2009年02月03日

キャッシュフロー予測?

不動産デベロッパーでは珍しくもなくなってきましたが、異業種の富士火災も、まさに燃えています(リリース)。一撃で自己資本消失。

収益の変動というのは、かくも激しいものか、昨年の今頃に予想は可能だったのかどうか、など考えさせられます。

そこでDCF法。かつては勤務先の標準バリュエーション手法としてDCFを押し込んだりした前科(?)があるのですが、DCFで言うところの「将来キャッシュフロー」なんてもん、そんなのわかんねーだろ!ということをまざまざと見せつけられているように感じます。やっぱ、将来のことって、そもそも"語り得ぬこと"であるのかないのか、そういうところも考えないといけないんでしょうね。

そういや、ヒストリカルから得られたパラメータを使いまくったモンテカルロ法がものの見事に外れて絶望の淵へ叩き落とされたとかいう経験もあったようななかったような...。
posted by LHNMeaning at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アメリカン・オプションをモンテカルロするのが難しい理由 4/5 〜バミューダンのバリュエーション
Excerpt: ある時刻τと満期の2回だけ行使可能な最もシンプルなバミューダンをモンテカルロでバリュエーションしてみよう。 モンテカルロはとにかくごり押し手法なので、現在の株価Sから、ある時刻τでの株価をで発生させる..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2012-11-01 21:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。