2011年08月02日

Manfrotto 732CY & 494RC2

こちらは冬の夜が長いので、夜景を低ISOでびしっと撮るには、やはり三脚は必要でしょうということで、初の、いわゆるマトモな三脚を買ってみました。Amazon.deで安くなっていたので、Manfrottoの732CYに、雲台は494RC2を組み合わせて。732CYが80EUR、494RC2が56EURなので、VAT込みであることを考えてみると、それなりにリーズナブルです。日本円で15,000円くらい。

到着してみて、まだ日も長いこともあり、本格的に使ってはいませんが、ちょっと触ってみるだけでも、これまで私が使っていた数千円の卓上三脚や、卓上に毛が生えたような三脚(一応、ハクバだったりするのですが、値段が3,000円とかですし)とは比較にならないような本格派のオーラが出てます。もちろん、732CYは軽量・コンパクトな製品であるため、それなりの三脚の中では、ヤワな部類に属するようですが、移動手段はクルマじゃないわけだし、機材がA55でそんなに重いレンズも使わないので、まあ問題ないんじゃないかと。

目先、仕事も忙しくてあんまり余裕がないので、デビューは先になりそうな気がしますが、一応、一家に一台あってもいんじゃないのかなあということで。

20110802.jpg
posted by LHNMeaning at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

自転車購入

遅ればせながら自転車を購入。ネットの掲示板で、オランダを離れる人から中古で100EUR。秋までは気候も良いはずなので、これでクルマは無くとも行動範囲が少しは広がるかなと思うけど、こちらでは施錠をかなり万全にしないと盗難に遭ってしまうらしいので、それがちょっと面倒臭いかな、という予感がしている。

20110530.jpg
posted by LHNMeaning at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

iPhone4 White

携帯電話は継続検討事項だったんだけど、結局、本日付で、iPhone4 Whiteを契約。キャリアはVodafone.nl。そりゃ、次世代機が出るまで待てるものなら待ちたいけど、それが夏なのか秋なのか年末なのかもわからない中、プリペイドのNOKIA1616で凌ぐのも限界があるかなと。すぐに、4Sなのか5なのか知らないけど新型登場するだろうが、2年契約ということで地道に4白を使い続けることになる。ただ、半分は自己正当化、半分はマジなんだけど、iPhoneは4で一応の完成を見ていると思うので、ここから先の進化の限界効用はさほど大きくないのではないかと想像している。そりゃ、バッテリ持ちが2倍になりますとか、そういうのは別にして(しかもこれはありえない)、デュアルコア化や、LTEや、カメラ高画素化、画面大型化など、十分ありうるようなアップデートに関しては、実は日常使いにおいてはそこまで劇的なエクスペリエンスの差はもたらさないのではないだろうか。それに比べ、3GSから4への進化は、Retina、露出が明らかにアンダーすぎた3GSのカメラ、HDR等、それなりに大きかったんだなあと感じる。

20110513.jpg
posted by LHNMeaning at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

Companion2購入

今日もダラダラいきそうな土曜日だけど、思い立って近所の電気屋に行って、Bose Companion2を購入。99EUR。VAT込みでこの値段というのは日本より安い。ひとまず、例によって液晶テレビの音質はかなりイマイチなこと、かつ、PCスピーカでは音楽を聴くに堪えられないこと、これらを考慮して、お手軽なソリューションに走った次第。アナログ2系統の入力なので、1系統はデジタルTVチューナーからアナログ接続。もう1系統はAirMac Expressから同じくアナログで。これで、TVの音声はしっかり鳴らすことができるようになり、PCのiTunesから音楽も再生可能。

Companion2はといえば、かつてCompanion3(こちらは値段が3倍)を購入した際に、値段を考慮するとかなり悩ましかったくらいにCompanion2も良く鳴るので、音質については納得済での購入。無論、Companion3には見劣りするけれど、Companion2もTVスピーカとしては十分すぎる能力だし、音楽用としても、PCスピーカしかない状況からすると凄いジャンプアップ。最低限は鳴ってくれるので、これ以上は趣味と資金力の世界になる。これでひとまずは大丈夫だとして、そのうち暇になったりすれば、まともなオーディオの導入を検討するかもしれないが、いずれにせよ繋ぎとしてはOK。しかし、考えもせずにとりあえずBose買っとけ、となってる俺は、すっかりBoseに全幅の信頼を置いているらしい。人によって好き嫌いがあり、特に、いわゆるオーディオマニアからはけなされることも多いメーカーなんだけど、小さな筐体でそれなりに心地よく鳴らしてくれるという点においては、やはりこの世にこういうメーカーが一つあることはありがたいことだと思う。

RCAケーブルは、一瞬、高いのしか売ってないかと思ったけど、ちゃんと3〜4EUR程度の廉価品も売ってた。最初は15EURくらいのメーカー品しかないかと思ってたけど。現在の機器構成なら、ケーブルは安物で十分。

ちょっと聴いてみた感想としては、部屋の広さが東京時代の5倍とかになってると思われるので、音響の感じが全然違うから、想像してたのとは少し違う。Companion2は、一応、ニヤフィールドに最適化されてると思うので、ちょっと力不足かも。TVだと違和感ないけど、音楽鳴らしていて、そんなことを思った。あるいは、空間の違いによる響き方の違いで、これはこれでありということかもしれないけれど。

20110326.jpg
posted by LHNMeaning at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

プリペイド携帯購入 NOKIA 1616

自分の周囲だけとにかくあらゆるインフラが整っていない状況にあって、ようやく住処は決まった。もう一つは通信手段で、何しろ携帯がないと色々不自由。一応、緊急用として日本で使っていたiPhone4を持ってきたんだけど、緊急用と思っているのは俺だけであって、周囲はとりあえず俺に電話したければその番号しか使えないわけだから、以外にも色々かかってくる。無論、それは国際ローミングなので、受信側の俺にも通話料が発生する。一応、一番ローミングフィーが安いVodafone NLを強制選択しているんだけど、それでも120円/分くらい。もう、都合50分以上・100分以内くらいは話したんじゃないかな。10日でこの調子だとさすがに厳しい。とはいえ、まだ銀行口座も持ってない以上、こちらで携帯契約する準備は整っていない。本当は、最初からこちらでiPhoneなりAndroidなり契約したかったんだけど、これはやむを得ないとばかりに、プリペイド携帯購入に踏み切ることに。で、早速購入してきた。実際に店舗で価格を見ると、こんなに安いのか、という感じで、これなら到着早々買っておいても良かったと後悔。まあ、まだ到着早々の範疇なのかもしれんけど。

20110312.jpg
posted by LHNMeaning at 19:00| Comment(0) | TrackBack(1) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

Tamron 18-200 F3.5-6.3 (A14) 投入

購入していたTamron 18-200 F3.5-6.3 (A14)を、週末に伊豆・鎌倉方面に行く用事があったので、実地投入。お手軽に広角から望遠まで、という趣旨通り、旅行時などは非常に使い勝手がいいレンズでした。そのうち最新の18-270mmもソニーマウント発売されるでしょうが、値段も高いし(その分モーターとかも良いみたいだけど)、ひとまずA14を使っとくのは手堅い選択かなーと。

18mm
DSC01338
DSC01338 posted by (C)LHNMeaning

60mm
DSC01420
DSC01420 posted by (C)LHNMeaning

200mm
DSC01477
DSC01477 posted by (C)LHNMeaning

75mm
DSC01514
DSC01514 posted by (C)LHNMeaning
posted by LHNMeaning at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

