2011年02月13日

当面、東京での撞き納め

2011年の球撞き2回(11.0時間)

ようやく2月も中旬になり2回目の球撞きとなっています。まあこれには色々と事情がありまして、おまけに、今回は位置づけとしては東京で当分のあいだの最後の球撞きになります。てなことで、よくやる知人と一緒に。ナインボールを延々と6時間程度やり続けました。3人で、2人が3ゲーム先取で勝者残りという形で回していたら、たまたまなんでしょうが、ずっと残り続けたので、結果的には私が、相手2人と代わる代わる対戦するような形に。

対戦成績は、
vs Aさん 46ゲーム 30勝16敗
vs Bさん 17ゲーム 12勝5敗
合計 63ゲーム 42勝21敗

頻度が落ちているわりには結果だけはそれを感じさせないような形で、まあいい感じの一区切りとなりました。キューを水平に、フェザーは控えめに(その方が意図したフィーリングが出る)といった最近の課題を守りつつ。当分は引き続き練習不足な日々が続くとは思いますが、落ち着いたらまたペースを上げていけるのかどうなのか、というところです。
posted by LHNMeaning at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

撞き初め

2011年の球撞き 1回(5.0時間)

あけましておめでとうございます。twitterログだと翌日反映になるから、一応こちらの方が先に投稿されますね。

元旦から知人と5時間。昨年暮れ来試している、フェザーなしのストロークは悪くない感じで、当面これでやっていっていいのかなあと。後は、キューをもっと水平に使えると、球質的には改善が見られるのかな?

ここ2年くらいは主として仕事が忙しいこともあって停滞気味でしたが、2011年はどうなることやら。残念ながら、色々あるかとは思いますので、2011年は過去のピーク時なみに球撞くぞ!という約束はできませんが、2010年はあまりに酷すぎたので、もう少しは頻度を上げておきたいところです。くらいが、現時点で言える範囲では関の山かな。
posted by LHNMeaning at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

客が少なかったけど

2010年の球撞き 15回(40.5時間)

土曜の夜だから混んでるかなと思いきや、誰もいない。で、一人で1.5時間練習。ちょっとテークバックでキュー尻が上がっているかな?もうちょっと水平を意識した方がいいのかもしれません。方向性だとどうしても横軸のぶればかりに注意を向けすぎてしまいますが、上下のぶれは球質に大きく影響するから、いつまでも横のぶれ(つまり、入れということですね)ばかり気にしていては、上達も限られるのではなかろうかと。

今日はクリスマスだから空いてたのかな?いくら日本のそれがお祭り騒ぎとはいえ、最近は、そんなにクリスマスクリスマスという感じでもなくなったと認識していたのですが。実際のところは、もともと空いてるのか、クリスマスだからなのかは、わかりません。この店で土曜の夜に行ったのは初めてだし。

posted by LHNMeaning at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

フェザー無しで撞いてみようかな

2010年の球撞き 14回(39.0時間)

土曜日、先週の相撞きで露呈した練習不足を少しだけリカバーすべく、一人で一時間。

基本的には、構えた時点で成否は概ね決まっているような気がするので、フェザー(これはスヌーカー用語。ポケットだとなんていうか忘れました。ゴルフでいうワッグルのこと。撞くまえの予備動作。)を行わずに、構えたらスッと撞くような感じにしてみようかなと。慣れないと躊躇してしまうけど、少し慣れてくると、フェザーに多少時間をかけるケースと比べて、そんなに結果は変わらない感じ。リズム重視ということで。

構えがダメだと、フェザーを何度繰り返そうが、あまり結果はかわらないような気がするんですよね。それよりは、違和感を感じたら仕切り直して、ピタッと来たと感じたら、そのまま撞いてしまう方が、むしろ結果が良くなるような気がします。構えに入る前に、コントロール(強さやスピン)も意識して構えに入るのがいいんでしょうね。構えてからどこ撞こうかな、とか考えるのは、本当は良くないような気がします。

