2010年01月31日

グリップの力の入れ方

2010年の球撞き 4回(4.0時間)

1月はよくぞ4回も行けたなという感じ。ちょうど2月のB/C級のエントリー中だったので、申し込んできました。こういう状況なので結果は求めません。息抜きになればいいかなという程度で。

新しいリズム(フェザー)については、まだ全然ぎこちないなあと感じつつも、時間をかけて身につけていくしかないので我慢。そんな風にひたすら撞いていたところ、テークバックからインパクトにかけてのグリップの握り込みの力加減について、これまでとはちょっと異なる感覚。どのスポーツでも、80%の力というのは難しいものです。100%か50%かになってしまう。でも、今日何回か感じられた感覚は、これがいわゆる80〜90%の力ってやつかな?というものでした。こういう部分になってくると、もはやこれ以上言葉にはする術がないんですが、これまた、いつかは必ず通らないといけないポイントを経過しようとしつつあるようです。球撞きはマジで奥深い。
posted by LHNMeaning at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに掃除機を

文脈から推察できるように、家事らしきことは全く放置状態だったので、久々に掃除機等諸々を。SANYOのパック式は相変わらず快適で、1ヶ月の埃があっという間に霧消。その他、シンク洗ったり積み上がった新聞(これもほとんど目を通す時間がなかった。しかしBloomberg webの日本版と英語版をちらちらみていれば、それなりに情報は入るし、というか日経読んでるより良いくらいかもしれないので、やはりそのうち日経はやめていいのかもしれないな)を廃棄用にまとめたり。

週に1日でも休みがとれれば、こうやって1ヶ月分程度の家事は問題なくできるわけですが、1日も休めない状態になったら厳しいですね。結婚していて配偶者が専業もしくはそれに準ずる形態であれば、全く問題ないのでしょうが、恐らく女性の立場にたってみればそういうことを理由に結婚の議論がなされるということは本意ではないのでしょう。ということで、そういう議論はしませんし、家事についていえば常識的に考えれば、家事代行サービスに依頼する方がコストパフォーマンスも仕上がりも良好なはずです。まだ頼んだことはないんですけどね。あと、調べたことさえないのですが、ひょっとしたら、かわいいオネーチャンが家事をしにきてくれるメイドサービスみたいなものが、世の中には存在するような気がします。かりに存在した場合は、家事のプロ業者に比べればプレミア価格となっているかもしれませんが。

ヨージヤマモトはメンズライン休止とのこと。時代の流れの中、価格に見合うだけの訴求ができなかった、というのは結果論ですが。個人的には別にたいして買っていたわけじゃないんですが、イギリスの博物館にも展示されるだけの世界的デザイナーの一人だけに、残念ではあります。そうなると、コムデギャルソンやイッセイミヤケは大丈夫かしら?と心配になりますが、どうなることでしょうか。ギャルソンはまた別格な感もありますが、さすがに売上等は厳しいんじゃないかと想像しますが。世の動きは遅いようで早い。銀座のエルメスやアルマーニのビルが話題になっていたのってそんな昔じゃないんですよね。その時期って、エルメスならまだわかるけど、こんなブランドがこんな一等地に投資しちゃって大丈夫かよ?みたいなショップも数多く見られましたが、彼らはいまどうしているのでしょうか。

カンボジアに投資したいのですが、手段がわかりません。岩井証券に「メコンのめぐみ」というインドシナ投資のファンドがありましたが、手数料がそれなりに高い上、現時点ではベトナム株しか組み入れていない状態。単身乗り込んで直接投資するしかないのか?
posted by LHNMeaning at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 一人暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命を大切にする政治ですか

首相がこういったお話をしておられますが、これが何というか、国のトップから出てくる言葉なんですね。高校生レベルの議論であったとしても、

1. なぜ、命を大切にすることを優先するのか。経済成長や軍事力の方が優先すべきではないのか。根拠を述べよ。2. その上で、命を大切にする政治とは具体的にどういう手段で実現するのか。現在それが十分に実現できていない問題点はどこか。それをどう解決するか。