レンズが6本に

α55はダブルズームキットを買ったわけで、最初からレンズが2本ついていたのですが、気がつけばその後4本購入して、6本になっています。ただ、安価で評判のいいものばかりを買っているため、そこまで散財しているわけではありません。追加レンズ4本でおおよそ7万円程度でしょうか。これは、安い物をのぞけば、レンズ1本の価格といっても全然おかしくない水準です。ということで、まだいわゆるレンズ沼にはまった、という段階にはほど遠い、という自己評価。カメラ本体とあわせると、いまのところおおよそ15万円程度が累積投資額っすね。カメラ、特にレンズはリセールバリューがそこそこつくので、15万円ドブに捨てたわけでもなく、ヤフオクで売れば10万円くらいは戻ってくるんじゃないか、という感覚です。ただ、投資から得た効用としては、すでに15万円分以上活用しちゃってるのはまず間違いないところ。

現在のレンズは
1. Sony DT18-55 F3.5-5.6 SAM
2. Sony DT55-200 F4-5.6 SAM
3. Sony DT35 F1.8 SAM
4. Sony DT50 F1.8 SAM
5. Tamron 17-50 F2.8 (A16)
6. Tamron 18-200 F3.5-6.3 (A14)

1,2はキットレンズ。3はスナップ兼ポートレート用の単焦点。4はポートレート用。5は室内や夜用の標準ズーム。6は晴れた日にとりあえずこれつけてれば広角から望遠まで何でもOKの高倍率ズーム。書いた順に入手してきてるわけですが、3,4の単焦点はいわゆるソニーのはじめてレンズシリーズなんですが、買ってよかったです。望遠ズームでのボケとはまた違った感じ、主観的にいえばクリーミーな感じの背景になって、同時にピントもそこそこにシビアな感じで合焦の奥の深さ(とりあえずAFでいいじゃん、ではだめだと)も体験できて、これはやっぱり一度通らないといけなかったかなと。5は、キットレンズとかぶる画角なのですが、1mmとはいえ広角なのと、暗いところで少しでもSS稼ぎたいということで、とりあえず夕方以降はこいつがあれば、ということで。α55だと好感度もISO1600だって等倍だとともかく普通に鑑賞する分には綺麗だからキットレンズで我慢して高ISOで凌ぐという作戦もありなんですが、それはそれとして、明るいレンズもあった方が操作の幅も出ますしね。6はまだネットでオーダーしただけで、これから到着なんですが、1.5万円で入手できるんだからとりあえず持っておかないと。200mmとかあまり使わないんですが、たまーに使いたくなるんですよね。そういうときに、レンズ交換不要で伸ばせるのは多分すげー楽ちんなのではないかと。来週は火曜日の夜しか受け取るチャンスはないので(それも怪しい)、一応そこ指定での配送指示、別途メールにて不在時は不在票ではなくて宅配ボックス使ってもらうように依頼を出しときました。これは来てからのお楽しみ。で、5は今日の夕方に買ったわけですが、買って即座に装着してその後、決して暖かくもない銀座を徘徊して1時間くらいシャッター押してました。なんか途中で寒気がしてきて撤退したんですが、まあすっかり毒されてますなあと。コンデジのときはある意味常時パンフォーカス状態なので、何も考えずにAFで撮っても普通にいけてたんですが、APS-Cだと、よく言われるように夜のAFは厳しいものがあります。何枚かAFで撮りましたが、これは確率論の世界だなって感じだったので、その後は全てMF。人物撮影でのMFはちょい辛いけど、風景なら全然いけますしAFより確実にピントを合わせられる感じ。EVFで拡大せずにピントとるのは山勘的になっちゃいますが、拡大させるとかなり細かく調整可能です。ここはOVFならどうなのか、ということで店舗でα900をいじってましたけど、確かにEVFの拡大なしよりはピント合わせやすい感じはしましたが、EVFの拡大ありとくらべるとOVFとはいえ精度に甘さがでるんじゃないかなあ?と感じましたが、この辺はどうなんでしょうね。あと、風景だとパンフォーカス寄りに絞るのが基本なんでしょうが、今日あれこれ開放で撮ってみた感じだと、一応自分で定めたところにフォーカスしてれば、風景を開放で撮ってもそれなりに締まってる印象の画になるなあ、という感想です。たぶんこれは風景のセオリーとは違っていて、私も本当に風景を記録に残したいなあと思ったら絞って撮るんだとは思うんですけどね。夜は絞るとどうしても三脚に、みたいになってしまうので、その辺をレンズの明るさでどこまで手持ち妥協可能なところまで許せるかというのは気になっていたんですが、これなら個人的にはあまり絞らずに撮っても自分のための記録写真としては問題ないかなあ、というところで、ちょっと安心ですね。

本日撮った写真たち。基本的にすべてTamron 17-50 F2.8開放、MFです。ISOは200基本に多少変えながら。レビューとか見ると開放だと甘いとか言われてますが、私はまだ目が肥えてないので、絞らないと使いたくない、とまでは感じないのですが、これはおいおいいろいろ考え方も変わってきたりするんでしょう。

まずは広角17mm(換算26mmくらい?)
DSC01184
DSC01184 posted by (C)LHNMeaning

ピントは一応COACHのHに。
DSC01186
DSC01186 posted by (C)LHNMeaning

DSC01191
DSC01191 posted by (C)LHNMeaning

DSC01195
DSC01195 posted by (C)LHNMeaning

DSC01211
DSC01211 posted by (C)LHNMeaning

DSC01221
DSC01221 posted by (C)LHNMeaning

DSC01214
DSC01214 posted by (C)LHNMeaning

DSC01229
DSC01229 posted by (C)LHNMeaning

DSC01240
DSC01240 posted by (C)LHNMeaning

DSC01242
DSC01242 posted by (C)LHNMeaning

DSC01245
DSC01245 posted by (C)LHNMeaning
posted by LHNMeaning at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

OP/TECH S.O.S.ストラップ & Philipsシェーバー 購入

ここ5〜6年?使っていたOP/TECH S.O.S.ストラップの金具の部分が壊れたので、改めて購入。

ヨドバシのネットストアでポイント還元後3,000円程度。ドルだと27ドル程度なので、本当なら2,000円強というところですが、米国Amazonとかで買うとディスカウント後で20ドル割れなんだけど、シッピングコストかかるし、到着にも時間がかかるってことで、まあ日本価格でいいかなと。

これを使ったからといって、カバンの重量が変化するわけではないですが、確かに、カバン付属のショボいストラップを使うケースと比べると、負荷がより分散する感じで、肩への負担は軽減されるような気はします。ゆえに、壊れてまた同じ物買ったりするわけですが。一本持っておけば、いろんなカバンに使い回せますしね。

あと、到着した物を見ると、今回壊れた金具の部分はデザインが変わっていて、見た感じ、より壊れにくそうな感じにはなってます。改善されたのかな?

他には、シェーバーはフィリップスを使ってるんですが、もうかれこれ5年くらい、刃の交換もせずに使ってるから、バッテリも劣化してるだろうし、と思っていたところ、アマゾンで特価品(3,000円以下)のHQ7310が出ていたので、これは替え刃を買うのと変わらないじゃないかということで、即買い。これで、刃も新しくなるし、バッテリも新品になるので、また数年間は戦えます。シェーバーは奥深いものがあるけど、私は肌があんまり強くないので、ブラウンみたいな深ぞり系よりは、フィリップスが合ってるような。フィリップスシェーバーはこれで4台目になります。他に使ったのは、ブラウン1台、国産(日立か松下だったような)1台。結局浮気してもフィリップスに戻ってきてますね。
posted by LHNMeaning at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

Sony A55購入

ダブルズームキットが7万円を割ったので、そろそろ良かろうということで、A55 Wズームキット購入。ボディ+18-55mmおよび55-200mmのレンズ付き。キットレンズも評判的にはいい感じで「キットレンズとしては十分」らしいので、価格的にもボディ単体やズームキットよりお得かなと。ついつい財布の紐を緩めた間隙に、折角だからこの機会に単焦点(35mm F1.8)も買っちゃえ!という気になりましたが、いきなりレンズ3本あっても何なので、本日のところは自制しました。ただ、上記単焦点、価格は2万以下とお手頃で、価格.comのレビューとか見ても評価が抜群なので、まあ今日買わなかったとしても、いずれは買ってしまうものと思います。