以上、理屈の世界じゃないかもしれないけど、2011年に向けてはそんな感じでリズムを作っていきたいなと。
posted by LHNMeaning at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

やっぱ練習不足すぎ

2010年の球撞き 13回(38.0時間)

久々に知人と8時間。ゲームやってると、さすがに、練習不足が露呈しますね...。根っこの部分からおかしくなってるわけでもないんだけど、手球のコントロールとかがかなりいい加減になってて。まあ感覚的な部分も大きいわけだから、これはブランクを素直に受けいれるしかないっすね。
posted by LHNMeaning at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

転居後の撞き初め(遅すぎ)

2010年の球撞き 12回(30.0時間)

遅ればせながら、転居後初めての球撞きに。転居したということは場所をどうするかという問題があるのですが、徒歩圏には良い店はなし。1軒あるにはあるのですが、小さな店のうえにダーツメインであるため、なんとビリヤードは1台。つまり、全ての台が華台状態ってことで、これはちょいとハードル高い。何度か覗いた際に、いまだかつてやってる人を見たことないのですが...。実はあと1ヶ所、最近まであったようですが、閉店した模様。ウェブサイトはなくなってるし、店の前の看板もなくなってました。ということで、徒歩圏にはなしってことで、都内に出れば色々あるわけなんですが、それも遠いし高いしということで、ひとまず東西線で千葉方面に下り、西葛西のサンビリへ。

2010120502.jpg

600円/h、ドリンクは300円からと、価格的には問題なし。今回使ったテーブルは、ところどころ少し狭くて撞きにくい場所がありましたが、一人でやる分にはあまり問題ありません(相撞きする場合はちょっと気になるけど、一人で練習するんだったら、撞きづらいところから撞かなければいいだけのこと)。コンディション等は普通に問題なし。

2010120503.jpg

で、なんと3ヶ月ぶりになってしまったわけですが、まあそれなりに普通にできたかなという感じ。これまでできたことは一通りできる感じだし、課題も引き続き同様。この感覚、以前、ゴルフでも感じたことがあるんですよね。それなりに自分の型ができてしまうと、多少感覚が空いても問題ないんだけど、欠点もまたしっかりと身体が覚えてる、みたいな。

とりあえずは久々ということもあり素朴にやったわけですが、メモとしては、
・自然な肘落としは効率的にキューパワーが手球に伝わるような気がする
・投げやりはダメ。弱くても強くても責任を持ったキューイングを心がける

以上でしょうか。

電車で数駅なら、ゴルフを初めとするその他各種の活動に比べれば、まだまだお手軽な範疇内と言ってよいかと思います。てなことで、とりあえず通うに十分な店もあることだし、仕事の方は、時間外労働が規制されつつ(個人的に)ある中、ボチボチ頻度を復活させていきたいなあというところです。

ちなみにこの店、二回目。6年前に家探しした際は、板橋ゾーンと葛西ゾーンが最終候補になったので、葛西のあたりは少しうろついたんですよね。その際に、一応チェックということでサンビリにも立ち寄ったことがあったのでした。
posted by LHNMeaning at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

久しぶり

2010年の球撞き 11回(29.0時間)

怒濤の6〜8月を乗りこえ、久しぶりに球撞き。結構デスマーチ状態だったんだけど、とりあえず生還祝いということになるのかも。

GW以来なので、3ヶ月以上間が空いたので、基礎を確認しつつセンターショット中心に。ポイントを押さえながらやれば、そんなにめちゃくちゃなことにはならないです。右足の置き方がちょっとわからなくなってたけど、前傾保つためにはやや開き気味にした方がいいというのも改めて確認できたこと。たまたま狭いポケットのテーブルに当たったけど、それはそれで練習としては良かったのかも。