あたりは当然説明してくれないと。命を大切に、というのは、これだけだと、飲み屋の愚痴だとか新興宗教の言説あたりと同じ水準のステートメントになっちゃいます。あるいは、命を大切に、なんていっとけば実は多くの人は納得するのかなあ? 私なんか、敬老の日とかに「そもそもどうして老人を大切にしなければいけないのか。普通に考えれば老人は早くいなくなった方が色々とメリットが多いのではないか。でも、誰もそういうことを言う人はいない。ということは、それを否定するだけの何か強固なロジックが存在するに違いないんだけど、それはついぞ耳にしたことがない。」なんて感じるんですが、なんというか、普通は敬老なんて言葉を聞くと無条件に賛同するものなんでしょうかね。でも、もしそうだとすると、北朝鮮やミャンマーと目くそ鼻くそですね。だったら、北朝鮮とかもっとリスペクトして親密な国交開いたりすればいいのに。つーことで、別に日本は「無宗教」とかじゃなくて、立派な日本教宗教国家だと思いますよ。宗教度合は、欧米のキリスト教の影響力よりもっと支配的なんじゃないかな。

まあ、なんというか、こんなカルトな国に生まれてきて、長いこと住んでいて、恐らくは今後もそうなる可能性が高いわけなので、この状況を面白可笑しく解釈しながら時を過ごしていくのがプラグマティックな態度かと。
posted by LHNMeaning at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

120hrs

一応明日は休むので、1月のお勤めは終了。しめてみれば、時間外は堂々の120時間超えとなりました。エンジンかけたのは成人の日が明けた12日からだったので、通月このペースだと、180hrsくらいになる計算です。万が一突然死したりしたら組織的にまずいからかわかりませんが、当面のヤマを越えたら数日休むことになりました。ありがたいのかどうかは不明ですね、個人的には再三書いているように突然死というのはかなり恵まれた死に方だと思いますので。子供を育てたりしている人は困るのでしょうが、私の場合だとそれほど劇的な影響はないように思います。
posted by LHNMeaning at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

iPad

健保組合から冊子が送られてきて、"とれていますか?「ワーク・ライフ・バランス」"とのこと。新手のブラックジョーク???

しかしこういう生活をしていると、カネは全くつかいませんね。誰もがこういう状態にあるとすると、とても現在のGDPは実現不可能でしょうから、こういう状態は決して多数派ではなかろうことは推測できます。まあ、可能性としては、自分は全く消費しなくても、扶養家族がいつのまにか自分の代わりに全て消費していた、という事例も世の中にはあるようですが...。

iPadは、事前報道もあり、それほどサプライズはなかったですが、かねがね、通信網が発達してストレージも大容量化するとなると、どういう画面でコンテンツをのぞき込むか、ということがキーになると考えていたので、その問題の解決へ向けての一つの道筋であることは確かでしょう。iPhoneでは小さすぎることは明らかだったので。ただ、iPadの1024×768という画面サイズも、実際の紙に比べたらまだまだ甘いと思います。このあたりがマトモになってくるのは、私が寿命を迎えるころなのかな。あと、ちょっと重い。でも、商品開発としてのコンセプトは悪くないと思います。当面は買ったところで梱包を解く時間もなさそうなのですが、そういった余裕が多少出てきたら安価だし手を出してしまう可能性は完全には否定できません。そうそう、バッテリも課題ですね。公称10時間ってことは7〜8時間は普通に持つのでしょうが、劣化がどんなもんなのか、交換費用がどの程度なのか、と。iPadによってこのジャンルに火がつけば、類似品が続出することも予想されるわけで、iPodの場合はiTunesというキラーアプリがあったおかげでiPodを買わざるを得ないわけですが、iPadであればそのあたりの事情は若干異なることも想定できるので、アジアメーカーあたりが激安で、かつフラッシュメモリを手軽に増設可能な感じの代替品を出してくるかもしれません。いずれにせよこのジャンルが盛り上がるのは方向性としてはよろしいことでしょう。

2010年は1QにIntel Gulftown登場、2QにAMD Thubanが予定されており、本格的に6コア到来。私の購買パターンからすると、2010年暮れか2011年前半に3〜4万になった6C/12Tマシンに切り替えというのがメインシナリオか。そのころにはWin 7はSP1になってるだろうし、各種アプリも7上での動作がこなれてるかな。

今日は閉店間際に病院に駆け込み、在庫が厳しくなってきていたハルシオンとデパスをゲット。
posted by LHNMeaning at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新種の時差ボケ

Appleのイベントは今日でした。1日間違ってた。理由は、家のPCを見る時間は1月はほぼ全て日付が変わっているため。だから、ただでさえ日本はSFの約1日先をいってるのに、私は更にもう1日先を走っていたわけです。