IMG_2948.jpg

まだ充電中なので、画はこれから。価格的にもそうだし、APS-C機とはいえエントリークラスなので、あんまりキズとか気にせずに、ゴリゴリ使い倒そうというところです。

付属品としては、TranscendのClass10 SDHC 16GBを購入。一応、10frames/secの連射とかできるし、使わないと思うけどフルHD動画記録もできるので、高速な方がいいかなと。ちびって東芝製にはできませんでしたが、Transcend製はclass6の8GBですがS90でもバリバリ無問題で使えているので、問題ないかと。他には、キットレンズだけど、精神衛生のため、一応レンズプロテクターをそれぞれ。2000円くらいするかなと思いきや、ヨドバシでも1300円くらいで売ってたので、予想より安く付きました。後は、純正の液晶保護セミハードシート。液晶は別にキズが付いてもいいかなくらいの感じなのですが、まあ1000円程度だし、これも精神衛生上つけとこうかなあという程度です。気楽にゴリゴリ使うため、みたいな。

IMG_2949.jpg

結果的に、やっぱでかいから持ち歩かないよね、ということでコンデジに回帰するのか、A55がメイン機の地位を確立するのかは、今後実践してみないとわからないところ。仮にコンデジ回帰したとしても、こうやって実際に一度身を突っ込んでみた経験の上でなら、一層納得感が増そうというものです。また、現実路線ということでいえば、フォーサーズのPEN PL-1とか、価格もこなれているしコンパクトだから悪くないのかもしれませんが、それにしたってS90とかと比べるとでかいのは事実なわけですから、どうせポッケに入らないくらいでかいんだったら、PENだろうがA55だろうが同じ穴のムジナだよね、ということで果敢にこちらに。

一説では、それっぽい格好をして、町中でデジイチで撮影していると、逮捕されかねないという噂もありますが、私がそうならないことを祈ります。
posted by LHNMeaning at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

iPhone4へ

本日、遅ればせながらiPhone 4に変わりました。3GSの購入時期の関係上、9/27まではそもそも機種変更自体できず、その日がきたと思えば相変わらずの長時間労働と引っ越しのWパンチで機種変更する余裕もなく...。もう3GSでいいかなという考えもありましたが、ここはやはり変更しておくべきかと。今変更しておけば、来年のWWDCで発表されるであろう次期iPhoneへの変更に6ヶ月の機種変更縛りが引っかかることもないので、まあいいんじゃないでしょうか。

2010103101.jpg

3GSとたいしてできることが変わるわけじゃないことは重々承知してます。だから実利をとったとは思っていなくて、とりあえずディスプレイをRetinaにしたかっただけ、といっていいような気がしますが、それもまた好き好きでいいんじゃないかなと。まあ3GSは新規で安く購入でき、かつ、月月割も効くので、iPhoneに変更する前のケータイ料金が継続していたケースと比較すると、もうゼロコスト以下になってしまったというのもあるし、3GSにしてから以降もよく働いてiPhone 4 ○台分の手当が入ったし...とかいった正当化もあります。

3GSはフィルムをうまく貼れたのですが、今回は若干埃が入ってしまいました。いまいち気分良くないですが、経験からするとこれは使っていると気にならなくなるので、放置します。あと、私は基本的に何でも裸で使う派なので、iPod Classicや以前使ってたiPodやケータイも傷だらけだったのですが、iPhoneだけはやむを得ず例外扱い。ええ、リセールバリューです。

変えたからといって何かがあるとは思っていませんが、もし何かがあった場合は、報告します。
posted by LHNMeaning at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

仕事靴を2足購入

靴は、昨年たしか、遊び用スニーカーとして、adidasのRakuniを買いましたが、仕事用となると、マーチンがとにかく長持ちするものだから、ここ数年買ってませんでした。でも、マーチンのうち一足が先日の大雨で内側までびしょびしょになってしまい、帰宅後にドライヤーで乾かしたりしたものの、どうしても気持ち悪い感じが抜けず、ついに寿命かということで廃棄。で、他のマーチンやリーガルなどで回していたのですが、それらも非常に古くなっており、かつ、あんまり快適でもないので、転居を機に、2足導入することにしました。以前から気になっていたアイテムということもありますし。

一つ目は、ニューバランスのコミューター。
2010101101.jpg

ウォーキングシューズだけど、スーツにも全然あわせられるということで、特にニューバランス好きの人や、通勤や仕事でそこそこ歩く人には評価されている靴。それならば俺も、ということで。類似のものとしては、ロックポートなどもありますが、ひとまず少々高くとも、まずは一度コミューターを体験、ということで。

二つ目は、アサヒの通勤快足。
2010101102.jpg

なんだかオヤジ臭い名前ですが、俺の地元の誇る企業であるアサヒコーポレーションによるMade in Japanの逸品。ゴアテックス採用で、特に雨の日の快適さには定評があります。履き心地も、試し履きした感覚だと、かなり柔らかめに作られている感じ。てなことで、ネーミング的にはいまいちですが、他にも各種最先端技術を集めた国産の雄ともいえる製品であること、そこに地元びいきも加味して、一度使ってみたかったというわけです。

数年前は、一生マーチンでいいや!と思ったこともありましたが、マーチン以外にも魅力的な靴はいろいろあるので、当面は浮気期間ということで。ただ、マーチンのスタンダードなシューズと、サイドゴアブーツはまだまだ現役なので、機会をみて履いていくことになるかとは思います。

インプレッションは実際にしばらく履いてみた後に。
posted by LHNMeaning at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

上戸彩写真集 『North East West』

上戸さん、今年はドラマ中心の活動でしたが、9/14に写真集発売。これはすなわち25歳の誕生日。25歳といえば私の場合はずいぶん前のことのようにも思えますし、実際そこから今に至るまで色々あったわけなんですけど、25に至るまでの年月の感じ方とはやっぱり違うわけでね。主な要因はやっぱり25歳以降ってのは仕事中心にならざるを得ないので、プロアクティブに方向を決めていかないと、ついうっかりと淡泊な日々に陥ってしまいやすくなることでしょう。無論、淡泊で良いという考えもあります。ただ、誰しも、25歳時点では「そんな淡泊な将来はいやだ!」という気持ちを持っている場合が多いような気がしますので、その点と、現実にその人々がその先どういう10年(10年と限らず、その先の余生全てといってもよい)を過ごすかを考えると、なかなか奥深いものを感じるわけです。全ては本人次第、一般解はないし、どうしろこうしろといった指針も本質的には存在しないんだと思います。

上戸彩写真集 『North East West』
上戸 彩
ホーム社
売り上げランキング: 677

posted by LHNMeaning at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

今週到着した各種小物

先週末に発注した各種小物が週内に到着。amazonには個別発注になってしまって申し訳なかったなあと。

■iPhone/iPod USB充電ケーブル
ショートケーブルでもよかったのですがリール式が安価で売っていたのでamazonにて。これを携帯することで、iPhoneもiPodもUSBのあるところどこでも充電可能。現状、イコール、職場ということになりますな。
2010041701.jpg

■トレシー
これは以前アップした通り。同様にamazonにて。「ザクとは違うのだよ」
2010041702.jpg

■USB延長ケーブル
ScanSnapの配置替えで、どうしてもケーブルが届かないので。本当はUSB2.0は延長ケーブルNGなのですが、そこそこ良さそうなケーブルなので実用上問題ないと....期待したい。サンワサプライ。例のヘッドホン延長ケーブルの即時断線事件があってから、ELECOMのケーブルは最初から眼中になくなってます。申し訳ないけど、そういうの大事なんですよね。これまたamazon。
2010041703.jpg