無事に落ち着いてくれば、ペースを戻していきたいのですが、9月もまだまだ傾向としては過酷サイドのベクトルなので、次は10月、とかになっちゃう可能性も大。
posted by LHNMeaning at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

根本的な足りなさがあるような

2010年の球撞き 10回(27.5時間)

GW中ということで知人と8時間。これくらい撞くとさすがに疲れます。そんなにやりこんでいるわけじゃないので、調子はそれなり。良くも悪くもなく。ショットの強さを10段階で表すと、10段階撞き分けることがどうもできてないようです。3と5と10程度しかない感じ。とりあえず1〜10は自由に使い分けられるようにならないといけないんだろうし、本当は10段階じゃなくて、50段階とか100段階なんですよね、達人の世界では。このあたりは、個人的にはとてつもなく高い壁を感じるな〜。

ゴルフでいえば、ミドルアイアンでヤード単位の精度を出せるかどうかとか、モータースポーツでいえば限界まで攻めても2秒足りないとか、そういうところなのかな。でも、地道に鍛錬する以外に、どうしようもないです。
posted by LHNMeaning at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

気がつくと2ヶ月ぶり

2010年の球撞き 9回(19.5時間)

友人と3時間。なにかと忙しく、気がつくと2ヶ月ぶりになりました。例によって、間隔が空いてもまあそれなりにってことです。久しぶりに8ボールをやりましたが、9ボールとはゲーム性が若干異なっていて、なんか新鮮でした。9ボールも8ボールも14-1もどれもそれなりに味があります。

Dottはリード。さすがに眠いので英国時間夜のセッションは見ることができませんが、このままいけば決勝はRobertson vs Dottになりそうな感じ。ただ、Selbyもしぶといので、まだSelby vs Dottの結果はわからない。
posted by LHNMeaning at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

Steve DavisのBrownダブル・Blueキャノン

昨日のHiggins vs Davis、最後は凄いショットで勝負が決まりました。(YouTube

Brownをダブルで入れると同時に、Blueをキャノンで動かす。そしてそのままPinkまで取って勝利。

2010042506.jpg

2010042507.jpg

2010042508.jpg
posted by LHNMeaning at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

Snooker Live Video

Snookerの世界選手権、Liveで放送されているサイトを発見。これは、ひょっとするとF1とか色々見れるんじゃなかろうか?インターネット万歳。

2010042401.jpg
posted by LHNMeaning at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ベスト8

2010年の球撞き 8回(16.5時間)

週休一日の日曜日、ハウストーナメントへ。結果は、64人参加でベスト8まで。それなりに楽しめましたが、最近頻度が落ちてるせいか、なんか凡ミスもあるんですよね〜。でも最後に8強で対戦した相手はかなり隙がなかったので、現状でベストのプレイができたとしても、運が良くないと勝てなかったんじゃないかな。とはいえ、まあ一応はゲームにはなってたかなということで、よしとしましょう。

一応ベスト8からは商品が出て、ギフト券2,000円分。参加費が2,000円だったので、チャラですね。しかし、平日夜も職場にいて、土曜も職場にいて、日曜は遊んでチャラ、とかいう日々を送ってると、食費・生活雑費以外に全くカネを使いません...。でもそれは私が独身だからであって、家族があったりすれば、自分が使わなくても子供関係の支出とかで勝手に出ていっちゃうのかなぁ? まあそれはそれで意義のある使い方ってことになるんでしょうから、どっちがいいとか悪いとかはありません。どーせ死んじゃえばみんな一緒ですしね。子孫とか、相続とか、そういうことは知ったことではありません。その時代その時代をまさに生きている人たちが、自分でなんとかすりゃーいいわけです。
posted by LHNMeaning at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

今年初めての相撞き

2010年の球撞き 7回(13.5時間)

