2007年01月28日

チームリーダーの教科書

藤巻幸夫「チームリーダーの教科書」読了。これは、決して藤巻氏のネームヴァリューで売ろうという本ではありません。内容が伴っている佳作です。

その所以は「管理者とリーダーは全く別物」という視点に言い尽くされます。これは実はみんなわかっているようでわかっていない点だと思います。一般的には、混同されています。会社の人事制度しかりですね。別途、「担当としての能力と、管理職としての能力は必ずしも相関が高くない、つまり別の能力が求められる」というのがあって、またこれも一般には誤解されているポイントですが、加えて管理者とリーダーの定義を私に印象づけてくれた本著の功績は大です。

そういった衝撃的なテーゼで導入した後は、一見TIPS集にも見えますが実はSPIRITUALなリーダー論で、このあたりは一つの意見として参考までに。最後に、リーダーは辛い面もあるけど、やりたいことに集中できるから面白いよ、とありますが、これはちょっと浮世離れしてますね。なぜなら、一般的な会社ではリーダーと管理者が混同されていますから、管理の仕事がたくさんあって、リーダーどころじゃなくなっちゃうのです(笑)。

いずれにせよ、本書は決してアカデミック系ではありませんが、今後組織論について頭を使っていきたい人には必読の書だと思います。時間もそう取りませんので機会費用は小さいですよ。



posted by LHNMeaning at 10:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

チームリーダーの教科書 藤巻幸夫(著)
Excerpt: 『人脈の教科書』に続いて藤巻さんの本。CLAのみなさんには特におすすめかも?! 18/200冊目。 チームリーダーの心得 チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつく...
Weblog: 創造マラソン
Tracked: 2007-03-12 10:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。