どん兵衛の豚ねぎそば、今ならセブンイレブンにまだ並んでるんじゃないかと思いますが、カップそばも美味くなったもんだと感動します。どん兵衛ってロングセラーだから、まあ典型的なカップ麺の範疇だったわけですが、いつのまにやら麺は真っ直ぐっぽくなってるし、スープは液体タイプになってるしで、もう別物といってよいのでは。現在3日連続で食してます。
posted by LHNMeaning at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

Appleイベント

もう数時間もすればSFにてAppleのイベント、報道ではほぼ確定的にタブレット発表、ということになりそうなわけで、内容自体は楽しみなものの、基本的には実際に食指が伸びることにはならないんだろうな、と。まあ明日起きてニュース見てみますか。

TVは順調に値下がり続いてるかな?ということで、ちょっとkakaku.com覗いてみたら、46インチがエコポイント還元後で10万円丁度くらいと、12月上旬の調査時からあまり変わらず。ただ、同価格帯の機種が少し増えているので、全体的には値下がり傾向かな。ただ、朝はギリギリまで寝ていて出社して、家に24時に到着すれば御の字という状態の中で大画面テレビ買ってどうすんの!ということなので、当面は手出し無用なんでしょう。52インチ10万円まで待つ結果になったりするかもしれませんが、実はここまで大きくなると、フルHDの画素数では足りなかったりするんじゃないのかな?という気がします。

ただ、近い将来的には日本橋のワンルームもしくは1Kくらいのマンション等に引っ越したりする可能性も捨てきれないため、46とか52インチを買うのはある意味リスク。まあ42インチくらいが無難なのかな。
posted by LHNMeaning at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

Google Chrome 4へ

たった今、ChromeがVer.4にアップデートされました。もう寝るので、確認しませんが、多分、エクステンションが使えるようになってるはず。いつ時間がとれるか不明ですが、時間ができたら色々試すかな。
posted by LHNMeaning at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年賀ハガキ

年賀ハガキの抽選は、切手シート1枚。受取枚数から考えると、まあ極めて確率通りの結果としか表現しようがありません。まあ、これですら何年たっても上位景品には当選しないわけですから、年末ジャンボとかまず無理ですね。買わないから別にいいんですが、あれでビッグに当選する確率なんて、ガンとHIVとアルツハイマーを同時に発症するなんてことより確率が低いんじゃないのかな。

相変わらず、睡眠中に心不全か脳卒中になれば最高だ、なんて思って床につきますが、その気配がありません。なんか一般的には非常にネガティブな印象にとられがちなセリフだという自覚はあるのですが、エントロピー増大の卑猥をそんなに味わわない年齢のうちにガンで数年闘病した末に臨終するとか、白兵戦で斬り殺されるとかいうケースに比べると、ある意味上述のようなカタチというのはシアワセなことなんじゃなかろうかと思うわけです。死者は無敵ですしね。それはさておくとしても、人類は全員寿命が20歳だとしても種としては絶滅せずにまわっていくということなんで、私なんかだと既にとっくの昔に「死に方を考える年齢」になってることは、そう的はずれな認識じゃないんだろうなあと。60歳で死んだ芸能人に対して「まだ早い...」なんていう弔問客の声が報道されたりしますけど、それだって宗教的価値観の一つにすぎないという視点はあっていいんじゃないかと思います。

明日はまた歯科衛生士のオネーサンに会いにいってきます。明日も神経除去の続きです。埋めるまであと2〜3回の逢瀬か。
posted by LHNMeaning at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

冬のボーナスをもらっても...

冬のボーナスをもらっても...

マジ???
まあ、1円も使ってない、という意味では私も変わりませんが...。本人がそれで良いならいいか。余計なお世話ですね。

ちなみに1円も使ってないのは、理由はシンプルで、買いたいものが買いたい値段まで下がってこないから。逆に絶賛値上げ中...
posted by LHNMeaning at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒトはゴミなのかどうか

金曜日のNYはさすがに下がらなさそうだと思いながら寝たところ、起きてみると後半にちゃんと落ちてました。なかなか良い感じですが、こんなもんで止まってもらっては困ります。まだ買い場は遠いですね。