知人と今年初めてとなり、5.5時間。2人ならこれくらいは全然問題なしです。内容の方は、まだ新しい感覚がものにできてないせいか、マスワリも出せず、かといって極端にボロボロでもなくといった感じ。合間に少し練習した際に、手玉フリーで短・短クッションに離して置いた8番9番の取り方の練習をしたのですが、これは非常にためになるなあということを発見。数年前やったときはそんなに意義を感じられなかったので、このあたりからも、ゲームの見え方がゆっくりだけど徐々に変化してきていることを認識。今なら何時間練習しても飽きなさそう。
posted by LHNMeaning at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

CRC556出動

最近、キューのジョイントがやけに固くなっていて、外すときは特にこんなに力かけていたら、これが原因で手首を故障したりするんじゃないか?という勢いでした。といいつつ、そんな状態を我慢していたのですが、これは何らかの対策が必要だということで。まあ、高確率でサビが原因でネジがきつくなってるんだろう、とばかりに、一家に一本のCRC556が出動。ジョイント部に吹き付けて、なんどかグリグリ回転させているうちにサビが浮いてきたのでしょうか、購入当初を彷彿とさせる「緩すぎず、固すぎず」の装着感が戻ってきました。この威力は伊達ではありません。

過酷な環境下ではないとはいえ、やはり空気による酸化は避けられないということで、今後も年に1回程度は(クレ推奨は3〜6ヶ月に一回)CRC556でのメンテが好ましいですね。

あと、CRC556はサビ落としには良いらしいですが、その後は無防備になってしまうので、防錆を意識するなら別途それ用の油などを使うべきらしいです。とりあえず、自転車油でも軽くつけとくかなー。

Pool Cue
posted by LHNMeaning at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに撞き込み

2010年の球撞き 6回(8.0時間)

一人で3時間やったのは、かなり久しぶり。知人と撞くとき以外は1時間ってパターンが多かったのですが。とはいっても目新しいことはなく、現在修正中のところを丹念に繰り返すのみです。日常というのはこんな感じで地味なもの。
posted by LHNMeaning at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

なんとか週一で

2010年の球撞き 5回(5.0時間)

1回1時間とはいえ、週一ペースで。撞いていて、全体的に、方向としては間違ってないなあという感じで、練習もまた楽しい感じ。キューもかなり水平に動かすことが当然のようになってきてるしね。

当面、慣らしを意識する点としては
・メリハリのあるグリップ握り込み
・足から決めるセットアップとスムーズなフェザー
・必要十分なキュースピード(大抵は必要以上に速くしちゃうので、基本的にはゆっくりめ)

徐々に徐々に球が変わってきているような気がします。気のせいじゃないといいけどね。
posted by LHNMeaning at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

グリップの力の入れ方

2010年の球撞き 4回(4.0時間)

1月はよくぞ4回も行けたなという感じ。ちょうど2月のB/C級のエントリー中だったので、申し込んできました。こういう状況なので結果は求めません。息抜きになればいいかなという程度で。

新しいリズム(フェザー)については、まだ全然ぎこちないなあと感じつつも、時間をかけて身につけていくしかないので我慢。そんな風にひたすら撞いていたところ、テークバックからインパクトにかけてのグリップの握り込みの力加減について、これまでとはちょっと異なる感覚。どのスポーツでも、80%の力というのは難しいものです。100%か50%かになってしまう。でも、今日何回か感じられた感覚は、これがいわゆる80〜90%の力ってやつかな?というものでした。こういう部分になってくると、もはやこれ以上言葉にはする術がないんですが、これまた、いつかは必ず通らないといけないポイントを経過しようとしつつあるようです。球撞きはマジで奥深い。
posted by LHNMeaning at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

右足で位置決め

2010年の球撞き 3回(3.0時間)

今年は昨年よりは頻度高めな年始の状況。引き続きフェザーを新しい感じに変えて試しながら。このためにはフォームをスッと決める必要があるのですが、それはイコール、右足をスッと適切なところに置けるかどうかということではないかな。
posted by LHNMeaning at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

フェザーも慣れが必要

2010年の球撞き 2回(2.0時間)