■eneloop stick booster
USBがないところでのiPhoneチャージ用。他にもリチウムイオン電池利用型の強力版などもありますが、重量・スペース的に本製品をチョイス。安価でお勧め。iPhoneなら70%程度充電可能というのが定説で、緊急用としては十分。無論、エネループ単三利用なので、それを複数持ち歩けば無限に充電可能という使い方も可能。ということで、数本のeneloopさえ持ってれば、バッテリ切れはなくなります。新宿に用事があった際に各所を除くと品切れだったのですが、池袋のヤマダ日本総本店では余裕の在庫でした。「総」は伊達じゃない。
2010041704.jpg

■ZEBRA JK-0.5芯 青・黒 各10本
常用ゲルインクボールペンSARASAの替え芯。どうせいつかは買うものだから、期限切れになりそうなyahooポイント活用のため、yahooショッピングの出店サイトにて。赤・黒・青の3色ペンと、緑を加えた4色の2本を使ってますが、一番減りが早いのは黒かと思いきや、青が一番減る。黒でプリントされた書類への書き込みは青がわかりやすいからなんですね。これは赤でもいいわけで、好みの問題。で、メモなど普通に書くときは黒ということで、基本的には黒と青が減るわけです。
2010041705.jpg

■お父さんホワイトチョコ
iPhone購入手続き中におねーさんがくれただけ。普通においしかったです。
2010041706.jpg

■FON無線LANルータ
iPhone買うと無料でもらえるルータ。今後の使い道については検討課題。
2010041707.jpg
posted by LHNMeaning at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

東レ トレシー

正月に取引先からもらったノベルティの中に、東レのトレシーというクロス(いわゆる「メガネふき」といえばわかりやすいかな)、もちろん寅年ということで虎のキャラクターがプリントされているバージョンなんですが、これが使ってみると、汚れの取れ方が劇的に違います。一度これを使うと、メガネを買ったときに添付されているクロスや、100円ショップで売ってるようなクリーニングクロスにはもう戻れません。当然ながらガラケーやiPhoneにも有効。グレア液晶にも有効なわけで、そういう用途にはもう少し大きめのクロスも売ってます。素材特性ゆえ洗っても性能劣化はないとのこと(経年劣化はあるかもしれませんが...)。

そういうわけで、追加で発注。2枚600円程度なので、性能差を考えると安すぎです。

東レ トレシー スカイブルー (2入り)
東レ
売り上げランキング: 81

posted by LHNMeaning at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

スティーロン トートバッグ

ユニクロでバッグがセールだったので、スティーロントートの黒を購入。他には、ただいまボロい部屋着の入れ替え中なので、セールのフリースとルームパンツを。

トートは10年前くらいに同じくユニクロで買ったやつを長期間愛用していて、それは今後も使用しちゃうと思うのですが、あえて言うなれば少々容量不足を感じることがあったので、今回の購入に至ったと。例えば、プール行ったり、図書館行ったり、お風呂の王様行ったりするときは、小振りなトートだとパンパンになったりするわけですね。大は小を兼ねるといいますから、今回買ったスティーロンをしばらく使ってみて使い勝手がよろしければ、こいつが常用カバンになるかもしれません。一応、スペック的には問題がないので、あとは実際の使用感のみ。

2009121903.jpg

セールで1,990円だったのですが、こいつは凄いですね。これにポールスミスのロゴを貼れば普通にショップで売っていても絶対にわかりません。その場合の値札は恐らくは15,000〜20,000円程度になるのではないでしょうか。期待度はかなり高いものがあります。
posted by LHNMeaning at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

TV価格

TVは相変わらずほとんど見ないわけですが、いつかは買い換えることになるんだろうなと、現時点での価格調査。同サイズでひとまず最低限のものを買う場合の機種。エコポイント(電子マネー交換)加味後。

液晶
26V AQUOS 44,000円(1,692円/インチ)
32V BRAVIA 47,000円(1,469円/インチ)
37V AQUOS 71,000円(1,919円/インチ)
40V REGZA 68,000円(1,700円/インチ)
42V AQUOS 86,000円(2,048円/インチ)
46V BRAVIA 100,000円(2,173円/インチ)
52V AQUOS 145,000円(2,788円/インチ)

プラズマ
42V VIERA 80,000円(1,905円/インチ)
46V VIERA 121,000円(2,630円/インチ)
50V WOO 149,000円(2,980円/インチ)


全体的に、着実に安くなってるなーというのは間違いないですね。

32Vと37Vの間に格差。これはフルHDかどうかの差でもあり仕方ないかと。26Vと32Vなら無条件に32Vということは確定。サイズ妥協なら32Vですね。

37Vと40Vは逆転してますが、これはラインナップの問題。37〜42Vはインチ価格も同等で、フルHD条件でお手軽にいくなら37Vだし、せっかくならと42Vにしてもそれほど価格差はなし。42Vならプラズマも安い。46Vは若干割高になってきますが、サイズ重視でいくなら許容範囲な価格差になってきてます。50インチ越えは液晶/プラズマとも割高で、これならさすがに46Vで十分か、という状態。

40インチ台の2,000円/インチが、いつ32インチの1,500円/インチを目指すか。実現すれば46Vが70,000円程度。その頃でも32Vはせいぜい100〜200円/インチの下落で、40,000円強。42〜46Vが50,000円+αのレンジになってくれば悪くないかも。もともとテレビに払えるコストは3〜5万円という感覚の持ち主ですが、さすがにこれだけデカければ、もう少しは奮発してもいいかなと。

ただ、大画面導入時は簡素なホームシアターおよびブルーレイ再生機(レコーダーかPS3かは未定)を同時購入するので、その際は10万+αの出費にはなります。しかし、これってちょっと前なら最低限のPC買うのに必要な経費ですから、そのコストで46インチ+ホームシアター(エントリークラス)+PS3なんかが一括導入できるっちゅーのは、技術革新とコスト削減の証左なんでしょう。しかし日経ではソニーの薄型テレビ事業は5年連続赤字とか書いてありましたが、これってどういうビジネスモデルなのか?
posted by LHNMeaning at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

レンズペン&ブロワー

S90、価格的にはこれまでに買ったコンデジと大して変わらない(というか最安かもしれない)わけですが、なんか大切にしたくなっちゃいます。これまではコンデジのレンズなんてメガネ拭きで掃除すれば十分!てな感じで、それで実害もなかったわけですが、S90はなんかメガネ拭きじゃいけないような気がして、ビックカメラのポイントを使いつつ、HAKUBAのカメラペンレンズペンとブロワーを購入。

Camera Pen & Blower

カメラペンレンズペンは半信半疑なところもあったのですが、帰宅後に早速使ってみると、たしかに汚れが綺麗に落ちます。ネットでの評判は伊達じゃないなぁと。

有楽町ビックカメラ前からツインタワーを。オートだと、少しだけ露出オーバーなのかな。しかし、夜とかあまり関係なしです。暗闇でもフラッシュ不要。

Ginza 19NOV2009

仕事の方は、無限です。いかに、死んだりアタマがおかしくなったりしない程度の状態をキープできるようにコントロールするかが全てかなと。ただ、ふと思うのは、普通の人って、そういうことを努力せずとも自然にコントロールできているのかもしれないなってこと。何の因果か、たまたま私は生きにくいタイプに生まれちゃったってことかなぁ?
posted by LHNMeaning at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

PowerShot S90 購入

結局、PowerShot S90、思い立ったら即買いとなりました。35,000円台。Amazonも変わらない値段ですが、欲しくなったらとにかく即座に店頭でゲットしたくなる性分なので今回も同様。昼休みの間隙を縫ってアキバへ出撃でした。これが5台目のコンデジ。Sony→Canon→Sony→Panasonicときて、今回はまたキャノン。先代のPanaのFX37は1年前の購入で、私にしては非常に早いサイクルでの乗り換えとなりましたが、S90の各地での評判を見るにつけ、恐らく購入が正解だろうと。FX37は売ってもいいんですが、オークションの履歴を見ると1万円にもならない様子なので、じゃー別に手元で朽ち果てさせてもいいのかなあと。ひとまず充電中なのでインプレは追々。