2010012401.jpg

ラピュタでのムスカの「見ろ、ヒトがゴミのようだ!」というのは、恐らくは世間一般では、最も非道なセリフの一つと解釈されてるような気がするのですね。で、当たり前じゃん!と思う人は、まあ、普通というか、道徳の授業をちゃんと受けたんだな〜と。でも、これって片端なんですよね。ヒトなんて、例えばちょっと異常な細胞が増えてしまったり、どっかの血管が切れてしまったり、そういうことで簡単にその辺の堆肥と変わらない有機物になってしまうのもまた事実なわけで、その意味ではある意味ヒトがゴミのようだというのは的確な言葉でもあるといえます。ムスカを否定するには、ある意味でのその確かさを承知した上で、反駁する、これで初めてムスカと同じ土俵に立てるんだよね、ということではないでしょうか。2chの特定のスレッドなんて、恐らくはその辺の道行く人に見せたら3人に1人はぶちきれそうな言説が飛び交ってますが、そういう場を覗くのはなかなか楽しいし、さすがに免疫も出来てるかな。だから、私だってある人から「おまえだって時間と良心を売って生きてんでしょ。」なんて言われても、別に、そりゃそうかもな、と思う程度。そうした文脈からすると、現実社会というのは案外メルヘンというかおとぎの国的かもしれないと本気で思ってしまうわけです。
posted by LHNMeaning at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

時代はシングル

今日もNYは下げるかと思いきや、反発気味。私の視点だと、まだまだ堅調だな...。メガバン二桁も遠くなりにけり。儲け損ねは損ではないと肝に銘じるしかないですね。あるところで、今年の日経高値は12,000円と、とりあえず無難に正月の日経と同じようなことを書いたところ、「期待値だね!」とのコメント。そうかなー。期待値が5,000円割れの私としては、12,000円なんて簡単に突破してしまいそうで怖いんですけど(笑)。

しかし、睡眠やシャワーや食事以外の時間は1時間と家にいずに、あとはずっと外にいるっちゅーのは、その理由が遊びであれ仕事であれ、まあ結婚とかしてれば即離婚調停ものなんでしょうね。時代がシングルを欲しているとしか言いようがありません。
posted by LHNMeaning at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

今回は大丈夫だろうか

年明けは、ほぼ23時、土曜も23時、という感じ。多数派的には、いやまだ泊まってないから大丈夫だとか、日曜は休みだから大丈夫だとか、そういうのがコモンセンスなのかどうか。極めて主観的な観点からは、今回はさすがに近いうちに死ぬかもしれないような気がするのだけど...。偏見だったら悪いけど、外食産業の名ばかり管理職が時間外100時間とかで問題になってるけど、これは確かに時間が長いけれども常時脳味噌フル稼働とかいう感じじゃないですよね。どっちかというとフィジカルな厳しさじゃないかと思います。こっちは、常時神経フル稼働。まあどっちも良くないんだろうけど、それに加えて、朝食なし、昼食たまに抜き(とっても軽食)、夕食は0時過ぎという生活はsustainableではないような気がしますね。

2010012001.jpg

Dowは久しぶりに気持ちいい下がりっぷりを見せてくれてますが、朝までにどうなってるかな。
posted by LHNMeaning at 01:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

右足で位置決め

2010年の球撞き 3回(3.0時間)

今年は昨年よりは頻度高めな年始の状況。引き続きフェザーを新しい感じに変えて試しながら。このためにはフォームをスッと決める必要があるのですが、それはイコール、右足をスッと適切なところに置けるかどうかということではないかな。
posted by LHNMeaning at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7割は課長にさえなれません

城 繁幸「7割は課長にさえなれません」読了。「なんでこんなに生きにくいんだろうと感じている人に」とのことだったので、お言葉に甘えて。内容は著者の既存の主張通りということで、JALはニュースになってるけど、実は国丸ごとJAL状態ですよね、というわけで。結局このモデルは人口増・経済成長を前提に形成されたものであるから人口減・ゼロ成長が現実となったことでモデルが前提と合わなくなってその歪みが徐々に現れてきているのがここ20年くらい。革命でもないとなかなか社会って急には変わらないし、違うモデルに乗り換えるのって大変ですしね。一応結果的には今のところ逃げ切りつつあると見られる団塊世代だって小さい頃は「戦後」である意味苦い味を経験してるわけです。ただ、年功序列ってシステムは、ある一定の層にとってみては、確かに絶望以外の何物でもないな。

7割は課長にさえなれません (PHP新書 648)
城 繁幸
PHP研究所
売り上げランキング: 150

posted by LHNMeaning at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公務員

昔からかもしれないけど今は特に、就活で公務員は人気かと。恐らくは婚活でも人気でしょう。そして世の中の親の多くは自分の子供が公務員になったと聞くとかなり安心というか喜ぶという意味で、これまた人気ってことでよいかと。