月曜日に早速二回目の一人練習。今年の課題の一つ、フェザーの改造に取り組んでみましたが、まだ全然リズムがつかめないです。まあ、こういうのは、ちょっと何かを変えるだけで劇的に違和感が生じたりするのはスポーツの常ですから、しばらくは焦らず慣らすことも必要かと。方向性としては間違ってないように思えますし。
posted by LHNMeaning at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

撞き初め

2010年の球撞き 1回(1.0時間)

2日前の話ですが、一応、一人で1時間最初の球撞き。New Year's Resolutionを書いておきます。

■フェザーをもうちょっと美しく
早い時間帯だったこともあり空いていたので、S90で動画を撮ってみたのですが、フォーム全体は悪くないんですが、フェザーがちょっとスムーズではなく美しさにかけるなーと。現状、テークバック重視のフェザーになっていて、これはプロを見ている限りでは、ストローク重視のフェザーに変えた方が、全体が流れるような感じになると思われます。てなことで、球の内容はともかくとしても、フェザーをもっと美しくと。今年はいずれにせよ忙しくてあまり撞き込みはできないので、このあたりが目標としては丁度いいかなとね。

■コンタクトかレーシック検討
別にメガネでも何とかなるわけなんですが、やっぱコンタクトかレーシックでメガネレスにする方が、プレイ中に限ってみれば好ましいことは間違いありません。ただ、レーシックは数十年スパンでの長期予後になんとなく不安があります(そんなの気にするのはアホだと言われることは承知)。すると、ビリヤードの時のみってことで、1日の使い捨てというのが現実的なのかな。後は、「眼に装着する」という経験がありますので、ここで精神的および技術的に踏ん切れるか、あとは慣れられるか、というあたりですか。一応、ビリヤードが主動機ってことにしておきますが、メガネじゃない方がステキという数件の異性コメントがあったとかなかったとか...。まあ余談ですね。

中期的には、球撞き的には、まだシニア的な年代に入るまでにはあと5年程度は猶予があるかと思いますので、折角勤務先がでかくなったってことでその期間中にスヌーカー国に飛ばされてみたいものです。理想は本場のイギリスというのはもちろんとして、次点は案外中国本土・香港だったりします。スヌーカーのランキングトーナメントツアーは基本イギリスなんですけど、中国開催もあるんですよね。転勤は自分でなんとかしようと思ってできる話じゃないので、宝くじ同等てな程度の期待値しかもってませんが、まあ人生何があるかわかりませんし。
posted by LHNMeaning at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

撞き納め

2009年の球撞き 13回(43.5時間)

知人と5時間の撞き納め。結局2009年は色々と余裕がなく、ほぼ月1ペースまで落ち込んでしまいました。ただし、これは当初から覚悟はしていたことで、目標も「現状維持」に置いたので、その面ではちゃんとやれたかなと。頻度が落ちたことにより微妙な取りこぼしが出ているのは致し方ないですが、球質などはそう悪くない状態をキープしています。言い訳っぽいですが、頻度が落ちることにより初めてわかること、こういうのも全くないわけじゃないです。来年も、転勤するとか離職するとかいうような日々の大局観の大きな変動がない限りは、引き続き現状維持モードにならざるをえないとは思いますが、こればかりは、なるように任せるしかありません。



有馬はお祭りだし一応参加。外れても、今年は収支トントンというところでしょう。函館記念以外はまともに当たった記憶がありませんが、そこでがつんと浮上したので、年間だとちょうどイーブンという感じ。健全な範囲です。