2009111301.jpg

最近は私にしてはかなり散財が続いていますが、Airmacも、録画PCも、そして今回のS90も、ある観点からは必需品といえますので、特に財政規律が緩んだという心配をする必要はないものと思われます。これでも、まだ8万のソープ1回分にも満たないですしねー。そもそも、ちょっと前だと録画PCを導入しようとすれば15〜20万円くらいかかってたでしょうが、それが今回はケース込みで2万円チョイで組み上がろうという勢いなのはもの凄い。

録画用PC、今週は激務ウィークだったので金曜の夜になってようやく組み立て始めましたが、星野のケースのM/Bスペーサーはミリネジ(少数派)だったことを完全に見逃していました。家にあるスペーサーはインチネジのみ。まあ、明日は雨ではありますが、いずれにせよアキバに出かけないといけない用事がありますので、その時ついでに買ってくることにしましょう。ということは、土曜の夜がHDDフォーマット、日曜にOSインストール→稼働ってスケジュールかな。
posted by LHNMeaning at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

Airmac Express 導入

たまにはHi-Fiアンプとスピーカーで音楽を聴きたいと思い、長年の懸案?であったAirmac Expressを購入。9,800円(+ビックカメラで5%還元)ならまあいいか。ちなみに、ビックカメラの危機感を煽るためにヤマダ日本総本店で買おうとしたところ、なんと在庫なし。狙ってる客層が違うのでしょうか。

2009110501.jpg

さて、帰宅して接続しようとしたところ、どうしてもAirmacを認識することができません。ネットで色々調べたところ、とにかく一度Airmacを親機にして認識して、クライアントモードにしないといけない模様。残念ながら無線子機になりうるPCは現在自宅に存在しないので(Vaio TRはHDDクラッシュ後放置)、仕方なくメインPCからアクセスするべく、Amazonにて無線LANクライアントを発注。本日到着して、とりあえず親Airmacは認識したものの、それでもどうしてもAirmacをクライアントモードにすることができないので、面倒臭くなって、折角無線LANクライアントを買ったのだから、そのままAirmacを親、メインPCを子にしたまま使用することにしました。メインPCに意味不明の無線LANクライアントが付いてUSBを1ポート占有してしまうのは美しくないですが、やむをえないかと。

2009110502.jpg

ようやく音出しまでこぎ着けたのですが、今度はどうも雑音が混じったりします。無線ステータスを見ると、電波がかなり弱い。では、とばかりにAirmacの設置箇所をもう一つ近めのコンセントにしたところ、今度は無事に50Mbpsオーバーでの安定通信が実現し、雑音等のない再生が可能となりました。これで、音楽のリスニングポイントが、机の前だけでなく、リビングにも誕生。まあ、それほど使用頻度は多くないとは思いますが、Airmacは11nにも対応していますし、とりあえず一家に一台置いておいて損はない機器かなということで納得させてます。

私もネットワークには特段詳しくないんですが、それでもドシロートってわけでもなく、今回の経験から察するに、このAirmac Express、一般的なユーザーが使えるもんじゃないですね。そもそも説明書だって超簡単な記載のみ。最近はHDDレコーダーとかも操作が複雑化してますが、Airmacなんて私の親は100%使用不可能でしょう。無論、そういうユーザーはターゲットに入ってないのでしょうけど...。
posted by LHNMeaning at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

iPod Experience

iPod classic 160GBを購入して9日経ちましたが、これは期待以上に素晴らしいです。もう9日間で24,800円の元は取ったという感じ。壊れたらまた次買いますよ〜。もう、通勤時、昼休み、寝る前(スリープタイマー)などにこいつで音楽を聴くことくらいしかこの世の楽しみはないのではないかという感じ。

手持ちのライブラリを全て持ち運べるというのは想定通りなのですが、これまで持っていた第3世代に比べると薄さが丁度いい感じで、胸ポッケに入れてもそれほど重くなく、取り回しは更に容易になった感があります(無論shuffleには敵いませんが、カテゴリが違う!)。HDDモデルは操作性がレスポンス悪いという話で、実際、nano等のフラッシュモデルに比べると重いのは確かですが、実用上ストレスが溜まる重さではありません。想定よりはずっとサクサク動きます。グラフィックがリッチになっていることを考えるとモバイル機のレスポンスとしては十分な水準に達しているのではないかと。電池の持ちも上々。36時間というスペックは伊達ではなく、通常使いならビデオを見ない限り1週間に1回のチャージでOKでしょう。そのうちバッテリがへたれば交換プログラムで6,800円でOKですしね。表示がリッチになってる点や、ビデオ対応などについては、あまり意識してなかったのですが、実際使ってみると、これらも素晴らしい。以下、写真付きで。

2009091901.jpg
これがスタート画面。左半分にメニューが並び、右半分はアルバムアートのスライドショーが流れます。ブラックボディを選んだのも正解だった感じ。実は、比較的黒系統の服を着る機会があるので、それとのコーディネートだったりします。

2009091902.jpg
背面は、おなじみの鏡面仕上げ。私は、カバーなどを使うのは男ではない!という主義なので、裸でガンガン使います。

2009091903.jpg
Musicメニューの中の、アルバム一覧。ちゃんとアルバムアートのサムネイルが表示されます。

2009091904.jpg
再生中。アルバムアートが大きく表示されます。

2009091905.jpg
ボタンを数回クリックすると、歌詞画面にもなります。

2009091906.jpg
美しいCover Flow。実際はあんまり使わない機能ではありますが、普段聞かない曲を適当に見繕うようなときにCover Flowを眺めながら決めるのも悪くないかも。

2009091907.jpg
Videoは、QVGAですが、モバイルだったらこのくらいの方が電車の中とかでも気兼ねなく鑑賞できるかも。このサイズに動画再エンコードすればサイズも小さくなりますしね。さすがにPVを全部持ち歩くと160GBでも足りませんから、PVはお気に入りだけ。流れているのは氷室のVirgin Beat。アメリカにスリラーがあるなら、日本にはVirgin Beatがあるぜ!といえるほどの名作PVです。1分程度のショートバージョンですが、当時は一部の人々に衝撃を与えました。

2009091908.jpg
Video Podcastも快適。これで、いつでもどこでもJobsのプレゼンテーションを鑑賞することができます。世の中の偉い人たちのみなさん、高い給料貰っているんだったら、これくらいのプレゼンやってみなさいよ!

ということで、本機は、私の場合は、信じがたいほどのUser Experienceをもたらしてくれているというのが実情。iPod classicは今回なくなるかも?という噂もあったくらいですが、一つのラインとして今後も残して欲しいものです。小型HDDの進化もまだ続いているし、160GBクラスのSSDはまだ高価ですから、もうしばらくはHDDモデルの意義は残るんじゃないのかな。音質の面では必ずしも評価されていないiPodですが、音質というのは個人差があるものですから、一概にいえない。フォーマットにしたって、ロスレスよりAAC圧縮の音の方が好みだ、という人がいる、そういう程度のものなんですよね。私は本機が出す音については十分満足です。使用インナーイヤーヘッドフォンは、従来通りのShure SE110。
posted by LHNMeaning at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

初日買い iPod classic

朝、昨日のappleイベントの内容をチェックした後、仕事の後に日本での総本山銀座アップルストアに出向き、HDDの120→160GBへの増量という極めてマイナーな更新に留まったiPod classicを初日買い。色は、最初の3Gが白、shuffleがシルバーだったので、今度はブラックにしてみました。3Gは20GBを4万円以上出した記憶がありますが、容量8倍になって価格は24,800円。さすがに5〜6年経てばこうもなりますね。

2009091001.jpg

別に3Gとshuffleでしのぐ道もありましたが、あんまり引っ張ると何買うかばかり考えて(これが楽しいわけですが)、勉強が手につかなくなったりするのはマズイと思い、決断。そのポイントは...