しかしながら、公務員がここまで人気ってのは、示唆的だよなーと。

例えば明治などのように国家の立ち上げ時期の公務員、あるいは非効率な行政事務を徹底的に改革してやるぞ、みたいな公務員、これはちょっと別物です。こういうのは0.01%くらいで、まあ残りの多数は違いますよね。

ちなみに韓国では公務員はそんな人気ではなくて、中国ではそれなりに人気らしい。欧米はよく知りません。

日本航空もいまだに国営だったとすると、下手すると1兆円の損失とかが表沙汰にすらならずに税収で賄われてたりするわけですよね。まあ色々裏金とか公務員も取り沙汰されてますけど、そんなの氷山の一角というか、スケープゴートというかそんな感じであって、日本国自体が日本航空状態って感じじゃないのかな。

ただ、私が生きてる間には酷い破綻劇はなさそうだし、死んだ後のことは知ったことではないので、どうでもいいです。私よりも下の世代の人はわかりませんが、その人たちはその人たちが何とかするしかないです。別に助ける義務などない(その意味で、JAL OBの行動は理解します 笑)。ただ、最低限、下の世代の人の足を引っ張るようなことだけはしちゃいけないよなーということだけは可能な範囲で気をつけていきたいところです。無論、私だって年功序列の恩恵を例えば今25歳の社員に対しては受けている可能性がある(可能性があるというだけで、実際そうかどうかは貢献度によります。それ次第ではもっと差があっていいという論理も存在しうる)ので、なかなか一から十まで足を引っ張らないように、というのは現実的に困難を伴いますけど。つまり完全なフェアネスなんて存在しないわけで、程度問題としてどこまで許容するかってことですね。これは別にコンセンサスが正しいなんて証明できないわけで、最終的には個々の価値判断になります。
posted by LHNMeaning at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイガーは病気じゃないでしょ

タイガー・ウッズがセックス依存症だとかどうだとかいう記事も散見されますが、これは別に病気じゃないでしょう。カネもステータスもあれば逆に健全じゃないのかな。見方を変えれば、いわゆる操をとかいう倫理観こそが、道徳依存症というか常識依存症というか、病気なのかもしれないわけであって、まあ結局は多数派が正常であって少数派は異常であるっていうのが群衆本能なんでしょう。

それはともかく、今日も普通に目が覚めてしまいましたが、こういう状態にあるのって、別に仕事がどうとかそういうのが原因ではなくて、より根源的なものなのかもしれないなーと。まあいいんですが、当座の問題としては睡眠薬がなくなってきたのでそろそろ入手しなければならないのに、そのための時間すらなかなかとれないのが困りものです。
posted by LHNMeaning at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

初の歯神経除去

1月は現時点で時間外50時間くらいか? そんな中、泣きっ面に蜂という感じで銀歯が外れてしまったので、本日夜に歯科衛生士のおねーさんに会いに行ったのですが、なんと銀歯の裏側がしっかり虫歯になっていて、神経までイっちゃってたとのこと。てなことで、麻酔たんまり打たれて神経を取ってきました。一応、初めて。痛みもなかったのでそんな虫歯になってるとは思いもしませんでしたが、案外末期癌が見つかったりするときの感覚も似たようなものなんだろうなあと想像します。

神経は極力とらない方がいいとはいうものの、一方では若いうちからとってる人もいますので、別にそう珍しいことではないんだと思いますが、初めてというのは何事につけ新鮮なものです。人間自体、エントロピーの増大に逆らえない存在なわけですが、歯というのは基本的には経年劣化する一方ですから、朽ちるという減少がある意味象徴的に見えるところであって、まあ着実に終末に向かっているなあというところです。本当は今日寝て明日永遠に目覚めないというのが理想ですが、ここしばらく同様の希望を持っていてもなかなか成就しないので、まあ今晩も無理でしょうね。

しかし、こういう生活をしている人が多いとするなら、まあ民主主義なんて形だけですね。
posted by LHNMeaning at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

Love Cupids 「春が来た」

スペースシャワーTVで、ついに、ついに、待望の「春が来た」(Love Cupids)がOA。多分、ナツメロ系の「春」特集って感じ。毎日チェックしてるわけじゃないんですけど、たまたま見つけられてラッキーです。かなり貴重な機会だと思いますので...。早速PVコレクションにゲット。これでまた一つ、死ぬまでにやるべきことを片付けられました。着実に使命を終えつつあります。同時に、こういうことでもないとやってられません。