昨日は夕食後に猛烈な腹痛。内蔵のどっかが詰まったかと思いましたが、多分単なる食べ過ぎ。一晩ねると、ちゃんと朝マック普通に食べられましたし。しかし昨日の夕食も、別に普通の量だったんですが、あれはなんだったのか。単に胃の調子がイマイチだっただけ、程度ならいいんですけど、実はスキルス胃ガンになってたとかいうことになるとシャレにならない。でも、そういう人って確率論的には世の中に一定割合存在するわけだから、それはそれで受け入れないといけないな。そうだったらそうだったで、多少残念なこともあろうかとは思いますが(すぐには思い浮かばないけど)、あまり思い残すこともないかな。煩悩と健全な距離感を保つには(例えば、一部の宗教的なやり方は、ある意味不健全に距離をとるような印象があります。個人的にはね)、思想史やるのが案外良いのかもしれないです。つかずはなれず、という感覚がなんとなくわかるような。救いは得られないんですけど。救いの面ならやっぱ宗教の法が適切か。
posted by LHNMeaning at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

8時間

2009年の球撞き 12回(38.5時間)

相変わらず頻度は落ちてますが、知人と一緒だったので8時間の長丁場。調子は前回同様それなり(頻度落ちてるから調子がた落ちということには意外とならない)なんですが、まあこんなペースだと上手くはなりませんよね。現状維持がいいところ。ただ、現在の私を取り巻く諸状況を勘案すると、現在はそんな感じでいくしかないなあと納得はしています。上手くならなくても、気分転換になっていたり、良いこともあるでしょう。
posted by LHNMeaning at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

間隔が開いてもそれなりに

2009年の球撞き 11回(30.5時間)

お休みということもあり知人と5時間。前回の感触通りというかそれ以上に、間隔があいた割には、まともにゲームになりました。だからといって上達は当然してないんですけどね。邪念が抜けたというところもあるのかもしれないです。やっぱり、セットアップを決めれば、あとは難しいことを考えなければ入れは問題ありません。ここから先は、理屈より、「別に何も考えてないけど、普通そうでしょ?」みたいな条件反射のバリエーションを増やす以外になく、それには時間を費やすしかありません。ただ、今は、それに費やすだけの時間を確保するだけの優先順位付けはできてないかな...。

5時間、ぎんぎんに集中してあっという間に過ぎてしまいます。これは、ビリヤードをやる人にしかわからないんじゃないかな。徹マンがあっという間に過ぎるというのも、麻雀やらない人には理解しがたいところでしょうし。1日中パチンコ屋にいるというのもそうかな。まあ熱中した遊びはそんなもんかと。で、5時間で3,000円というわけで、ビリヤードはやっぱり都市型のリーズナブルなエンターテインメントという位置付けは不動だなあと。ゴルフはやはり東京では厳しい。朝早く起きて、交通費等を含め1.5〜2.0万円ほどかけて、それなのにスタートホールでトリプルボギーを叩けばもうその時点で一日終了、みたいな。これは私の場合精神をやられます。
posted by LHNMeaning at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

基礎はシンプル

2009年の球撞き 10回(25.5時間)

4月以降、あまりに忙しかったので、ビリヤードの頻度は落ちていました。本日は久しぶりに1時間。何事もそうですが、少し時間が空いたところで、当然うまくはなってないけど、そんなに崩れてもいない。身体が覚えているわけです。

しかし時間が開くだけ気がつきやすいことというのもあって、本日感じたのは、結局のところ、入れに関していえばキューを正しい方向にセットすることで90%は成否が決まるっちゅーことです。あとはその正しいキューの方向通りにキューを移動させるだけ(これが、ひねったり押し引きを加えるとブレやすいというわけ)。ビリヤードに限らず、あらゆることで原理はシンプルです。それに気付いてないこともあれば、気付いているけど大事さがわかってないこともある。そういうもんだろうなあ。
posted by LHNMeaning at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

Snooker 09/10シーズンは6戦

スヌーカーは、理由はすぐにはわからなかったのですが、Northern Ireland Trophyが抜けて、ランキングトーナメントは9月のShanghai Mastersを皮切りに全6戦とずいぶん減ってきました。やっぱり金融危機によるスポンサー撤退かな? 全6戦のうち、China Open含め2戦が中国というのも、なんか凄いですね。Snookerの世界では、もう、日本なんて中国の側にある単なる小島になってます。政治経済的にもベクトルはそっちに向いているみたいですが。