■バッテリが音楽再生なら36時間と超ロング。3Gのバッテリ交換しても確か仕様は12時間程度だったので、この差は大きい。充電も2時間で80%可能と、かなりスピーディ。
■すぐに飽きるとは思いますが、cover flowや動画再生といった3Gにない機能は楽しそう。せっかくアートワーク整備したしね。
■なぜnanoやtouchでダメかというと、やっぱりライブラリ全部持ち歩きたいのです。それに、nanoにしてもshuffleより重いからヘッドホンにぶら下げて使うわけにもいかず、どうせポッケに入れるならclassicの140gだって別に問題ないかと。touchは容量が小さいし使わない機能が多そうだから(いかにもiPhoneの使い回しアーキテクチャだし)ニーズにぴったりというわけではありません。最近はLosslessの比率を高めてきているから音楽だけのライブラリサイズは70GB程度。今後の増量も加味すると160GBでも決して多すぎることはないかなと。
■また、nanoは動画を見るには横向きが前提で、これはイマイチ。classicなら通常の持ち方で見れます。画面サイズも、nanoより大きいし、モバイルならこの程度の画面で十分でしょう。
■iPodファミリの中では、枯れに枯れたラインだけに、安心感があります。また、サイズも大きいだけに、アナログ系回路などはnanoより高音質になってるのではないかと。(無論、音質にこだわるのであればsony等がありますので、音質はクリティカルな理由ではないですが。ただし、すでにiTunesに籠絡されてるのでsonyを買いたくても買えないという面もあります。)


という経緯でclassicになった次第。やっぱiPodはclassicでしょ!という妙なこだわりもありますが。

しかし、nanoの16GBというのは、カメラやラジオはどうでもいいですが、価格改定で非常に魅力的な機種にはなったと思います。全曲持ち歩こうとせずに、必須のプレイリストだけという割り切りなら、16GBというのはそう不便なサイズではないでしょう。この価格差だと、8GBは全然売れないでしょうね。touchも、8GBなら2万円割れと、かなりお求めやすくはなってきてます。このあたりは、フラッシュメモリの技術革新に期待ということで、ここまでのトレンドを考慮すると、4〜5年後に私が新調する際は、さすがにフラッシュメモリ機種の容量でも十分だな!ということになっているものと思われます。
posted by LHNMeaning at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

CDスタンド自作

ふと思い立って、CDスタンドを自作することに。もちろん、安く買えれば済むのですが、近所の大型スーパーや100円ショップを見る限りでは1枚立ての手頃なやつはなかったので、では自作するかなと。ネットでかなりピンポイントな作例など見つかったので、余っていたダンボールで作業開始。極めて簡単です。一応、CDを乗せる足の開き幅が11cm程度なので、これで直角二等辺三角形の足を作るには、HP12cを用いて、

11 ENTER 2 SQRT ÷ 2 ×

と操作、15.56cmを直角に折れば適切な開き加減になるだろう、みたいなことをやり、最後にCDを支える背骨をくっつけて完成。背骨を柱状にする際はホッチキスで圧着、背骨と足の接続は手持ちのホッチキスでは厳しかったので、ノリをつけた上で、セロテープで補強。そんでもって完成したのがこれ。

2009072901.jpg

CDを乗せてない状態だと、なんだか貧相ですが、CDを乗せてしまえば自作品だか市販品だかもはや判別できない程度には様になってきます。PC組み立てたり、カーオーディオ付けたりという、部品組み立て系の作業は相応に経験があるものの、何の変哲もない素材を加工して何かを作るとなると、日曜大工歴なし、工作は恐らくは義務教育時代以来ということになるのですが、さすがにこの程度ならね。市販品買う場合に比べて500円程度はセーブできたかなあ?

2009072902.jpg

posted by LHNMeaning at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

双眼鏡 Vixen アリーナM8×25 購入

双眼鏡をまじまじと購入するのは、小学校低学年のころに星を見るために双眼鏡(天体望遠鏡は高すぎて買ってもらえなかった)を親に買ってもらって以来、ということで実質的には初めてとなるわけですが、Vixen アリーナM8×25を購入。(Vixen

2009072801.jpg

ビックカメラ.comにて、ポイント込みで5,600円程度なので、安価な部類かと思いますが、ネットでの評判等を見る限り、そんなに悪いチョイスではないのかなと。もっと高いものは無数にあるけど、ビギナーには安価かつ、安かろう悪かろうほどではないということで、ほどよい導入といえるのかな。ビックカメラ.comでは初めてのお買い物でしたが、登録すればリアルのポイントカードと共用化できるみたいで、それなりに使い勝手は良さそうです。問題は、ビックカメラが最安というケースはポイント込みでみてもそれほど多くないということで、そんなに利用頻度は高くならないんじゃないかと思います。一応、本件は最安ゾーンではありましたが。(だからこそ、初めて利用したという次第。)24時間以内出荷なので、週末までには到着するかな。

購入目的は、8月下旬の某ライブ用。それ以降は何かに使う機会があるのかないのかわかりませんが、家に一つくらいあってもいいでしょう。
posted by LHNMeaning at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

HP35s購入

時間の問題という自覚のあったHP35sをアキバにてゲット。昨日、雀荘で備え付けの電卓でまともに計算することができなくなっていたという感慨から、RPN電卓を一つでも多く確保しておくべきかという動機が最後の一押しになった模様です。

例によって強力無比なブリスターパックに入っているので、帰り道に喫茶店でちょっと開けてみて...なんてことは不可能。実家で解体作業が必要です。開封してみると、大きさはそれなりですが重量はそうでもない。いい感じのケースも付いているので、カバンの隙間に押し込んで携帯するのにも良い感じ。これまで買っていたのは金融電卓なので純粋な関数電卓としてはこれが初体験。ザックリの比較としては、元利均等計算や債券価格計算がすぐにできない代わりに、科学計算系の機能が多くて、恐らくはプランク定数等の物理定数がプリセット(使うかどうかは謎ですが)されていて、てな感じでしょうか。

2009071902.jpg

キータッチは12cほどのカチカチ感はなくて、17bII+と同等のクリック感(結構丁度いい感じで押しやすい水準)。20bは論外ということで。今回は最近よく悩まされていたキーの反応が悪いなどの初期不良はない感じ。まあこれが普通なんでしょうけどね。仮に初期不良があっても中国サポセンの対応は良好なので無問題ということは確認しておりますが。



あと最近では、14日(公式リリース日の前日)にAmazonからこういった品も到着済。作曲陣は広瀬香美、トータス松本、Kiroroの二人、BEGIN(カバー)、スキマスイッチ、ケツメイシ等、錚々たるものです。

2009071901.jpg



iPodについては継続検討なのですが、touchの16GBが3万円程度であることを考えると、nanoの16GBに2万円とか払うのは、いかにも中途半端な結果に終わってしまうのではないかという考えになってきました。nano買うくらいならtouchじゃないか、と。nanoでいい程度の気持ちなら、shuffleで十分ではないか、と。touch買う場合は、iPhone買うシナリオにおける着地戦略をどう考えるか、ということもありますね。しかし、改めて思うのは、1GBの第2世代shuffleに、お気に入りの曲を240曲(公称、128kbpsベース)ぶちこんでシャッフルさせておけば、それってかなり幸せな環境ではなかろうかと思うのです。ロスレス対応ならついついロスレスで入れたくなりますが、非対応となればもうこれは割り切って転送時に128kbpsAAC変換オプション付けて公称通りの曲数転送すれば良いわけですしね。そもそも私の耳の場合、128kbpsAACとロスレスの違いを聞き分けることは難しいわけで、どちらかといえば心理的なものに過ぎないってことになってますし。以前、128kbpsのMP3とapple losslessをcompanion3+SE-90環境で聞き分けにチャレンジしましたが、目をつぶってシャッフルすると、私の場合は完全に判別不可能だったという前科もありますしね。ということなら、当面は現行shuffleを使い倒す、というのがメインシナリオか。