2010011201.jpg

昼間の生活の方は、年初二週間目にして、死兆星が見えるような雰囲気。まあ年頭にも書きましたが、今年についていえば精神衛生上は「借金のカタに売り飛ばされてしまった」くらいの気持ちで過ごすのがよろしいのかなと。多分、死んだ魚のような眼をしてるんじゃないかなあと思います。
posted by LHNMeaning at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェザーも慣れが必要

2010年の球撞き 2回(2.0時間)

月曜日に早速二回目の一人練習。今年の課題の一つ、フェザーの改造に取り組んでみましたが、まだ全然リズムがつかめないです。まあ、こういうのは、ちょっと何かを変えるだけで劇的に違和感が生じたりするのはスポーツの常ですから、しばらくは焦らず慣らすことも必要かと。方向性としては間違ってないように思えますし。
posted by LHNMeaning at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

撞き初め

2010年の球撞き 1回(1.0時間)

2日前の話ですが、一応、一人で1時間最初の球撞き。New Year's Resolutionを書いておきます。

■フェザーをもうちょっと美しく
早い時間帯だったこともあり空いていたので、S90で動画を撮ってみたのですが、フォーム全体は悪くないんですが、フェザーがちょっとスムーズではなく美しさにかけるなーと。現状、テークバック重視のフェザーになっていて、これはプロを見ている限りでは、ストローク重視のフェザーに変えた方が、全体が流れるような感じになると思われます。てなことで、球の内容はともかくとしても、フェザーをもっと美しくと。今年はいずれにせよ忙しくてあまり撞き込みはできないので、このあたりが目標としては丁度いいかなとね。

■コンタクトかレーシック検討
別にメガネでも何とかなるわけなんですが、やっぱコンタクトかレーシックでメガネレスにする方が、プレイ中に限ってみれば好ましいことは間違いありません。ただ、レーシックは数十年スパンでの長期予後になんとなく不安があります(そんなの気にするのはアホだと言われることは承知)。すると、ビリヤードの時のみってことで、1日の使い捨てというのが現実的なのかな。後は、「眼に装着する」という経験がありますので、ここで精神的および技術的に踏ん切れるか、あとは慣れられるか、というあたりですか。一応、ビリヤードが主動機ってことにしておきますが、メガネじゃない方がステキという数件の異性コメントがあったとかなかったとか...。まあ余談ですね。

中期的には、球撞き的には、まだシニア的な年代に入るまでにはあと5年程度は猶予があるかと思いますので、折角勤務先がでかくなったってことでその期間中にスヌーカー国に飛ばされてみたいものです。理想は本場のイギリスというのはもちろんとして、次点は案外中国本土・香港だったりします。スヌーカーのランキングトーナメントツアーは基本イギリスなんですけど、中国開催もあるんですよね。転勤は自分でなんとかしようと思ってできる話じゃないので、宝くじ同等てな程度の期待値しかもってませんが、まあ人生何があるかわかりませんし。
posted by LHNMeaning at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

暗い話でもないか

前回の続きでいえば、まあ別に高齢者がいなくならなくても、ハイパーインフレはひとまず少なくとも利払い負担を軽くするから、効果があるといえばあるでしょう。後は、別に社会保障負担が大きくても、それ以上の税収を得てしまえばいいわけです。つまり、これから現役世代になる方々は一人当たりのGDPを我々の世代の3倍くらい叩き出してくれれば、楽勝で国庫はまわるでしょう。ということで、頑張って!!!ってことですね(笑)。私はと言えば、「新しい時代を作るのは老人ではない」理論によれば、私はもうとっくに老人なので、後進に道を譲って、ということになるのかなと。



S90ですが、なまじピントがしっかりと合うだけに、逆に適当に撮っているだけではピントが合わず、というケースがそれなりにあります。つまり、撮影シーンに応じてAFモードを「中心」と「顔優先」で臨機応変に使い分ける必要があるかな、と。幸い、このAF切り替えをショートカットキーに割り当ててワンタッチ操作可能になったりするので、操作性の面ではそうネックになるわけではない。後は、人間サイドが慣れるだけです。

一度くらい行った方がいいかなということで、サンシャイン60展望台へ。夜景時間となると、まあカップルばかりなわけですが、さすがにそういう部分に関しては超越してきたような感があります。多分、一人でディズニーランドに行ったりすることもできるんじゃないかと思う。別に、その予定はないのですが...。