そろそろ中国語の勉強始めないといけないかな。
posted by LHNMeaning at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

新宿サムタイムがバグースに

歌舞伎町のサムタイムが閉店、ただしバグースが引き継ぐのでビリヤード場としては残るみたいです。(サムタイム) ダーツの比率が増すかもしれませんし、スヌーカーテーブルは恐らくなくなってしまうのでしょう、そうすると、ちょっと残念ですね。バグースは他にもたくさんありますし。

新宿は最寄りというわけじゃないので、サムタイムに行った回数は通算10回程度かなあ。新宿でやるならサムタイムに行ってたので、遠い割には結構行ったような感覚があります。

さて、やっと週末ですが、金曜日にはヘロヘロ、HP 1 MP 0、そんな状態。人それぞれ、時には色々な状況に陥るってことですね。

本日、HP12cの交換機が午前中に到着する予定でしたが、こないので、配達担当のクロネコに電話したのですが、現在も荷物の所在の確認がとれません。やっぱ、物流って、地味ではありますが、生活においては非常に重要ですよね。資金繰りと似てます。うまくいって当たり前、へまをしたら怒られる。
posted by LHNMeaning at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

リスト

2009年の球撞き 9回(24.5時間)

連休中に1度くらい、ということで知人と7時間。調子は良くも悪くもなくですが、不安を持ちながら撞くとかいった最悪の状態ではなかった、つまりはブランク&未熟さがゲームを甘くしていたということで、総じていえば順調なのかな。

今日思ったのは、他の人のストロークを見ていると、上手な人でも、手首が固い人もいれば柔らかい人もいるなあと。キューアクションのことをかんがえると、柔らかく使えるようなフォームが理想なんでしょうけど、手首を固くしてフォームを作っている人は、まずは安定性を求めているうちにそうなっているのかな?と推測しています。私の現状レベルだと、手首を固めて多少安定させたとしてもタカが知れているので、リストを柔軟に使えるようなフォームを目指していきたいところ。

スヌーカーのWorld Championshipは、John Higginsがスリータイムスチャンピオンの仲間入りで幕を閉じました。
posted by LHNMeaning at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

休み明け / 美と機能

2009年の球撞き 8回(17.5時間)

3月あたりからせわしない日々が続き、4月にピークを迎えていたこともあり、少々ブランクが。久しぶりに1時間だけ練習です。いつも行くビリヤード屋では少々配置換えがなされており、時間は着々と経過するんだな、と。ブランクは今回が初めてというわけでもないので、まあいつもの休み明けと同じような感じです。そんなにメタメタになることもなく、だけど、ちょっと空間感覚がぼけてるかな、みたいな。良くも悪くもそれなりに安定ゾーンにはきてるということでしょうが、上達方向に向けても安定しちゃってるということは、ちょっとやそっとでは上手くならないということであり、慢心してもいられません。そもそも慢心するようなレベルじゃないですが。

イメージとしては、頭や肩をスクエアにした感覚はブランク前同様にしっかりと。後は、インパクト前には力が一切入ることなく、パワーを感じることがあるとしてもそれはインパクトからフォローにかけて。これはプロを見ていてもわかりますし、ゴルフなどでも通じるものがあるところ。下手くそは、インパクト前にパワーのピークが来たりするんですよね。これは、技術的にどうかということもありますが、何より、美しくないんだろうなあと。