先日導入したシューズ、adidasのrakuniですが、しばらく履いてみて、私の感覚ではこれまで経験した中では最もフィット感に優れた一足。無論、私のスニーカー歴など大したことないんですが、これは「身体の一部」といった履き心地です。rakuniシリーズがいつまで継続されるか不明ですが、もうスニーカーは一生このシリーズの買い換えで良いのかも。宣伝費はもらってませんよ。
posted by LHNMeaning at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

SHP9000購入

以前から気になり出してはいたのですが、最近は遅くまで仕事して帰ってきて、音楽聴こうと思っても、深夜ゆえに大音量は楽しめない...という状況だったわけで、その苦境から脱するためにも、室内用途のオーバーヘッド型ヘッドフォンを導入することにしました。昼間であればcompanion3の音量をちょっと上げるだけで「ここはクラブ?」みたいな音が鳴るんですけど、SRC構造とはいえ深夜はさすがに。ポータブルオーディオ用のヘッドフォンは、これまで、純正は使わないけど、マニアでもない、その程度には購入してきたのですが、オーバーヘッド型はずいぶん前に3,000円くらいのVictorのものを買ったものの、ほとんど使わず、という経験しかありませんので、マジメに購入を検討するのは生涯初となるのかも。

自宅用なので、音漏れ・遮音性は関係なし。コードは片出しがいいんだろうなと。それくらいの条件で検討してみたわけですが、とにかくヘッドフォンも数が多いので、とても決められるものではありません。ひとまず、以前のVictorのやつは密閉型だったので、今回はオープンエアー型にしてもいいかな、と考え、PhillipsのSHP8900あたりか?と思いつつアキバに出撃したところ、あきばお〜の特価で、だいたい実勢価格1万円程度のSHP9000が4,999円だったので、これにしました。これはかなり安いのでは...。

2009062701.jpg

パッケージはしっかりしていて、割としっかりしたキャリングポーチもついてるし、ケーブル(4m)は布加工されていてとりまわしやすいし、プラグも安物ではなさそう。パッケージングとしては、1万円しても不満が出ないくらいの、いわゆる安物ラインとは一線を画しています。音は、今日買ったばかりなわけで、いわゆるエージングで変わる部分もあるのでしょうが、現時点でもひとまずは満足。高音から低音までまんべんなく出ているようだし、これまで聞こえなかった音もいろいろ聞こえてきます。装着感も、圧迫もされず、ずれやすくもなく、良好。他との比較は経験値がないだけにできませんが、通勤用のShureとは当たり前ですが比較にならないほどの音が出ますし、こないだソフマップでオーディオテクニカ(結局、型番とかは不明、多分5,000円程度の製品とは思いますが)の密閉型ヘッドフォンでiPod試聴して衝撃を受けたときの印象とも少なくとも遜色はないように思います。ひとまずは、悪くない選択だったような気がします。

2009062702.jpg

オープンエアーは初めてですが、たしかに、外からでも全然音が聞こえます。入力は、Companion3のヘッドフォン出力からとってます。このヘッドフォン、音量が取りづらいらしく、私の場合もかなりボリュームあげないと音量が増えないのですが、最大にするとまではいかないので、大丈夫でしょう。一瞬、ヘッドフォンアンプを導入する必要があるのか?と思いネットで調査したのですが、どうやら、ハンパなものを導入するくらいならばCompanion3のヘッドフォン出力の方がマシ、ということみたいです。



HP12cの保証交換品は結局届かず。発送地のシンガポール〜東京まではUPS、東京から自宅はヤマト、という流れになるみたいで、どうもUPSからヤマトへの引継ぎがうまく行ってないみたいです。現時点ではどっちがまずかったのか不明なので、中立の立場に立ちますが、どうなるでしょうか。なんでもUPSは土日は完全休業らしく、ヤマトのサービスセンターの人もUPSに連絡ができずに困っていました。必然的に月曜日以降の状況確認が最速、ということになりましたので、まあ気長に待つしかありません。江戸時代はシンガポールから物運ぶには1〜2ヶ月はかかっていたでしょうしね〜。
posted by LHNMeaning at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

HP 20b

実は、HP 20bも購入していたのですが、これが金曜夜に到着。HP 17bII+が初期不良かつ中国サポセンでの対応ということから、時間がかかるかもしれないと思い、初期不良をつかんだ自分の運のなさに少々ヤケになったこともあり、代替機としてダンしていたものです。今回は、気付くのが遅いかもしれませんが、クロネコヤマトは最寄りコンビニでの受渡を実施していることを知ったため、初めて利用。従来は週末に再配達指定して受け取っていたのですが、コンビニ受取は平日深夜でも大丈夫なので(現在の勤務状況だと平日21時とかの受取は無理)、非常に便利ですね。ペリカンやその他の会社がどの程度対応しているかは不明です。このあたりは、クロネコかゆうパックが一番進んでいるでしょうからね。ということで、到着。

12cや17bII+よりは廉価圏にあることから、パッケージは強力ブリスターではなく、開けやすい簡易パッケージ。ケースも付属しません。
2009061301.jpg

デザインは悪くないとは思いますが、質感は非常にチャチ。これは、気に食わない人は多いんじゃないかな。ただ、性能は優れているので、質感より性能・デザイン重視の人はよいかもしれません。
2009061302.jpg

嬉しい誤算は、中国のサポセンの対応が素早かったこと。長期戦も覚悟したのですが、実際は、20bが到着した次の日にUPSで交換機が到着したのでした。今度は、「×」キーもチャンと反応して、良い感じです。質感はやっぱり20bとは段違い。
2009061303.jpg

どういう購買行動なんだ、と理解できない方もいらっしゃるかもしれませんが、これは一部ではちゃんと正常な行動として認識されていますのでご心配なく... それに、10万円とかするわけじゃありません。価格は書きませんでしたが、興味あればググってみてください。気に入れば毎日仕事で使うようなものですから、それにかける金額としては高くはないんじゃないかなと。
posted by LHNMeaning at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

HP 17bII+

HP電卓 17bII+を購入。基本的には12cで事足りるはずなのですが、12cの唯一の難点が、10桁表示ということ。これだと、10億円単位までしか対応できないのですが、現在の業務では1,000億円単位で1円精度が求められる部分もあり、12桁はやっぱり必要だなということで、導入することにしました。基本的な操作系は12cと同様ですが、12cでは各キーに割り当てられていた機能が、17bII+では液晶画面下のガイドに沿って最上段のファンクションキーを押すことにより実現するといった改定がなされています。基本的な考え方に変わりはないので、問題はないかと。ボタンのクリック感は、12cほどカチッとした印象はないですが、系統はこれまた同じ。

2009060703.jpg

つーことで、購入はしたものの、実際に使ってみると、四則演算の「×」キーが接点不良であることが判明しました。このキーだけ、相当強い力で長押ししないと認識してくれません。これはどうみても初期不良でしょうということで、現時点では購入店に初期不良申請のメールを発信したところです。恐らく、週末開けにレスポンスがあり、その後交換という流れになるのではないかと。made in China。

2009060704.jpg

入力方式は、すっかり逆ポーランド記法に慣れたので、当然本機もRPNで使います。一般には馴染みがないのですが、この入力方式のメリットは、複雑なカッコ付き計算も、メモリー機能とか使うことなく、数式通りに計算できるということ。というか、メモリー機能が暗黙のうちに使われているということなんですけどね。マニュアルには、以下のような数式も計算できるぜ!ということで次のサンプルが付いています。