Shinjuku 09JAN2010
posted by LHNMeaning at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

本当に維持できるのか

今週も老衰しませんでした。あぁ。

ところで、30年前は小学生数が1200万人。現在は700万人。やっぱ社会保障費賄うのは、現在の延長線だと無理っぽい。戦争か疫病で私含めた「高齢者」が激減するのが根治策。ハイパーインフレで高齢者の資産と公的債務(ストック)を一旦帳消しにしてしまうという話もなされますが、社会保障費は高齢者がわんさか生きている限り、毎年フローとして発生してしまうので、その巨大なフローを賄うだけの収入(税収)がない限りは、すぐに債務が膨らんでしまうでしょうから、ハイパーインフレって単なるいたちごっこじゃないのかな。

2010010801.jpg

ところで、いつまで円安が国益と言い続けるんでしょうね。個人的には、1ドル1円になってくれれば、今すぐドル経済圏に移住してアーリーリタイヤできるんですけど。1ドル90円半ばだと全然無理! 日本人は国家以外は基本的にキャッシュリッチなんだから、円高が国益なんじゃないのかな。
posted by LHNMeaning at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

これがあるべき姿では

これは凄い。皮肉ではなく、これこそ星5つとるべきじゃないのかな。こういうことができる人のことを、シアワセって言うんじゃないかと思います。

タイガー・ウッズは別に自粛しなくてもいいのに。結局、ヒトってのは退屈する生き物だから仕方がないんですよね。ショーペンハウァーも前からそう言ってたし。クスリに手を出すセレブが後を絶たないのも同様の理由じゃないかな。
posted by LHNMeaning at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

S90用にストラップ購入

1/4(既にずいぶん昔のような気が...)に、ハクバのハンドストラップ(HAKUBA)購入。S90に標準でついていたストラップはどうもフニャフニャすぎてストラップとしての機能を全く発揮していなかったので(ネットでもそういう評判)、下手に落下の原因になったりしたらコトだということで購入。本当は100円ショップ等でも探したのですが、ハクバのまともな品がヨドバシで実売300円程度なら無問題です。使用感も、実際にリストを通してみると、このストラップならスルリとフィットして、安心感が格段に増しました。

2010010601.jpg

今日で仕事二日目になるわけですが、早くも疲弊してます。本当に、今夜眠ったら永遠に目が覚めないでも悔いはない...という感じ。ただ、確率的にはしばらくの間は嫌でも再び目を開くことになるでしょうから、本当にダメになるその時を楽しみにしながらカレンダーが進むのを眺めるしかないってことなんでしょう。
posted by LHNMeaning at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

年賀状雑感他

年末年始だからというわけではなかったのですが(しかし否定はしない)、思い立ってユニットバスのパッキン部のカビをやっつけようと思い、ゴムパッキン用カビキラーを購入して試してみたのですが、これは案外効果的でした。本当に全て真っ白になるとまでは言いませんが、期待値以上の効果はあったと思います。普通にバスマジックリンでこすっても落ちないような黒ずみが、概ね落ちましたので...。一部、根の深い箇所なんでしょうか、とれない部分もありますが、印象的には90%程度は落とせたような気がして、これで実売価格300円台の薬剤なんですから、満足するべきかなと。なかなかの科学(化学)のチカラです。

到着した年賀状をパラパラ眺めていると...。やはり感じるのは、子供のプレゼンスって巨大なんだなってこと。一部、逆張りで「自分は、年賀状に子供の写真を載せたりしない!」というポリシーを守っている(と推測できる)人もいたりして、それはそれで微笑ましいですね。子供のプレゼンスっていうのは聞くところによれば、実際に自分で持ってみないとわからないところがあるらしくて、まあそういう世界も確かにあるんだろうなあと、それはそれで納得です。語り得ぬものについては私は沈黙しなければならないので、以上。ただ、ちょっと対象変えて語り続けるとするならば、以前に比べると、自分も周囲の動きに動じなくなったなあということには多少感心。すねているわけでもなく、かたくなになっているわけもなく、人それぞれ、と自然体でいられるような。ちょっと前の私は、もっともっと周囲の動きに惑わされていましたが、多数の人ってどうなんだろう、元々惑わないのか、あるいはもっと惑うものなのか。
posted by LHNMeaning at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