美しくないといえば、話は球撞きからはずれますが、自動改札でICカードを叩きつけるようにして通り過ぎる人がいます。善意に解釈すれば、過去に認識ミスでゲートが閉まったりした嫌な思い出があるのかもしれませんが、あまり強くヒットするのは、美的にはどうかなあと。そもそも非接触ICをあれほどのパワーで接触させる(厳密には間に定期入れの素材等が挟まってるから非接触ではありますが)ということからして、悪い味方をすれば知的能力を疑われかねません。とはいえ、逆に、認識するかしないかギリギリの遠いところを攻めるというのも、失敗したときに後続に迷惑をかけますから、個人的にはやっぱり定期入れとIC読み取り面が触れず離れずくらいで認識させるのが目立たないながらもスマートなのではないかなあと。

同系の話をしてしまえば、PCでキーボードタッチがやたら強いのもいただけません。あれは、昔ゲーセンに行ってたころの名残か何かなのでしょうか?とにかく、端で仕事してると、まず騒音は困るなあというところですが、これまた美的にはどうかと。そもそも余程粗悪なキーボードでない限り、入力認識にそれほどの力は要しないわけですから、それに対してむちゃくちゃな力でタイプするというのは効率的ではないでしょうし、今風にいえばエコじゃない。個人的には美しいタイピングというのは、スピードと静粛さをギリギリのところで両立させたところにあるのではないかと。そういう私も、タイピングスピードテストとかやると、どうしてもタイピング音が大きくなりがち。まあ自戒を込めて精進したいところ。あと、これはあくまでタイピングだけの話であって、タイピング単体でいえば、下品でない限りは、速ければ速い方がいいです。でも、業務効率ということでいえば、IMEの性能や、ON/OFFキーなどファンクション系のキーをどう使いこなすかという点も大事。まずIMEなんですが、私の知る限り企業ユーザーはまずMS-IMEをそのまま使っています。ATOKが完璧だとはいいませんが、企業ユーザーの管理者はそもそもATOKなどIMEには選択肢が存在するということ自体から知っているのかどうか怪しい物がありますね。MS-IMEの性能が日々向上しているというならともかく、一説には、退化しているという話も聞きますし。これは実はずっと謎に思っていたことです。

かなり脱線しましたが、つまり、美しい物は機能的でもあるのです!ちゅーことで、そういうストロークを目指していきたいなあと。え、工業デザイン論に毒されすぎ?
posted by LHNMeaning at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

Hendry 147

40歳のHendryが147達成。(Sporting Life) とはいえ、現在Shaun Murphyにリードを許していますが、ゲームの結果はどうなることか。昨年はRonnieが147達成後、そのまま優勝まで走りましたが、Hendryが久々に優勝となれば結構盛り上がるかも。あと、40歳というのは暗黙のうちにベテランの域という意味が含まれています。そんで、まあ私の年齢も似たようなもの。私ももう、スポーツ選手でいえば、明らかに盛りを過ぎたり、引退をかんがえるような年齢になったということですね。別にネガティブなことをかんがえているわけじゃないです。良い歳の取り方というのはいくつも好サンプルがありますし、そもそも不老不死だとしたらこの世は地獄でしょう。人間は死ぬから生きられる。だから歳をとるのも別にwelcomeなんですけど、生物学的には私の場合は折り返し点を過ぎちゃったんだろうな、という現状認識は必要かと、ただそれだけです。

2009042901.jpg


posted by LHNMeaning at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

終始流れを掴みきれず

2009年の球撞き 7回(16.5時間)

大会ですが、
1回戦 3-4負け
敗者1回戦 3-2勝ち
敗者2回戦 1-3負け


3試合を通じて、一度もリードしたことがなかったということで、非常に苦しい一日でした。調子はまあ普通。相手も、こちらが外したらもう回ってこないってことはなくて、サービスしてくれる。でも、こちらも詰め切れず。敗者1回戦では0-2とストレート負け直前まで追い込まれましたが、そこから3ゲームまくって何とか1勝できたのが救いですか。やっぱり短期決戦は、ちょっとしたミスや巡り合わせで結果がガラリと変わってしまうので、水物ではあります。また次回頑張るしかありません。
posted by LHNMeaning at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。