlet at 09.06.07
真山 仁
講談社
売り上げランキング: 225


レッドゾーン(下)
レッドゾーン(下)
posted with amazlet at 09.06.07
真山 仁
講談社
売り上げランキング: 219

posted by LHNMeaning at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

Smile for... PV放送開始

6/24発売 上戸彩「Smile for...」のPVが音楽番組で流れはじめました。当日は気がつかなかったのですが、週末に先週録りためた邦楽新着クリップ番組を整理していたら発見。2分52秒と、フルレングスではなく、ショートめのPVとなっています。本作は7/15発売予定のアルバムから先行シングルかと思われますので、購入はアルバムまで待機。アルバムはAmazonの最低価格保証で予約済み。現在は定価4,500円に対して3,800円程度ですが、まあこれ以上は下がらないでしょう。以前は、CD(国内盤)といえば定価販売以外ありえないという世の中だったような記憶がありますが、いつのまにか割引されるようになってるんですよね。

Smile for...(初回盤)(DVD付)
上戸彩
ポニーキャニオン (2009-06-24)
売り上げランキング: 523

posted by LHNMeaning at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HP 17bII+

HP電卓 17bII+を購入。基本的には12cで事足りるはずなのですが、12cの唯一の難点が、10桁表示ということ。これだと、10億円単位までしか対応できないのですが、現在の業務では1,000億円単位で1円精度が求められる部分もあり、12桁はやっぱり必要だなということで、導入することにしました。基本的な操作系は12cと同様ですが、12cでは各キーに割り当てられていた機能が、17bII+では液晶画面下のガイドに沿って最上段のファンクションキーを押すことにより実現するといった改定がなされています。基本的な考え方に変わりはないので、問題はないかと。ボタンのクリック感は、12cほどカチッとした印象はないですが、系統はこれまた同じ。

2009060703.jpg

つーことで、購入はしたものの、実際に使ってみると、四則演算の「×」キーが接点不良であることが判明しました。このキーだけ、相当強い力で長押ししないと認識してくれません。これはどうみても初期不良でしょうということで、現時点では購入店に初期不良申請のメールを発信したところです。恐らく、週末開けにレスポンスがあり、その後交換という流れになるのではないかと。made in China。

2009060704.jpg

入力方式は、すっかり逆ポーランド記法に慣れたので、当然本機もRPNで使います。一般には馴染みがないのですが、この入力方式のメリットは、複雑なカッコ付き計算も、メモリー機能とか使うことなく、数式通りに計算できるということ。というか、メモリー機能が暗黙のうちに使われているということなんですけどね。マニュアルには、以下のような数式も計算できるぜ!ということで次のサンプルが付いています。

2009060705.jpg

同僚等に電卓の話をすると、一般的な反応は、「電卓なんて1,000円以下でしょ? 10,000円なんてありえない!」「高いのはまだしも、電卓なんて会社支給で十分でしょ。え、自腹で買うのか?」なんてのが主流です。しかしながら、私自身、別の知人からインスパイアされた結果こうなってしまっているわけで、世の中色々ということですね。そして私を動かしているのも、実利(なくはないけど)なんかじゃなくて、むしろエンスー的な動機なわけで。それで良いんじゃないかなあとね。
posted by LHNMeaning at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

adidas rakuni AK

上野の靴屋さんで、数年前に2,500円分の割引相当に貯まっていたポイントカードがあったので、さすがにそろそろ使っておかねばということで、スニーカーを買うことにしました。ここ数年は、Nike Air Force One(白)を履いていたのですが、正直、フィット感がいまいちだったんですよね。何が変なのかわからないですが、何かがおかしかった。でも、そんなにこだわりがあるわけでもないので、そのままにしていました。過去履いた中で、どういうわけかadidasは足に合うことが多かったので、今回はadidasかなと。

店舗でチェックしていると、日本人の足型に合わせて作った、「rakuni(ラクニ)」というウォーキングシューズのラインが置いてありました。これが良さげだったので、このラインの一番安いやつ「rakuni AK」(合成皮革)の黒をチョイス。表示価格は10,000円程度でしたが、例の割引券、それに当日は無条件に10%オフセールだったので、仕上がり6,500円程度に。同じラインで、メッシュ生地の物もあり、季節柄、魅力を感じましたが、そもそも夏場はスニーカーじゃなくてサンダルでしょ、ということでオールシーズン物と考えれば合成皮革が耐久性の面でも吉なんじゃないかなと。

