2009年12月26日

最近の死語

本日の日経朝刊から。

竹田康志さん(仮名、27)には結婚を誓った女性がいる。彼女は言う。「家は一戸建てがいいな。実家に帰るための足として車も必要。子供は2人はほしい。専業主婦になりたい。」

ちょっと前なら一般的なお言葉だったかもしれませんが、そろそろこういう希望はかない難いご時世になってきたのかなあと思います。もちろん、こういうお言葉を受け入れる御仁もいることはいます。職場の同僚にも現実にいたかな。ただし、マスのレベルでは、こういう要望に応えることのできる人口というのは、ますます限られた数になりつつあることは間違いない。2chの一部ではこういうお言葉はずいぶん以前から血祭りにあげられており、そこでのロジックは、ちょっと前ならひがみっぽいように感じられたものの、現時点ではそれなりに妥当性のあるものになってます。

無論、これから大人になっていくような世代の女性は、それなりに時代に合った感覚を身につけていくだろうとは思いますけどね。個人レベルではともかくとしても、全体レベルとしては、今後進行していく新興国との給与水準収斂、これを前提に生きていくような発想を持たないと、ちょっと浮世離れしてるってことになるのでは。当然、平均値がそうなっていくというだけであって、分散は大きくなってくでしょうから、いかにして分布の右側への振れを狙うかということも重要ですね。てっとり早いのは芯から悪人になることでしょう。歴史的にみても、大チョンボしない限りは悪が栄える世の中のような気がしますし。
posted by LHNMeaning at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝手に名前使ってんじゃねーよ!
Posted by 竹田康志の妹 at 2013年11月25日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。