2009060705.jpg

同僚等に電卓の話をすると、一般的な反応は、「電卓なんて1,000円以下でしょ? 10,000円なんてありえない!」「高いのはまだしも、電卓なんて会社支給で十分でしょ。え、自腹で買うのか?」なんてのが主流です。しかしながら、私自身、別の知人からインスパイアされた結果こうなってしまっているわけで、世の中色々ということですね。そして私を動かしているのも、実利(なくはないけど)なんかじゃなくて、むしろエンスー的な動機なわけで。それで良いんじゃないかなあとね。
posted by LHNMeaning at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

adidas rakuni AK

上野の靴屋さんで、数年前に2,500円分の割引相当に貯まっていたポイントカードがあったので、さすがにそろそろ使っておかねばということで、スニーカーを買うことにしました。ここ数年は、Nike Air Force One(白)を履いていたのですが、正直、フィット感がいまいちだったんですよね。何が変なのかわからないですが、何かがおかしかった。でも、そんなにこだわりがあるわけでもないので、そのままにしていました。過去履いた中で、どういうわけかadidasは足に合うことが多かったので、今回はadidasかなと。

店舗でチェックしていると、日本人の足型に合わせて作った、「rakuni(ラクニ)」というウォーキングシューズのラインが置いてありました。これが良さげだったので、このラインの一番安いやつ「rakuni AK」(合成皮革)の黒をチョイス。表示価格は10,000円程度でしたが、例の割引券、それに当日は無条件に10%オフセールだったので、仕上がり6,500円程度に。同じラインで、メッシュ生地の物もあり、季節柄、魅力を感じましたが、そもそも夏場はスニーカーじゃなくてサンダルでしょ、ということでオールシーズン物と考えれば合成皮革が耐久性の面でも吉なんじゃないかなと。

2009060702.jpg

翌日、早速30分ほど試し履きしてみましたが、なかなか良い感じです。最初ならではの違和感もないし、今後問題なくフィットが進みそう。デザイン的にも黒地に白ステッチで、落ち着いた感じ。ソールの感触も良さそうってことで、どうやら今回に限らず、私にはadidas製品が合っているということが経験的に判明してきているところです。以下、rakuni AKの紹介文を引用。

アディダス(adidas)から高機能なウォーキングシューズ「ラクニ (RAKUNI)」シリーズが発売され注目を集めています。この「ラクニ AK」は、耐久性に優れた人工皮革をアッパーに採用したシューズで、軽量仕様(27cmの場合で約270グラム)です。ビジネスシューズとしてもカジュアルシューズとしてもオールラウンドに履けます。欧米人に比べて幅広で甲高な日本人の足型にフィットするように研究開発された「マイクロフィット (microFIT)ウォーキングラスト」が採用されています。足裏のカーブに近い形状でソールが設計されていますので、疲労の少ないウォーキングが実現可能です。つま先部分が微妙に反っていますので、前方への足抜けを円滑にしてつまずきを防ぐ効果があります。ヒール部分は「180°べべル」形状で成型されていますので、かかとのどの方向から着地しても、重心は自然に体の中心へと移行し、余分な力なしに前方への体重移動がスムーズに行われ、疲労の少ない楽なウォーキングが実現します。
posted by LHNMeaning at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

裁断機 PK-513 ディールダン

一部の方々には定番となっているらしい、PLUS PK-513を先ほど楽天にてディールダン。平日は今週も激務が予想されるため受取は困難かと思われますが、遅くとも来週土曜の午前中にはデリバリーされるでしょう。

2009051701.jpg

これが意味するところは、とりあえず昨日ゲットしたScanSnap S1500をちょっと試してみた結果、「これは使い物になるぞ!」というように自信が確信に変わったってことですね。もちろん、早くもツッコミどころはあるわけですが、それを踏まえた上でも、私の想定する"どうしても現物で残しておきたい書籍を除いて電子化"という目的には十分に役立ってくれるだろうという判断です。で、それなら裁断機はマストアイテムだよなあと。

裁断機に28,000円払うというのは、人によって感じ方が違うかと思いますが、基本的には裁断機というのは安くて数十万の業務用が幅を効かせている商品だと考えるならば、この性能でこの価格を実現したPLUSは良い仕事をしているのではないかなあと。多分、5万でも10万でも、必要に迫られた人は買ってしまう系統の機器なので。

しかし、良い時代になったものです。私が初めてスキャナを導入したときは、エントリークラスのフラットベッド本体が5万円くらい、それに加えてCバス(当時は98互換機だった!)用のインターフェースカードが1万円だか2万円だか。そして取り込み速度は激遅とくるわけですからね。

それが、毎分数十枚かつOCR処理のドキュメントスキャナがAcrobat付きで4万円以下、本をバラバラにするための裁断機込みで仕上がり65,000円くらい、つまり上記の初めてスキャナを導入した時と同程度のコストでこういった環境が手に入るようになっているわけです。

本をバラバラにすることに抵抗感がある人もいるようですが、私はそうでもないかな。要はコンテンツなんだから、本の形であろうが、データになってようが、同じじゃん。それだったら、本棚の奥に埋もれて二度と陽の目を浴びないという所有欲充足のみの存在であるよりは、場所をとらずに端末やネットさえあればどこにいようが閲覧可能、そして全文検索で必要なときに即座に読める、そういう状態の方がいいんじゃないかなあと。

これで、例えば、ハーバードビジネスレビューとか電子化できます。あれ、かさばるんですよね。かといって、捨てるのも惜しい。いざという時に、こけおどしになるようなTIPSが案外埋まってますからね〜。とにかく、必要な時に参照すればいいというレファレンス系の雑誌や書籍は電子化の効用大でしょう。

時間はかかるでしょうが、方向性としてはこれで本棚に必要なスペースはかなり圧縮されるわけだし、そのコンテンツの活用という意味では携帯あるいはネットブックといったモバイル系の活用に関しても、徐々に新たな展開が出てきそうな予感がしてきました。

大局的には、"スーツケース2つあれば生活に必要なものは収まる"という方へのベクトルにも沿ってますしね〜。

種々検討してきましたが、とりあえずはこれで検討については一仕事終了。後は作業がどうなっていくのか。現時点では、必要不可欠かつ良いディールができたのかなと。
posted by LHNMeaning at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

買ってみてわかること

やはり使ってみないとわからない面はあります。

【掃除機 SANYO SC-MR8J】
これは買ってみて世界が変わりました。やはり掃除機はこの程度の性能はあった方がいい。白物の三洋が、紙パックフラッグシップの性能を見せつけてくれます。この掃除機をサッとかけるだけで、部屋の清潔感が心理的なものも含め、格段に上がったような気がします。これは買って正解。

【アイロン 東芝 TA-CX2】
これはアイロンなんてどれでも同じと思い、安物買いの銭失いになったかも。アイロンにしては重量感が足りないから腕力でプレスしないといけないし、スチームオンオフのメカニカルな動作が心許ないです。一応、所定の動作はしているのですが、うーん、という感じ。これならあと3,000円くらい追加して、ティファールのスタンダード機にすれば良かったかも。アイロンも10年級は使う(というか、長持ちしてしまう)機器ですから...。

【プリンタ Canon iP2600】
プリンタなんて年賀状以外に使うことはなかろうとわかった上で買ったわけですが、意外にも、あればあったで意外と使います。普段は物置場所に積んでおいて、必要な時に持ってきて、電源と前面USBで接続してサッと印刷。やっぱ文書の推敲やチェックは画面上よりも印刷してやりたいもので、想定外に重宝しています。さっきもA4 7枚分の文書を出力したところです。印刷品質は、このクラスで十分です。でも、やっぱりとりあえず1台は持っておく価値はあるんだな〜と実感。



今さらですが、中島美嘉は良い曲がそれなりにあることに気付いてきました。初期作品なんでしょうが、「FIND THE WAY」「STARS」「WILL」など。バラード系が私の好みかな。
posted by LHNMeaning at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。