PV 2700突破

PVコレクションは引き続き順調に増加中で2,700を突破。今年は3,000の大台突破が当面のヤマ。

2010010301.jpg
posted by LHNMeaning at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

年賀状到着

3日以降到着分もあるかとは思いますが、年賀状がそれなりに。準備は大変ですが、年に一度くらいはこういうやりとりも良いものです。後は住所不明等で待ちに徹した分について返信書いたりして一段落です。

2010010201.jpg

今年の行動指針は、「ちっちゃな事からこつこつと」に決定しました。
posted by LHNMeaning at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一般参賀

一度くらい行ってみようかということで、一般参賀に出かけてきました。

Imperial Palace 02JAN2010

Imperial Palace 02JAN2010

素晴らしい陽気と青空で、日照下ではとても正月とは思えない暖かさでした。参加者は、当然といえば当然ですが、高齢者および海外からの観光客が目立ちます。
posted by LHNMeaning at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀行〜国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。日経平均は20年前比で1/4。タバコ価格は今年後半には20年前の2倍ってとこかな。

例によって大晦日は格闘技見ながら蕎麦食べて、みたいな感じ。今年は事前予想からしてもしょっぱい試合が多そうだなーと思っていて、吉田・石井戦なんてまさに期待に違わず、ということだったわけですが、最期にオマケのように放送された青木・廣田戦がすごいことに。もともとガチの試合って10戦のうち9戦くらいはショーとしては凡戦に見えちゃうものだから、今回もそんな感じだったということで想定の範囲内です。ただそれを踏まえても、PRIDEなき後の日本の総合はちょっと先細りな感じですねー。来年も放送あるのかなあ?

さてさて、今年は、まずは前半6ヶ月くらいは、自分が借金のカタとして売られてしまった、程度の認識で日々をこなしていくのが吉なのかなという一年になりそうです。具体的には、外部要因が大きいのは確かなんですが、内部要因としては私の性格だったり仕事へのスタンスだったりといったものが相互作用的に効いている面もあるので、コントローラブルな部分はなんとかうまくやるしかないかなと。正直、次の正月を無事に迎えられるかどうかは自信はありません。まあ、さすがにいつお迎えがきてもいいかな、と考えることのできる年代にはなってきたので、それはそれで一向に構わないのですが...。

そういう訳で、当面はあまりそれ以外のことに割くことのできるエネルギーは残ってないことがほぼ確定。物欲はそれなりにありますが、面倒臭さの方が先に立ってしまうので、結局のところは必需品および消耗品交換系の買い物にとどまるのではないでしょうか。薄型TVも結局はアナログ停波時期まで引っ張ってしまいそうな勢いです。引越しとかも、転勤とかになればやむをえませんが、そうでもないかぎり、動くパワーがないですね。まあ現在の住居が色んな面で十分ってこともあるんでしょうけど。結婚とか子供とかも、当面は考慮の俎上に乗せる時間的・精神的ゆとりがありませんので凍結ってことになりますが、まあこれは別にダメってことはなくて、本質的にはどういう道を選ぼうが好き好きという世界なので、要は無理にしなくていいことはしないというだけですね。気分転換の類については、諸条件が許す範囲内で、これまで以上に好き放題やっていこうかと思います。いわゆる世間体等は見て見ぬふりってことで。あと、相場的には、メガバン100円割れもしくは総合ゼネコンの50円割れ水準を待望するわけですが(まだ遠いけど)、もしそうならなければ、結局はマーケットインしないってことですから損も得もありませんね。

そんな中、可能な範囲ではありますが引き続き、プラグマティックな知識、そうでない知識、双方満遍なく吸収していければいいのかなと。恐らくその行き着く先には何も待っていない、あるいは待っているのは絶望や失望なんだろうけど、それでもやってしまうというのが本当の趣味というものです。

新年早々景気の悪い内容だと思われるかもしれませんが、そう感じること自体が「景気が良い/悪い」という二項対立価値観に拠ってしまっているわけで、果たしてそういう見方だけでいいのかなと考えてみれば、別に上記内容も景気が良くも悪くもないということになるので、これは私が別にKYだからこうなっているということも言い切れないわけですね。まあいわゆる「予定調和」ではないといわれれば、否定できないような気もしますが(笑)。

そういうわけで、引き続き、「死ぬまでは生きる」といったスタンスでの日々になるかと思いますが、実はそれってもともとそうだったわけですから、別に悲観することもないし、適当に愉快にやっていければまあOKなんじゃないでしょーか。
posted by LHNMeaning at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。