2009060702.jpg

翌日、早速30分ほど試し履きしてみましたが、なかなか良い感じです。最初ならではの違和感もないし、今後問題なくフィットが進みそう。デザイン的にも黒地に白ステッチで、落ち着いた感じ。ソールの感触も良さそうってことで、どうやら今回に限らず、私にはadidas製品が合っているということが経験的に判明してきているところです。以下、rakuni AKの紹介文を引用。

アディダス(adidas)から高機能なウォーキングシューズ「ラクニ (RAKUNI)」シリーズが発売され注目を集めています。この「ラクニ AK」は、耐久性に優れた人工皮革をアッパーに採用したシューズで、軽量仕様(27cmの場合で約270グラム)です。ビジネスシューズとしてもカジュアルシューズとしてもオールラウンドに履けます。欧米人に比べて幅広で甲高な日本人の足型にフィットするように研究開発された「マイクロフィット (microFIT)ウォーキングラスト」が採用されています。足裏のカーブに近い形状でソールが設計されていますので、疲労の少ないウォーキングが実現可能です。つま先部分が微妙に反っていますので、前方への足抜けを円滑にしてつまずきを防ぐ効果があります。ヒール部分は「180°べべル」形状で成型されていますので、かかとのどの方向から着地しても、重心は自然に体の中心へと移行し、余分な力なしに前方への体重移動がスムーズに行われ、疲労の少ない楽なウォーキングが実現します。
posted by LHNMeaning at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画版「ハゲタカ」

1枚だけ東宝の鑑賞券があったので、別件で所要があった上野に行った帰りに何を見ようかと検討したところ、「ハゲタカ」初日だったのでこれを見ようかなと。

上野での用事を3時過ぎに済ませ、帰り道といえなくもない新宿バルト9に行ってみると、なんと21:35からの回しか空いていない状態。初日とはいえ邦画だし大丈夫だろうとタカをくくっていたのですが、さすがに甘かったようです。では他の東宝系劇場に行くかと思い、ケータイでチェック。すると、六本木のTOHOシネマズは、新宿以上の混み方で席の確保は無理。次に、なんとかまあ行けそうなところだと錦糸町のTOHOシネマズがありました。18:15の回、21:10の回、両方ともこちらは残席少ながらも空きがありそう。とりあえず、こうなったら今日どこかで見てやろうと意地になって錦糸町へGo。到着してみると、18:15の回は無理でしたが、21:10の回、当初の新宿での21:35よりはマシかなということで、この回を購入して時間をつぶすことに。たまたま錦糸町に住む知人と都合が合ったので、一緒に晩飯食べたりしていると時間はあっという間にすぎました。

で、見てみたんですが、見たら見たで面白いでしょう。ただ、これは小説がいいのかな。金融関係の描写も、これから見る人のために詳細は書きませんが、甘い。一般聴衆向けにわざと甘くしたのか、それともNHKというのが効いているのか。ストーリーも、きっちり描くには、ちょっと2時間では無理があった感じかな。ちなみに、原作とは似て異なるアナザーストーリーみたいな感じに仕上がってます。やっぱ、この手の話は、小説の方がディテールにもこだわることができるから、映像化というのは難しいのかもしれませんね。でも、見たら見たでそれなりに楽しめるのではないかなと。

2009060701.jpg
posted by LHNMeaning at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

名施策

6月からノーネクタイ・ノー上着で快適そのもの。このクールビズ、近年まれに見る名施策ではないでしょうか。確かに空調温度は下げられるだろうし、クリーニングで使う溶剤使用量も減るし、環境に良い。そして、赤信号みんなで、という国民性を読み切っています。
posted by LHNMeaning at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

Windows 7はやはり今年だった

今週も平日は働きづめという感じですが、いろいろ動きもあるようです。

早くなりそうだったWin 7ですが、やはりそうなって、10/22発売決定とのこと。日本がどうなのかわかりませんが、RC版が日本語対応しているらしいことを考えると、同日でしょう。私はしばらくXPでいくつもり(積極的に7に変える動機が見あたらない)ですが、早くリリースしてくれれば、SP1などで安定する時期も早まるということで、良いことかなと。

ソニーからはPSP go。これって、案外悪くないんじゃないかなと思いますが、私の場合はどう考えてもゲームをやらないというのがあるんで、その分がどうしてもオーバースペックに感じてしまいます。なんとなく、音楽・動画プレイヤーとして使うだけでも、液晶や回路はiPodを凌ぐ可能性もあるような気がするのですが、どうなんでしょうね。ただ、ちょっと発売が先すぎるような。11/1。



先週末に買ったユニクロのパンツは、サイズ、品質的に正解。あと何本か買ってもいいくらい。ただ、セールは終わったので次回セール待ちかな。その後、いくつか買い物をしていますが、それについてはまた時間があるときに記録します。
posted by LHNMeaning at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。